酒と料理と競馬と競艇

日々の出来事 B級グルメ B級ニュース などなどに !!!!!! スポットを当てる。 

品川宿 北の玄関 昭和の香る 蕎麦 鴨せいろ蕎麦  『榮亀庵』      № 224

2019-04-04 09:36:24 | 蕎麦鑑定士 の おじゃま蕎麦

2019/04/03 水曜日/  am 11:50     食

...桜が散らない!! パッと咲き...パッと散る、散り際に...未練などなく、散る桜。
桜が...寒い気温のため、残ったノコッタである。去年は確か、4月の入学式までは、もたないだろうと?? 記憶が蘇ってきた。 2週間も経ち....葉桜にもならず...あまりいいものではない!!  

...そんな桜を見ながら、二日続けて蕎麦屋に!! 究極、絶品の逸品....鴨せいろ蕎麦を堪能した。
真冬は...去ってしまったが!! 脂ノリノリ 鴨の...独特の脂の香り  昼間から、案件でなければ...ぬる燗酒を頼みたい!!
....一昨日は!! かれー南蛮蕎麦....昨日は暖簾を揺らす前から...決めていた。 着座と同時に...。"親父....鴨せいろ...おくれ"
 鴨せいろに...わさびは、知らなかった!!

鴨...脂ノリノリの...出し汁だけで...お銚子が1本いける。   呑みたい...我慢である。


鴨出汁汁で....夢に出てきそうである。 この独特の香り!!
 


900円の...大人の蕎麦タイムは...無事にフィニィッシュだった。
和...発表の三日目...鴨せいろ....至福過ぎであった。

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 大阪で生まれた女 ・・・・・... | トップ | 昭和ナポリタン or 令和ナポリタン ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

蕎麦鑑定士 の おじゃま蕎麦」カテゴリの最新記事