ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

タイワンウチワヤンマ

2018年06月29日 | 動物:昆虫-トンボ目

 進歩するオジィ

 2011年7月20日午後から22日の夕方まで、私は美女と一緒だった。彼女Tさんは東京で植物関連、焼物関連の店を経営していて、今回は主に焼物の仕入れのための来沖であった。彼女と共通の友人である東京のI氏から「手伝ってくれないか」という依頼があって、2泊3日の沖縄滞在中、彼女の運転手を務めることにした。

 21日、彼女の要望で本部町伊豆見へ行き、彼女の仕事が済むとそこから海洋博公園へ行って、彼女はちゅら海水族館などを観光、彼女が観光している間、私は散策。その時、前回紹介したタイリクショウジョウトンボ(と後で知る)を見つけ写真を撮る。
 22日、前日は植物関連の仕事だったが、この日の彼女の仕事は焼物仕入れ。恩納村にある「やちむんの里」へ行く。彼女が窯元と商談している間、私は辺りの散策をする。その時にタイワンウチワヤンマ(と後で知る)を見つけ写真を撮った。「やちむんの里」は空間の多い緑に囲まれた場所にあり、真夏で汗をかいたが、楽しい散策だった。
 
  
 さらにそれから6年も経った今年2018年6月、つい先日の25日、県総合運動公園を散策した。公園内の池の傍に来ると、大きなトンボが見えた。留まったところにそっと近付いて、写真を撮る。それがタイワンウチワヤンマであると見当はついていた。
 前回紹介したタイリクショウジョウトンボの写真の数枚も、その時に撮ったもの。タイリクショウジョウトンボは雄雌仲良く近くにいた。もちろん、彼らがタイリクショウジョウトンボであることは、写真を撮る前に見当はついていた。私も進歩している。
 
 タイワンウチワヤンマ(台湾団扇蜻蜒):トンボ目の昆虫
 サナエトンボ科 紀伊半島以南~南西諸島、台湾などに分布 方言名:ターマー
 名前の由来、タイワンについてはおそらく南方系の種だから、ウチワについては『南の島の昆虫記』に「腹の先のほうが、団扇のようにひろがっているので」とあった。
 本種はサナエトンボ科でヤンマ科ではないのだがヤンマと付く、ヤンマは広辞苑に「ギンヤンマ・オニヤンマ・カトリヤンマなど、大形トンボの総称」とあり、「体長が8センチ近くもあり・・・ヤンマとオニヤンマの仲間と比べても決して小さくありません」ということから大きなトンボという意でついたものと思われる。ヤンマの由来は不明。
 腹長48~56ミリあり、サナエトンボの仲間では沖縄の最大種とのこと。『南の島の昆虫記』に「突き出た枝先などに水平にとまる・・・ヤンマはぶら下がるようにしかとまりません」とあって、ヤンマのように大きくてもヤンマではないと判るようだ。
 飛ぶ力が強く、遠くまで移動する。雄は縄張りを持ち、敏感で、動くものを見つけたら攻撃する。などと『沖縄昆虫野外活動図鑑』にあった。出現時期は4~11月。
 
 横から
 
 下から

 記:2018.6.28 ガジ丸 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行
 『学研生物図鑑』本間三郎編、株式会社学習研究社発行
 『昆虫の図鑑 採集と標本の作り方』福田春夫、他著、株式会社南方新社社発行
 『琉球列島の鳴く虫たち』大城安弘著、鳴く虫会発行
 『沖縄のトンボ図鑑』尾園暁・渡辺健一・他著、ミナミヤンマクラブ株式会社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« タイリクショウジョウトンボ | トップ | 2004年春の旅 »