ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

甘ちゃんのうつ

2018年06月11日 | 通信-科学・空想

 前回の通信『心の栄養』で「老人性うつ」について語ったが、「俺は老人性うつというものなんだ」と判断し、その後「敵を知り己を知れば・・・」ということでうつ病を調べた。ネットや本で調べた。その結果、私はどうやらうつ病ではなく、ただのうつ状態のようである。恋をして振られて落ち込んでいる状態みたいなもの、そのうち治る。
     

 「うつ病とは何だ?」をもう少し知っておこうと、若い頃にうつ病を患い、病院通いをしながら、もう30年もうつ病と付き合っている女性に話を聞きに行った。
 彼女の住まいは私が借りていた畑から近くにあり、去年までは収穫した野菜を届けに年に数回は通っていたが、畑を辞めた今、遠く宜野湾市へ引っ越した今はなかなか会いに行けなくなった。去年まで何度も会っているが、彼女がうつ病であると意識して会ったことはこれまでほとんど無い。彼女もまた、私と会話している時に「私はうつ」といった雰囲気はほとんど出していなかった。私と会話している間は少なくとも普通の人である。
 でも、自分が「うつかも」と思って、その勉強も少しやった今は、彼女の気分が少しは解るようになったと思う。彼女はこれまでもうつ気分をいくらかは出していたであろう。それなのに、鈍感な私がそれに気付かなかっただけのことのようである。
 彼女は、うつ病となって数年後には母親が脳梗塞で倒れ、引き籠りとなっていた彼女が母親の面倒をみることになって、母親の介護歴も25年ほどになる。だから、彼女は30年もの間、外へ働きに出ていない。母親の付き添いで病院へ行く、自分の治療で病院へ行く、屋敷の庭掃除をする、など以外、彼女はほとんど外へ出ないとのこと。

 その日、「老人性うつというものになっていた」と私の状況から話をすると、「退職後になりやすいってものでしょ」と、さすがうつ歴30年、彼女はそういうものがあるということを知っており、「でも、うつ病ではないみたい」と続けると、「そりゃそうでしょうよ」といった風な笑みを浮かべ、自らのきつかったうつ体験を少し話してくれた。
 死にたくなる、1人でいるのがたまらなく淋しい、何もやる気がしない、などといったことで、30年経った今でも時には精神安定剤が必要とのことであった。
 私はたまに淋しい気分になるけど概ねは独りで平気。物事への興味はあって本を読む元気もあり、ブログ書く気力もあり、車を運転してあちこち行って、誰かとユンタク(おしゃべり)もしている。「死んでもいいや」と思うことはあっても「死にたい」とはあまり思わない。なるべくなら天命のままにあの世へ行きたいと思っている。
 私がたまに気が塞ぐのは、腰痛が治らないこと、この先の生きる術がまだ手探り状況で不安であること、グラグラしている奥歯の1本が鬱陶しいこと、などに対する憂さでしかなく、彼女から見れば、私は甘ちゃんのようである。「その程度のことでウダウダしやがって、うつ病はそんな甘いもんじゃないのよ!」と言いたかったかもしれない。

 私は、ちょっとしたことを我が身かわいさに大げさに考えていたようだ。転んで、膝をちょっと擦りむいただけで泣き喚く子供のようなものだ。それを反省して、うつ病をもう少し勉強してみた。普通の人に対する気配りも私は不足しているが、うつの人に対する気配りが私には足りなかっただろうと思っての勉強。抗うつ剤の副作用など知った。
     

 記:2018.6.11 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« サキシマフヨウ | トップ | ヤガ »