創価学会の没落

悲鳴をあげる学会員

側近幹部の離反続く

2012-06-12 15:38:29 | 学会の動向

この一年で学会本部には、池田さんの相変わらずの“元気偽装”が続く中、側近幹部が離反する動きが表面化している。

まずは、古い会員にはショッキングな池田さんの懐刀・中西治雄氏の日蓮正宗復帰。続いて、公明党の下野に伴ない、再登板の動きを見せていた秋谷元会長の突如、宗門復帰の噂から行方不明に。少なくとも学会活動の形跡なし。

「白バラ通信 パンドラの箱」(香川大教授のサイト)で浮き出た、池田本のゴーストライター・野崎至亮副会長の離反。

野崎氏は昭和50年代の月刊ペン裁判で原島嵩元教学部長の証言によると、自分も池田氏に嫌悪感を持っており、原島氏に続く旨の言葉を言っていたとされる人物である。そして、60歳にしてガンで亡くなった野崎勲副会長の兄である。

香川大教授VS学会本部の法廷闘争の中、教授のサイトに奇しくもこんな模様があぶり出された。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
さらに、山本氏は、私の妻が「和田氏や野崎至亮氏(元創価学会副教学部長、以下野崎氏と記述)氏などの4人によって、夫の信心がおかしくなった。」と言っていると告げました。妻は、「この4人のせいで、夫と息子の信心がおかしくなり、夫は、創価学会は悪の巣窟であり、池田名誉会長はカルトの頭目であると述べるようになった。」と述べていると、山本氏は発言しました。
(中略)
ところが、野崎氏との出会いで、池田会長の発言は誤魔化しであったということが分かりました。野崎氏によれば、池田氏は、相手が自分では答えられない質問をしようとしていると感じると、先手を打って、「自分で解決しろ。」という言葉を連発するとのことでした。この言葉で、相手を誤魔化すのだと言われました。
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

と、つまり現役の山本副会長、高倉教授(学会員)の両氏から野崎氏は離反の動きを示していることが明らかとなったのである。

学会本部からは他にも消えた側近幹部がいるが、末端会員はベールの中のことでありまったく事情が分からない。さらに、いつの間にか亡くなっていたという幹部たちも続々。なぜ、お世話になった会員に訃報を伝達しないのでしょうか?

池田さんの手足となって指導に回るのが側近幹部の仕事であるが、その幹部らが永続的に離反していくのが学会の現状だ。

会員はその側近幹部の指導を信じて活動しているのであるが、これではその根拠が崩壊しているのに等しい。

なんと馬鹿馬鹿しい組織でしょうか。

なお、最近、池田氏が学会研修所や学園で、激励に歩いているそうですが、目撃した会員は詳細をご一報ください。
※訂正 
「歩いている」 のではなく車に乗っての誤り。歩行は不可能かと思われます。(笑)

ジャンル:
文化
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 52年路線の池田発言 | トップ | 日中国交正常化に至るまで »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (元副区長)
2012-06-13 21:30:25
ブログ関心深く拝見しました

秋谷さんは本当にですかね?
ありがとうございました。 (希望)
2012-06-14 22:41:47
 私のブログ「白バラ通信パンドラの箱」の記事をご紹介下さり、誠にありがとうございました。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
実態はどうなんでしょうね (kan)
2012-06-18 23:01:55
側近幹部や本部職員の離反
我々には、ちょっと考えられない状況です。

宗教法人という巨大法人組織に勤務してる職員は、年収も世間とは桁違いにいいし・不況に関係なく将来まで安泰です。
そして民間会社のような仕事の厳しさなど全くなく、幹部づらして会合で偉そうに言ってたらいいだけの知恵遅れのバカでも出来る仕事です。
携帯CMに登場する白い犬でも、それくらいはできるでしょうね。

波風立てず、会員を騙して池田崇拝さえしてれば、裕福な生活が続けられる。
もう、経済的には左うちわ・楽勝人生です。
でも、離反する人が多い・・らしい。
我々は一部のネットでしか、情報を得ることは出来ません。
なので聞いてるのは多分、ごく一部の情報だと思います。

ということは、実態は我々が知らないだけで・もっと多くの人たちが離反してるのでは?
そう考えるのが自然です。

では何故、そうなのか?
何故、安泰の世界から離反するのか?

拙き想像ですが、一つには腐った汚物の世界にはいたくないし、「人間でありたい」という気持ち。
もう一つには派閥による内部抗争の軋轢。
絶対的カリスマ(正しくは絶対的汚物)の池田氏は、もう亡くなってるか・或いはそれに近い状態でしょうし、権力闘争が起きるのは当然のこと。
狂った「欲」の巣窟が創価学会本部ですから当然のことです。

もう一つは、お金も溜まったから。
40代の職員の平均年収は1000万円以上ですし、まして副会長となれば数千万円です。
ぜ~~んぶ、会員さんからむしり取ったお金ですけどね^^;。

それだけの年収があれば、プチ贅沢な暮らしをしてても十分に貯金が出来ます。
億単位の貯金も短期間で出来ます。
もう、老後のお金も出来たし・糞を賛嘆する仕事から離れてもいいだろう。。。
という気持ちで、で・もちろん創価の汚辱は口外しないという約束で「カルト屋敷」からさようなら。
そういう理由もあると思います。

みなさん、沈む船にはいつまでもいたくない。
創価の腐った汚辱が暴露される中で、いつまでも職員なんてやってられない。
そういう気持ちなのでしょうね。

組織自体は、私としては残念ですが・・・・実際強固で財産と権力もあるし・当分は大丈夫だと思うのですが、風評といいますか、暴露と反創価の声が高まってるので無難なうちに見切りをつようとしてると思います。

コメントを投稿

学会の動向」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事