食品のカラクリと食べ物語

食品の安全・安心が総崩れし、成分不明な食材・商品ばかりです。
その酷さやマヤカシ、危険性・不健全さに迫ります!

食品のカラクリシリーズ/食品別リンク表紙 [健康食品]

2015年07月08日 | 健康食品|食品記事
Ntpkarakuri

食品のカラクリシリーズ 食品別リンク表紙  ■健康食品

Ind3256571

いつも食品のカラクリシリーズにお越し頂き、誠にありがとうございます。
「健康食品」の内容は、リンクインデックスからリンクされるか、このカテゴリ
をページダウンするとご覧になれます。

Nindex

Sindk121health_0079_2 ■健康食品

03 栄養補助食品で特定のアミノ酸だけを沢山摂っても意味がない
   ◇それで健康が保たれる訳ではなく規則正しい普通の食事が一番
02 タブレットやグミなどビタミンCの過剰摂取は腎臓結石の原因
   ◇ビタミンは栄養補給食品に頼らず正しく野菜や果物から摂ること
01 ドリンク剤の中身は1本19gも入っている砂糖
   ◇カフェインの覚醒効果と糖分の満腹感による一時的な元気

誠に勝手ながらコメントのやりとりは致しておりません

Gstopkarakuri2

栄養補助食品で特定のアミノ酸だけを沢山摂っても意味がない/食品のカラクリ・健康食品3

2014年04月18日 | 健康食品|食品記事
Ntpkarakuri

食品のカラクリシリーズ アミノ酸サプリメント/健康食品
栄養補助食品で特定のアミノ酸だけを沢山摂っても意味がない
それで健康が保たれる訳ではなく規則正しい普通の食事が一番

K1234181488 種々のサプリメント

■アミノ酸の過剰摂取は分解する肝臓や腎臓に負担を掛ける
TV/CMなどでは、「アミノ酸サプリメント」やアミノ酸飲料が人気です。美肌や筋力向上、疲労回復などの“アミノ酸効果”を謳った栄養補助食品をよく見掛けます。でも本当に、効果はあるのでしょうか?

国立健康栄養研究所は、市販の栄養補助食品には、どれくらい飲めば効果が出るかがきちんと書かれてなく、また個人差・体調によっても大きく異なると言います。多量に摂ればよいというものではありません。アミノ酸の過剰摂取は、分解する肝臓や腎臓に負担を掛けます。米国では、アミノ酸の一種のトリプトファン(後段参照)の過剰摂取によって死亡事件が起きています。根本的に、人間の身体や健康には特定のアミノ酸だけ沢山摂っても意味がないのです。アミノ酸を多く摂れば健康が保たれると思うのは、大きな間違いです。

食品にはいろいろな成分が含まれています。サプリメントに同じ成分が含まれていても、食品と中身が違います。アミノ酸サプリメントに限らずサプリメント全般に言えることは、特定成分だけ凝縮して入っているので、過剰摂取の恐れが高いのです。人間の身体は不思議なもので、健康を保つにはサプリメントやアミノ酸云々ではなく、バランスの取れた規則正しい普通の食事が何よりなのです。

■サプリメントより、必須アミノ酸のバランス良い食品を
アミノ酸とは何でしょうか?アミノ酸とは、タンパク質を構成する要素のことです。自然界には約500種あり、生物のタンパク質はそのうちの20種の組み合わせでできています。その20種のうち、体内で合成できないため食事から摂る必要があるものを「必須アミノ酸」と呼びます。皆様も、お聞きになったことがあると思います。

人間の場合、9種類が当たります。人間の必須アミノ酸は、ヒスチジン・イソロイシン・ロイシン・リジン・メチオニン・フェニルアラニン・トレオニン・トリプトファン・バリンです。鶏肉、豚肉、鮭などの魚、牛乳、チーズなどには、必須アミノ酸がバランス良く含まれています。本来のアミノ酸は栄養素だけでなく、ホルモンや酵素の成分として、免疫力促進・血清コレステロールや血液の低下、精神の安定化など、身体の調整機能を持っています。

しかしアミノ酸は、化学調味料始め、加工食品や至るところの飲食店でも使用され、ただでさえ過剰摂取の状況なのです。つまらぬTV/CMや通販の俳優の言葉を鵜呑みせず、それこそご自分の健康を心から考えるべきです。サプリメントに頼らず、自らの食生活を見直すことです。サプリメントにお金を出すより、必須アミノ酸が含まれる食事に気を遣いましょう。

Gstopkarakuri2

タブレットやグミなどビタミンCの過剰摂取は腎臓結石の原因/食品のカラクリ・健康食品2

2014年04月10日 | 健康食品|食品記事
Ntpkarakuri

食品のカラクリシリーズ タブレット・グミ/健康食品
タブレットやグミなどビタミンCの過剰摂取は腎臓結石の原因
ビタミンは栄養補給食品に頼らず正しく野菜や果物から摂ること

