食品のカラクリと暮らしの裏側

食品の安全・安心が総崩れ、また政治・社会の矛盾や理不尽さも増大
暮らしの裏側の酷さやまやかし、危険性・不健全さに迫る!

▽[林修先生のことば検定]ことばの片隅ループシリーズ/リンク表紙

2022年04月28日 | 林修先生のことば検定
Kotobaa2tp350

ことばの片隅ループシリーズ リンク表紙  ■林修先生のことば検定
林修先生などのTV番組や書籍での本来の言葉の意味、正し
い言葉への指摘、歴史経過も知ることができる言葉定期便!


W111221418

いつも、ことばの片隅ループシリーズにお越し頂き、誠にありがとうございます。
「林修先生のことば検定」の内容は、リンクインデックスから記事にリンクされる
か、このカテゴリをページダウンするとご覧になれます。

Nindex

Uindemamf0096fl ■林修先生のことば検定

あ◆行
「当たり前」◆元々一人の取り分を当たり前と言った・当たり前の給料を払わない非正規雇用は異常
「居候(いそうろう)」◆江戸時代の頃の住民登録で同居人を表す肩書名称だった
か◆行
「公示・告示」 ◆天皇の国事行為の衆院・参院選挙は公示、関わらない地方選挙は告示
さ◆行

た◆行
「他山の石」◆他人の誤った言動でも自分の才能や人格を磨く反省の材料とする
「天高く馬肥ゆる秋」 ◆紀元前の中国では不吉な訪れ・警戒を表す言葉だった
な◆行

は◆行
「引っ越す」◆「引く」は当て字で引くそのものに意味はなく単なる強調する言葉
ま◆行

や◆行

ら◆行
「留守」 ◆漢字では“留まって守る”なのにどうして家にいないことを指すの??
わ◆行

誠に勝手ながらコメントのやりとりは致しておりません

TOPページへ

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「居候(いそうろう)」◆江戸時代の頃の住民登録で同居人を表す肩書名称だった/ことばの片隅ループ

2022年04月27日 | 林修先生のことば検定
Kotobaa1tp250
ことばの片隅ループシリーズ/林修先生のことば検定
「居候(いそうろう)」◆江戸時代の頃の住民登録で同居人を表す肩書名称だった

Uindemamf0096fl

林修先生のTV番組によると、居候は同居人のことで江戸時代に使われ始めた。本来の意味を知るには、「居」と「候」を分ける。「居」は居(い)ること、「候」(そうろう)は時代劇などで使われる丁寧語の「ございます」「居(お)ります」の意。居候という名称は、江戸から明治の近世に住民登録のような公文書に記す際、同居人の肩書に用いたことに始まる。

例えば林修氏が森さん宅に同居すると、表記は「森方居候修」(もり・かた・いそうろう・おさむ)となる。その後、郵便の宛先・差出人にも使われるようになった。なお候は鎌倉時代に話し言葉で使われ始め、江戸時代には公的な文書の肩書で使われるようになった。

投稿者/元々は、「厄介者」の意味はなかったように思える。しかしその後の使い方は、食客、無為な厄介者の意味合いが強くなったようだ。
『居候 三杯目には そっと出し』 人の家に世話になっている者は、食事のときも遠慮しがちになるということ。
『居候 角(かく)な座敷を 丸く掃き』 居候のすることのいいかげんなさまのたとえ。

広辞苑◆第七版
他人の家に寄食すること。また、その人。食客。

TOPページへ

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「引っ越す」◆「引く」は当て字で引くそのものに意味はなく単なる強調する言葉/ことばの片隅ループ

2022年04月13日 | 林修先生のことば検定
Kotobaa1tp250
ことばの片隅ループシリーズ/林修先生のことば検定
「引っ越す」◆「引く」は当て字で引くそのものに意味はなく単なる強調する言葉

Uindemamf0096fl

林修先生のTV番組によると、引っ越すの「引っ」は当て字で、引くそのものに意味はない。「越す」だけでも、十分に通ずる。「ひっ」は、動詞の上(前)に付けて強調や勢いを強めること言葉。「ひっぱたく・ひっとらえる・ひっくるめる」など。

「引っ越し蕎麦」は引っ越し先で食べる風習?それとも近隣に配る風習?
リサーチ会社マクロミル2016年の調査によると、「引っ越し蕎麦」の意味を「引っ越し先で食べる」が49%、
「近隣に配る」が27%でした。引っ越しをする家の人が食べるものだと思っている人が多いようだが、本来は、近づきのしるしに近隣に配ることを指す。「お側に参りました」の意味も含む。江戸中期の町人文化が始まりとされる。

