酒と料理と競馬と競艇

日々の出来事 B級グルメ B級ニュース などなどに !!!!!! スポットを当てる。 

長いお別れ Long Goodbye ・・・・・!!!    № 7,197

2019-06-15 07:33:15 | 日々の出来事 その1

6/15   土曜日/大安   ....梅雨に..ドンピシャ!! 情緒のある...雨  江戸東京 梅雨空...の下から発信です。

雨好きには...たまらない雨である。 傘もささずに...レインハット・雨靴・レインコート...新緑が目に染みる..土曜日の早朝。...体感的には!! 外は...寒いなぁぁぁぁ.... 

映画...大好き!! 邦画も...大好きぃぃぃぃである。一度ルック...久しぶりに2度ルック...あの会見があったから ...役に入るストイックな蒼井優と山崎努のあの演技を...圧巻の演技...やはり...蒼井優の目線・視線の演技は...人の心を洞察する演技に...再確認の👏拍手であった。
 少しずつ記憶を失くして、っくりゆっくり遠ざかっていく―その様子からアメリカでは「Long Goodbye(長いお別れ)」とも表現される認知症。

画の...ヒューマンや家族のの映画は...外国映画を超えている。スペクタル・SF....は、海の向こうにはかなわない...言い切る。 考えさせられた...  ムービーであった。
 

父の70歳の誕生日。久しぶりに帰省した娘たちは、厳格な父が認知症になったと母から告げられます。それぞれの人生の岐路に立たされている姉妹は、思いもよらない出来事の連続に驚きながらも、変わらない父の愛情に気付き、前へと進んでいきます。ゆっくりと記憶を失っていく父との7年間の末に、家族が選んだ新しい未来とは―。

■すごい俳優さんと実感 父親と過ごした記録を小説で残したという 原作者の中島京子さん

映画の撮影現場を一度訪ねた。認知症が進んだ父(山崎努)と、仕事も恋愛も行き詰まって落ち込む次女(蒼井優)が縁側で語り合うシーン。2人の会話はまったくかみ合わないが、心は通じ合っていると感じさせる重要な場面。 吾輩は....フェイスタオルを...濡らした。  
                      
余韻を...残し!! 帳前の一献!! スクリーンはいいなぁぁぁ!!   
80歳過ぎの...バァ~さんが...営んでいる店 大衆食堂/河内屋 pm 16:40 暖簾はpm 17:00なので...フライングであった。 帳前の...至福。ロハ・チャームは...奴!!    梅ハイ...。塩辛チョーだい。200円。
 

焼肉...作ってチョーだい! 400円    お浸しも...来ました。
  

対岸の...火事とは!! 何時かは...確率は癌より高いと聞く。 己もかぁぁぁ!!  心して...生きていく。

日本ではかつては痴呆(ちほう)と呼ばれていた概念であるが、2004年厚生労働省の用語検討会によって「認知症」への言い換えを求める報告がまとめられ、まず行政分野および高齢者介護分野において「痴呆」の語が廃止され「認知症」に置き換えられた。


コメント   この記事についてブログを書く
« 角だせ 槍だせ 目玉だせ ・・... | トップ | 浪花節だョ!! 人生は ・・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々の出来事 その1」カテゴリの最新記事