エメラルドの瑕疵

旧 『楽母の人見知り日記』です。 最近、ご朱印集めがマイブーム


獣道一直線!!!

2020-11-24 07:54:24 | おでかけ
ずいぶん前からこの公演があることはお知らせで届いていたんですが、今年、こんな現状だから果たして予定通りに行われるのか中止になるのか、と危惧していた舞台です。

生瀬勝久・池田成志・古田新太の三人が、自分たちが本当にやりたいお芝居をする、というんで立ち上げた演劇ユニットが《ねずみの三銃士》
幸いにも、このお三方のお芝居は他の舞台でそれぞれ観ていますが、一人でも十分すぎるほど面白い芸達者な人たちが三人揃うんですから面白くないわけがない。

しかも、クドカン作(宮藤さんは役者としても出演中)で河原雅彦演出。

下敷きになったのは、木嶋佳苗という人だったかな。 彼女の周りで6人の男性が連続不審死した事件。
婚活サイトで知り合った高齢の男性が次々と亡くなっています。
その後にも、このお芝居とは関係ないけれど、フィリピンで実際には60歳を越えているのに38歳と偽って現地の男性をだましていた詐欺師。
彼女らの姿をニュース等で見た時、なんで?? って思わなかったでしょうか。

絶世の美女というならともかく、割とどこにでもいそうな普通のおばちゃん的な容姿。
それなのに、ころっと騙されてお金をだまし取られただけではなく多額の保険金をかけられて殺される、とか。
なんか不思議だったの。

このお芝居もそういう、なんでこんな人に??っていう疑問ありきで進められていくわけ。
そこに現在のコロナ禍や高齢者ドライバーの問題、あおり運転、といったものを散りばめながらばかばかしく?展開していくのよね。

池谷のぶえさんと、山本美月さんも出ていたけれど、池谷さんはさすが(笑) 振り切った演技をしています。
山本美月ちゃんはまだ少し照れを感じた、、というか、周りが芸達者なベテランばっかりだもんね。 しかたないよね。
どこかに新婚の旦那様が来てないかって会場を見まわしました(笑)

ロームシアターはサイド席に人を入れていませんでした。
舞台に対して真正面になる席だけ埋まってました。

最後に生瀬さんが挨拶されました。 やっぱりこの時期だしお客さんの入りもとても気がかりだったけれど、満員になってよかったって。
で、今まで東京を皮切りに松本も回ってきたけれど、京都のお客さんは最高だって。
舞台は観客ともども作り上げていく空間だからって。 まぁ他の所でもこの地が最高ですって言うだろうけれど(笑)

いつの日か、全く何の不安も無しに観劇できる日が来たら、このユニットのお芝居をまた観たいと思いました。

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 悪魔と呼ばれた男 | トップ | 香姫 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ゆっきー)
2020-11-24 14:39:07
いつの日になるんだろうね、今までのように大入り満員で見ることができる日は。
その時は絶対に私も見に行きたいです。
こんにちは (楽母)
2020-11-24 15:13:16
ゆっきーさん
このキャストで劇場を満杯に入れないのは申し訳ない気分。 生瀬さん、前に観た舞台がシェイクスピア劇だったので、眠かったけど(笑)昨日は面白くて眠気は来ませんでした。 最後の挨拶の時の声もめっちゃ良くて(笑)
帰りは規制退場だったのでどわ~っと混みあうこともなくて良かったです。 また、いつものメンバーでお芝居観ましょうね。
Unknown (ポンチ姫)
2020-11-24 22:12:49
なんか、良い。でも、怖い、いつか笑ってみんなで行きたい、その時は、よろしく
おはようございます (楽母)
2020-11-25 06:35:33
ポンチちゃん
舞台の幕が開いてしまえばそっちに集中するので怖さを忘れるんだけど、休憩時間で現実に戻るとやっぱり怖いです。 マスクもきちんとつけている人と鼻を出している人なんかもいて、ちゃんとしろよ!って、気になりました。 一緒に楽しめる日が早く来ますように。

コメントを投稿