ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

男の本音はやり逃げ

2017年06月16日 | ガジ丸通信-社会・生活

 4月21日付ガジ丸通信『男の修業を怠けた結果』の続き。
 ラジオから『察しない男、説明しない女』の話を聴いてから1ヶ月ほども経ったか、別のラジオ番組で『トリセツ(たぶん、取扱説明書のこと)』という歌を聞いた。「何言いたいこと言ってるんだこの女(若そうな女性歌手、名前は覚えていない)。」というのが私の感想。いや、歌っている人が女子高生以下の子供であるなら「夢を語ってるんだ」と何とも思わないのだが、ラジオからの情報ではそうじゃないみたい。「大人の女が子供みたいに言いたいこと言ってるんだな、そういう時代なんだな」と思った。

 そのラジオ番組は沖縄のローカル局ラジオ沖縄の番組であったが、それからさらに1ヶ月ほども経った5月中頃、NHKラジオの番組でも『トリセツ』が取り上げられ、さらに詳しく聞く、というか耳に入ってきた。「私と付き合う際はこうしなさいああしなさい」と言っているようである。傾聴していたわけではないので記憶は怪しいのだが、それについて司会者の1人(男性)が大いに非難めいたことを語っていたように覚えている。
 ラジオ沖縄の番組でもNHKラジオの番組でも、男は概ね『トリセツ』について批判的であったとも覚えている。「そうだよな、俺だけじゃないよな」と私は納得した。『トリセツ』はつまり、「男の感性なんてどうでもいい、男は女の感性に合わせるべき」と言っているようなもの。「そうでないと付き合ってあげない」なんて脅迫も感じる。

 女がそう来るなら男だって言いたいこと言っていいはずだ。ということで、男のトリセツを私が、女性の多くに嫌われることを覚悟で歌ってみよう。
 
 それぞれ興味を持つことが違うのだから日中はそれぞれが好きなようにして、
 夜だけ一緒にいることにしよう。もしも妊娠したなら、子育ては面倒臭そうなので、
 できればシングルマザーとして生きて行ってくれ。
 愛しているからセックスするのでは無い、セックスしたいから愛するのだ。

 結婚ってそんなに大事なこと?デートに誘うことは責任を負うということ?
 友人としての付き合いでもいいだろう?セックスフレンドでいいだろう?
 友人はたくさんいた方が良いと私は思うんだ。
 愛しているからセックスするのでは無い、セックスしたいから愛するのだ。

 以上、さわりだけ。メロディーはまだできていない。この先作る気もない。

 なんていうことを書いている内にふと気付いた。「あー、俺もブログで言いたいこと言っている。思ったことを真っ直ぐ伝えている。後期オジサンのくせして俺はまだ子供なのか?あるいは、俺も時代の先を走っているのか?」と我が身を省み、そして、
 「いやいや、言いたいことを正直に言うことは間違ってはいない。『トリセツ』も良いかもしれない。そういうのが嫌ならそんな女とは付き合わなければいいのだ」と私は考え直した。今はそんな女が多いのかもしれない。だから私に恋人ができない、はず。
     
     

 記:2017.6.16 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.6.16 特別な人 | トップ | クズモダマ(イルカンダ) »