K122670694

■タブレットやグミを食べ続けると尿管結石や腎臓結石への道
「タブレットやグミ」は、1粒でビタミンCがO個分などのコピーを見受けます。タブレットやグミといっても、サプリメントや栄養補給食品と同様に食べ過ぎ(摂り過ぎ)の注意が必要です。ビタミンCは多くの効果や身体に良いものでも、過剰摂取は問題です。

人によっては、1日500mgの摂取を続けると腎臓結石ができます。ビタミンCの代謝でシュウ酸が作られ、これが腎臓結石の成分です。タブレットなどには、たった1粒でビタミンCが500mgも含むものがあります。これをお菓子感覚で何粒も食べ続けていると、尿管結石や腎臓結石への道へ進んでいきます。タブレットやグミはもちろんのこと、ビタミンC入りの清涼飲料水、サプリメントや栄養補給食品は、ビタミンCを過剰摂取する恐れがあります。

■食品に酸化防止剤として入れられるビタミンCは栄養価値がない
最近は、多くの食品にビタミンCの表示が眼に付きます。こちらは食べる人への健康を考えたものではなく、食品の酸化防止剤として使われているのです。従って、次に申し上げる点を十分ご理解下さい。それはビタミンCが食品の酸化防止をする代わりに、ビタミンC自体が酸化して減少しています。また酸化されたビタミンCには、もう栄養価値はないのです。

こんなにビタミンCが入っていると思って飲んでも、全く意味がありません。身体には、逆効果です。大多数の皆様が思っているように、適度にビタミンCを摂れるものは、何といっても野菜と果物です。ビタミンCは、野菜と果物など自然な食品から摂りましょう。

Gstopkarakuri2

ドリンク剤の中身は1本19gも入っている砂糖/食品のカラクリ・健康食品1

2014年03月13日 | 健康食品|食品記事
Ntpkarakuri

食品のカラクリシリーズ ドリンク剤/健康食品
ドリンク剤の中身は1本19gも入っている砂糖
カフェインの覚醒効果と糖分の満腹感による一時的な元気

K121health_0079

■一時的に興奮させて“元気”になったと思わせているだけ
早い話が「ドリンク剤」は、濃い砂糖水を飲んでいるようなものです。糖分表示がされていないので、知らずにこんなものを飲んでいるのです。毎回“元気過ぎる?”ほどのCMなので、いかにも効き目がありそうに見えます。しかしカフェインやアルコールによる覚醒効果や糖分による即効性の満腹感のために、効いたように思えるのです。いや、それ以上に数十年間のCMで“洗脳?”された思い込みによる心理的効果が大きいのではないでしょうか。

覚醒効果はあってもごく一時的なもので、それによって身体が健康になったり丈夫になったりするものではありません。無理やり、身体に刺激を与えて興奮させ、眠気や疲れをごまかしているに過ぎないのです。カフェインは、心臓疾患や高血圧、妊娠・授乳中の人は注意が必要です。

また生薬の抽出に使用する、表示義務がない0.1ml以下のアルコール分が含まれています。以前、知らずに一遍に5本以上飲んだドライバーが、運転中(飲酒運転と同様状態)に睡眠状態になり交通事故を起こしたケースがありました。
ドリンク剤は、想像以上に高カロリーなのです。概ね1本・100mlに糖分が15g以上も含まれています。「リポ…D」1本の砂糖は18~19g、「アリ…V」のデータは入手できていませんが、同傾向と考えられます。健康ブームで、コーヒーに砂糖を入れる量も減って普通は数gです。ドリンク剤は、コーヒーに19g以上も砂糖を入れたことと同じです。これは、3gのスティックシュガー6本分です。

■ドリンク剤に頼り切ると糖分過多で“糖尿病予備軍”へ
早く元気になりたいと思い1日に数本も飲めば、それこそ糖分の摂り過ぎです。ドリンク剤に頼り切って常習すれば、疲労回復どころか糖尿病の“予備軍”になってしまいます。そして効果も一時的なものに終わります。

ドリンク剤は、価格が高いと効き目が強いと思いがちです。中には数千円以上するものもあり、確かにタウリンやローヤルゼリー・生薬が多く配合されています。しかしいくら有効成分が多く入っていても、人間の身体は一定量しか摂れませんので、あとはただ無駄に捨てるだけなのです。数千円もかけて飲む価値があるものか?心理的効果(気休め)だけです。

絶対に与えてはいけないのが「小児用ドリンク剤」です。効能は、発育期の偏食児・食欲不振・栄養障害・虚弱体質などです。しかし安息香塩酸やパラベンなどの保存料の添加物が、アレルギーを引き起こす危険性があります。こんなドリンク剤を飲んで子供が元気になる訳がなく、大事な発育期に却って発育障害になったり、虚弱体質を助長します。

残念ながら、結構売れていることが大きな問題です。子供に飲ませるなら、果物・野菜ジュースのほうがずっと良いのです。大人も高い値段でこんなものを飲むより、緑茶を飲みましょう。緑茶のカフェインは覚醒作用、カテキンには胃腸の働きを助ける効果があります。

Sankoua 糖分が過多な清涼飲料のガブ飲みが若者糖尿病の元凶

Gstopkarakuri2