ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ニワナズナ(アリッサム)

2019年01月07日 | 草木:草本

 今住んでいるアパートの1階にはちょっとした庭がある。ブーゲンビリア、ゴクラクチョウカ、ヤブランなどが植えられているが、面積の過半は雑草に占められている。どんな雑草だったかもうあまり覚えていないが、ヤブカラシ、ジュズサンゴなどがあった。
 ブーゲンビリアをバッサリ剪定し、広がっていたゴクラクチョウカをゴッソリ引き抜いて、その占めていた面積を四分の一ほどにし、蔓延っていたヤブランの全てを引っこ抜いて、数株だけを別の場所に移し、雑草のほとんどを引き抜いた。
 そうして去年10月、アパートの庭には空間が多くできた。そこに数種の花の種を播き苗を植え、野菜の種を播き苗を植えた。苗はクミスクチン、ローゼル、インゲン2株。クミスクチンとインゲンは元気に育ち花を多くつけ、インゲン2株からはもう既に8本ほど収穫している。種はソラマメの他、花の苗を4種ほど植えたが、野菜のソラマメは育っているが、花4種の内咲いたのはアリッサムだけ。4種とも秋播き春咲きであったが、他の3種はその通りの予定なのかもしれない。アリッサムだけは気温に敏感で、例年に無く暖かかった去年の沖縄の秋、「おっ、温いじゃねーか」と咲いたのかもしれない。

 アリッサムは種袋にそう名前が書かれてあったのでそういう名前だと知ったが、文献を調べると「ニワナズナ」という可愛い和名があることを知った。
 
 ニワナズナ(庭薺):花壇・鉢花
 庭薺 アブラナ科の一年草 方言名:不詳
 名前の由来は資料が無く詳しくは不明。ナズナの漢字表記の薺は広辞苑による。ナズナは同じアブラナ科の一年草で「高さは10~40センチほどになる。根生葉の中央から茎を伸ばし、その上部に花をつけ、花後は莢が段々につく。花は白色、沖縄での開花期は3~4月。春の七種(七草とも書く)の一つで若芽を食用とする。」のこと。
 本種はナズナの仲間だが、野原に生え雑草扱いされるナズナより上質(と誰が思ったか知らないが?)ということでニワ(庭)と付いたのだと思われる。
 開花期、本土では秋に種を播いて春3~6月開花、春に種を播いて秋9~10月に開花とのことだが、沖縄では、少なくとも私の経験では10月中旬に播いて11月下旬に開花した。種袋には3~4月に播いて5~6月開花、10月に撒いて3~5月に開花とある。今年の沖縄の秋は暖かかったので、春と勘違いして播いてすぐ咲いたのかもしれない。
 別名スイートアリッサム・・・というか、文献ではスイートアリッサムが代表名となっていて、別名としてアリッサム、ニワナズナとなっている。
 
 別種

 記:島乃ガジ丸 2019.1.11 →沖縄の草木目次

 参考文献
 『新緑化樹木のしおり』(社)沖縄県造園建設業協会編著、同協会発行
 『沖縄の都市緑化植物図鑑』(財)海洋博覧会記念公園管理財団編集、同財団発行
 『沖縄園芸百科』株式会社新報出版企画・編集・発行
 『沖縄植物野外活用図鑑』池原直樹著、新星図書出版発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄園芸植物大図鑑』白井祥平著、沖縄教育出版(株)発行
 『親子で見る身近な植物図鑑』いじゅの会著、(株)沖縄出版発行
 『野外ハンドブック樹木』富成忠夫著、株式会社山と渓谷社発行
 『植物和名の語源』深津正著、(株)八坂書房発行
 『寺崎日本植物図譜』奥山春季編、(株)平凡社発行
 『琉球弧野山の花』片野田逸郎著、(株)南方新社発行
 『原色観葉植物写真集』(社)日本インドア・ガーデン協会編、誠文堂新光社発行
 『名前といわれ野の草花図鑑』杉村昇著、偕成社発行
 『亜熱帯沖縄の花』アクアコーラル企画編集部編集、屋比久壮実発行
 『沖縄四季の花木』沖縄生物教育研究会著、沖縄タイムス社発行
 『沖縄の野山を楽しむ植物の本』屋比久壮実著、発行
 『海岸植物の本』アクアコーラル企画発行
 『花の園芸大百科』株式会社主婦と生活社発行
 『新しい植木事典』三上常夫・若林芳樹共著 成美堂出版発行
 『花合わせ実用図鑑』株式会社六耀社発行
 『日本の帰化植物』株式会社平凡社発行
 『花と木の名前1200がよくわかる図鑑』株式会社主婦と生活社発行
 『熱帯植物散策』小林英治著、東京書籍発行
 『花卉園芸大百科』社団法人農山漁村文化協会発行
 『ニッポンの野菜』丹野清志著、株式会社玄光社発行
 『藤田智の野菜づくり大全』藤田智監修、NHK出版編
 『やんばる樹木観察図鑑』與那原正勝著、ぱる3企画発行
 『熱帯の果実』小島裕著、新星図書出版発行
 『熱帯花木と観葉植物図鑑』(社)日本インドアグリーン協会編、株式会社誠久堂発行
 『ハーブを楽しむ本』川口昌栄編集、株式会社集英社発行
 『沖縄やんばるフィールド図鑑』 湊和雄著 実業之日本社発行
 『つる植物』沖縄都市環境研究会著 (有)沖縄出版発行
 『熱帯アジアの花』ウィリアム・ウォーレン著、チャールズ・イー・タトル出版発行
 『講談社園芸大百科事典』野間省一編集、講談社発行
 『沖縄の薬草百科』多和田真淳・大田文子著、那覇出版社発行
 『ネイチャーガイド琉球の樹木』大川智史、林将之著、株式会社文一総合出版 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ドゥーチュイムニー190106 | トップ | オリーブ塩漬け »