投稿者/昨今の引っ越しは人手不足で、3~4月は大混乱が起きている。以前、投稿者の自宅の前の家に引っ越してきた。作業が始まったのは、何と午後10時。普通なら縁起や近所への配慮で、午前から午後に掛けて作業が行われる。高齢者が多い下町の住宅街なので、そろそろ寝る時間・寝てる時間。あまりにも非常識さへの憤りと騒音で今夜は寝られないと諦めたが、ほとんど音はしなかった。業者は平常時間では需要がさばき切れず、当然、無言・無音と近隣に配慮した対策済み。昔なら、深夜の引っ越しとは「夜逃げ」を指す(笑)。時代は変わったと感じた(苦)。

広辞苑◆第七版
引越し 引っ越すこと。転居、転宅。
引越し蕎麦 (おそばにまいりましたの意にかけて言う)転居した際、その近隣に近づきのしるしに配る蕎麦。

TOPページへ

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「当たり前」◆元々一人の取り分を当たり前と言った・当たり前の給料を払わない非正規雇用は異常/ことばの片隅ループ

2021年12月27日 | 林修先生のことば検定
Kotobaa1tp250
ことばの片隅ループシリーズ/林修先生のことば検定
「当たり前」◆元々一人の取り分を当たり前と言った・当たり前の給料を払わない非正規雇用は異常

Uindemamf0096fl

当たり前と言えば、ご年配の方は昔のCM「あたり前田のクラッカー」の記憶があると思います。昭和30年代後半に、藤田まことのTV番組「てなもんや三度笠」が大ヒット。前田製菓が提供しオープニングに、氏が演じる「あんかけ時次郎」が、「俺がこんなに強いのも、あたり前田のクラッカー」の決め台詞が忘れられません。その後も、必殺仕事人、はぐれ刑事純情派、シリアスなドラマに多数出演されました。これも、「あたり前田のクラッカー」の効果でしょうか。

さて本題に入り、日常で分配される分を「分け前」、取り分を「取り前」と言います。「当たり前」の語源は、漁や狩りなどの共同作業で行った場合、古くは一人当たりの取り分のことを「当たり前」と言いました。その後、作業に携わった者がそれを受け取るのは当然の権利であることから、「当然」の意味を持つようになったと言われます。

20世紀までは、8時間を普通に働けば、当然、「当たり前の給料」を貰うことができ、当たり前の労使間のシステムでした。しかし小泉首相=竹中平蔵路線を一部の軽率な国民の支持によって、人材派遣と非正規雇用制度を猛烈に推進しました。結果、非正規雇用者が4割を占め、まともに働いても「当たり前の給料(取り分)」を貰えない事態になってしまったのです。「自民党をぶっこわず」どころか 自民党は“ぶっこわれず”に、「日本の雇用体形」と「給料体形」が“ぶっこわされて”しまったのです。

当たり前の給料、当たり前の暮らし、当たり前の人間関係、当たり前の老後~と、いくらでも並べられますが、もうこの世の中は「当たり前」が無くなってしまったのでしょうね。特に非正規労働者の給料は異常で、人権問題の域に達します。彼等の給料、パート・アルバイトの賃金、正規労働者の給料を上げない限り、景気回復はあり得ません。暮らしにくい世の中です。ぼやいても仕方ないので藤田さんの真似をして、久しぶりに「前田のクラッカー」でも食べて元気を出しますかね。

広辞苑◆第七版  *時代とともに番号順に言葉の意味が変化していく
①そうあるべきこと。当然。「そんなことは―だ」
②ごく普通である様。「―の服装」

TOPページへ

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「天高く馬肥ゆる秋」 ◆紀元前の中国では不吉な訪れ・警戒を表す言葉だった/ことばの片隅ループ

2021年11月05日 | 林修先生のことば検定
Kotobaa1tp250
ことばの片隅ループシリーズ/林修先生のことば検定
「天高く馬肥ゆる秋」◆紀元前の中国では不吉な訪れ・警戒を表す言葉だった

Uindemamf0096fl

日本では「天高く馬肥ゆる秋」(てんたかくうまこゆるあき)は、下記の広辞苑通り清々しい秋を指す言葉だ。
若い方は音(おん)から「天高く馬越える秋」と思い込み、「天馬」のイメージでいる人もいる。
しかし元々は中国の詩で、不吉・警戒を表す言葉だった。

前漢時代(紀元前200年頃)のことを書いた詩の一節「雲浄くして妖星落ち 秋高くして塞馬肥ゆ」に基づいている。
前漢の北方では騎馬民族「匈奴(きょうど)」が大きな勢力を誇り、秋になると収穫物を略奪しにやってきた。

