ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

気張る人

2018年05月18日 | 通信-その他・雑感

 私の腰は、一時期の酷い痛みからは脱却しているが、痛みは依然としていくらか残っている。現在の状況は、「走る、跳ぶ、重いのを持つ」はきついけれど、「歩く、軽いのを持つ」はできるので、腰に負担のある作業をしなければ日常生活に支障はない。
 私の体の不具合は腰の他にもある。歯。2016年12月に半分から割れていた右下奥歯のグラグラしていたその半分が、今年2018年2月21日午後8時、グラグラしている方の外側半分がついに根元から抜けた。大人になってからは初の抜け歯だった。
 その後しばらくは口内絶好調、痛い所が無くなって、右でも左でもよく噛めるようになって快食が続く。しかし、初抜け歯から1ヶ月も過ぎた頃から今度は左下奥歯の1本が痛みだした。その歯、4月中頃からグラグラ動いて、痛みもしだいに強くなり、5月になると物を噛むのも辛くなってきた。グラグラも酷くなり今にも抜けそうになっている。 
     
 そんなこんなもあって、つくづく自分の年齢を感じている。1ヶ月ほど前に、友人の1人が入院したと聞く。その後、彼と連絡がなかなか取れなかったのだが、彼の妻から連絡があり、脳出血だと聞く。「あー、俺たちもそういう年齢か」とさらに思う。
 入院した友人Mとは30年来の付き合いがあり、彼の妻のY女とも25年ほど前からの付き合いで、最初の頃はキャンプなどで年に1度以上、その後も数年に1度は顔を合わせていた。Y女は若い頃から明るく元気な人で、それは今も変わらない。
 彼女とメールのやり取りをし、大まかなことを聞く。入院したのは4月の初め頃、それから約1ヶ月間、リハビリに励んでいるが、まだ話の出来ない状態とのこと。

 過日、Y女から「だいぶ良くなったので面会OK」の連絡があり、面会に行く。
 ベッド上のMは、意識はしっかりしていたが、右半身不随で、言葉も未だはっきり喋れない。しかし私は、彼の言っていることの半分は理解できた。なぜなら、彼が頑張って意思を伝えようとしていたから。聞いている相手が理解できるようにと、左手で口の動きを補助しながら一所懸命しゃべる。そのお陰で私は彼の言葉の半分は理解できたのだ。
 相手に自分の意思を伝えるのに一所懸命になる。そんな彼を見ていて、生きようとする力を感じた。彼の女房に訊いたら、倒れて入院して1ヶ月、随分回復していて、やっと2日前から、はっきりではないけど何とか喋れるようになったとのこと。
 生きようと一所懸命にリハビリに励む友人、私はしかし、その妻であるY女の方に、より感心した。彼女はまだ成人前の、3人の子供をもつお母さん。彼女はまた、働くお母さんでもあり、車で片道30分ほどかかる職場まで自ら運転する車で通勤している。
 少し想像した。朝早く起きて、子供達の面倒をみて、出勤し仕事をこなし、仕事が終わると病院へ直行し、夫の様子を確認し、すぐに家に帰って家事、子育てとなる。「大変だなぁ」と思うのだが、そんな大変な日常を送っているのに、彼女は明るい。

 「チバリミソーリ」と私は彼女にエールを送った。チバリヨーという沖縄語はよく聞くであろう、気張れよの沖縄語読み、ソーリは丁寧語で「して下さい」となる。頑を張るのではなく気を張る、それが沖縄流。ちなみに、気張るは「気持を強く保つ」(広辞苑)という意。「気を張る力が強いんだな」とY女を見て、私は思った。
     

 記:2018.5.18 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 2018.5.18 梅雨は何処へ | トップ | 体のダンシャリ »