ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

抜け歯ドキュメント

2018年08月01日 | ガジ丸のお話

 昨日(7月31日)、あれこれ外での用事を済ませ、部屋に戻って植物調べなどして午後4時過ぎ、ベランダに出てグヮバ茶を飲みながらタバコに火をつける。グラグラする歯は動かそうと意識しなくてもグラグラする。それを舌で動かしていたら「いつもよりグラグラが酷いな」と感じた。指を使って少し強めに押したらスポっと抜けた。
 グラグラする歯のお陰で口と舌が上手く回らず、ハッキリ喋れず、少し痛みもあるし、唾液も必要以上に出るし、唾液腺が腫れるし、などなどで鬱陶しいと思っていたので、抜けた瞬間は「やったぜ、やっと抜けたぜ」と喜んだのだが、唾を吐くと真っ赤。吐いても吐いても血が出てくる。出血多量で倒れないかと不安になるくらい。
 歯科医院はもう閉まっているだろうし、自分で何とかしなきゃあとガーゼを適当に切って、切ったものを小さく丸めて患部に抑えとして置いて、上の歯(抜けたのは左下奥歯)で軽く噛みしめる。これで止血できるかどうか自信は無い。「止まらなければ今宵は休肝日だ、飯も流動食だな」と、その為の用意をして、歯が抜けたドキュメンタリー(この文章)を書き始める。痛みは少しあるだけで、それまでの痛みに比べればずっと軽い。

 ガーゼで止血したのは5時過ぎ、それからガーゼは2度取り替え、約1時間経った6時過ぎ、3度目の取り替えをする。最初と2度目のガーゼは血に染まっていたが、3度目のガーゼに血はほんの僅か滲んでいる程度。「上手く止血できるかもしれないぞ」とほくそ笑む。「もしかしたら、後1時間もすれば痛みも出血も完全に消えるかも。そうしたら、休肝日を変更して祝い酒にするか」と、さらに笑みが出る。
 7時過ぎ、シャワーに入る前4度目のガーゼを取り出す。血はほとんどついていない。ご飯を炊いていない、パンも無い、これから麺を茹でるのは面倒などといった言い訳を考えて、「シャワー後に、晩飯代わりに少し飲むか」と決める。

 8時前から泡盛の薄い水割りを飲みながら晩飯、豆腐と豚肉とジャガイモの煮物、ハンダマのゴマ和え、炭水化物がないが豆腐とジャガイモで少しは腹も満つ。抜けた左奥歯では噛めないので右側だけで咀嚼。特に不具合は無し。薄い水割りは2杯で終了。目の前のタンコブが取れたということで、酒を飲まなくても良い気分で、そのまま就寝。
 ハッキリ喋れない、少し痛みがある、唾液も必要以上に出る、唾液腺が腫れるなどといった鬱陶しい症状は、腫れた唾液腺以外は改善。唾液腺の腫れは、唾液腺の中に歯周病菌が侵入しての腫れではないかと自己判断し、しばらく放っておくことにする。
 一難去ったという良い気分で就寝。夜中に2回小便で起きたが、夜10時前から今朝6時前まで足して7時間のグッスリ及びタップリ睡眠となった。目覚めもスッキリ。

 歯が抜けたのはこれで2本目、1本目は今年2月21日で、その日は私の「初抜け歯記念日」となった。しかしその時は、縦半分に割れた右奥歯の、グラグラしていた割れた外側の半分が抜けたもの、1本丸ごと抜けたのは今回が初となった。今のところ他にグラグラしている歯は無いが、歯が抜けることはこれからもあるだろうと覚悟しつつ、これからの生き方を今、楽しく想像している。一難去って気分が前向きになっているようだ。
 

 記:2018.8.1 ガジ丸 →ガジ丸の生活目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« エビスグサ | トップ | ドゥーチュイムニー180801 »