春から夏にかけて草を食べ、たくましく育った馬に乗って匈奴が侵入してくることから、
「秋になると匈奴の馬が強く育ち、その馬で攻めてくるから気をつけろ」という警戒の言葉。
詩の「妖星(ようせい)」とは不吉な出来事の前兆、「塞馬(さいば)」は北方の馬、匈奴の馬。

広辞苑◆第七版
秋は空が澄み渡って高く晴れ、馬は肥えてたくましくなるという意で、秋の好時節をいう。

▽新明解故事ことわざ辞典
昔、中国では北方の騎馬民族の匈奴が、収穫の秋になると大挙して略奪にやってきたので、
今年もその季節がやってきたという警戒の言葉。
匈奴が滅びて後は、今のような意味に用いられるようになったと言われる。

TOPページへ

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「公示・告示」◆天皇の国事行為の衆院・参院選挙は公示、関わらない地方選挙は告示/ことばの片隅ループ

2021年10月21日 | 林修先生のことば検定
Kotobaa1tp250
ことばの片隅ループシリーズ/林修先生のことば検定
「公示・告示」◆天皇の国事行為の衆院・参院選挙は公示、関わらない地方選挙は告示

Uindemamf0096fl

公示も告示も選挙の実施を告知するという意味では同じだが、選挙の種類によって使い分けられている。
「公示」と呼ぶのは解散や任期満了に伴う衆院選と、3年ごとに半数が改選される参院選のみ。
国政選挙でも、欠員が出た時に行う補欠選挙などは「告示」。都道府県や市区町村の地方選も「告示」と呼ぶ。

どうして呼び方が違うのかは、天皇が関わるかどうかの違い。
憲法7条では、天皇が内閣の助言と承認により行う国事行為の一つとして、「国会議員の総選挙の施行を公示すること」が
定められている。一般的に総選挙というと衆院選を指すが、この場合は参院選を含む全国規模の国政選挙を意味する。

広辞苑◆第七版
「公示」 公の機関が広く一般に示すこと。「総選挙の―」
「告示」 国家・地方公共団体などが広く一般に向けて行う通知。また、その一形式。「投票日を―する」「内閣―」

TOPページへ

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「留守」 ◆漢字では“留まって守る”なのにどうして家にいないことを指すの?/ことばの片隅ループ

2021年07月12日 | 林修先生のことば検定
Kotobaa1tp250
ことばの片隅ループシリーズ/林修先生のことば検定
「留守」◆ 漢字では“留まって守る”なのにどうして家にいないことを指すの?

Uindemamf0096fl

「留守」は家にいることなのか? いないことなのか?
漢字通り読めば、家にいることになる。

古くは家人(主人)が外出中、目下の者などが残って家を守る言葉だった。
中国語で、天子がいない間、都に留まり政務をみる役目を指した。
「我はこれ王城の留守なり」(今昔物語)などにも使われている。

「不在」の意味で使われるようになったのは、鎌倉時代以降。
江戸時代には、“不注意”の意の「頭がお留守」の表現も使われた。

一方で、現在でも「留守を頼む」 「留守を預かる」といった言い方のように、
元々の使い方も残っている。

広辞苑◆第七版  *時代とともに番号順に言葉の意味が変化していく
①主人や家人の外出中、居残って家を守ること。また、その人。
②外出して家にいないこと。不在。
③他に気を奪われて不注意になること。

TOPページへ

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「他山の石」◆他人の誤った言動でも自分の才能や人格を磨く反省の材料とする/ことばの片隅ループ

2021年06月10日 | 林修先生のことば検定
Kotobaa1tp250
ことばの片隅ループシリーズ/林修先生のことば検定
「他山の石」◆他人の誤った言動でも自分の才能や人格を磨く反省の材料とする

Uindemamf0096fl

選挙買収に自民党から1.5億円が投じられた河井克行元大臣の買収事件や裁判
このことに、二階自民党幹事長は「他山の石」と発言した
自民党として責任からの逃げ(責任回避)、本来の意味からかけ離れた誤用
いやいや高齢によるボケでは?などの批判が集まる

野党からは、他山の石ではなく自山の石でしょ!の声
自民党内からも、他人事・問題発言との声が
いずれにしても、無責任な発言には違いない
本来の意味は次の通り

新明解故事ことわざ辞典
よその山から出た粗悪な石でも、宝石を磨くのに使えるということ~
他人の誤った言動でも、自分の才能や人格を磨く反省の材料とすることができるという例え

間違った使い方
・目上の人の言動を「他山の石」と言う、自分の手本にするという使い方は誤り
・自分とは関係ないという意味で使うのも誤り

*投稿者追記/上司の前でよいしょしたつもりで言ったら、あなたは左遷されます(笑)
二階氏は正しい使い方・誤った使い方にしても、意味不明

TOPページへ

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする