ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

正国民を描く『はだしのゲン』その2

2017年08月18日 | ガジ丸通信-音楽・映画

 先週のガジ丸通信『国のインチキ』の続き、
 西原町立図書館から借りたDVD『はだしのゲン』を、8月6日にその前編、8日に後編を観ての感想。DVD『はだしのゲン』は2007年8月に放送されたフジテレビのドラマで、前後編合わせて約3時間半の間、私は何度も、たぶん、10回以上はナダ(涙)ウルウルさせていた。悲しみの涙ではなく感動の涙。歳取って涙腺は緩んでいるが、歳取って感受性も鈍っているのでナダソーソーまでには至らなかった。
 ただ、ナダウルウルも久々だったので、「ドラマにも良いものがあるんだなぁ」と前編を観終わった時に思った。テレビを家から追い出したのはもう6年以上前だが、それ以前から私はテレビを集中して観ることは少なかった。夜のニュース番組は注視することもあったが、朝の「めざましテレビ」や昼の「笑っていとも」を時計代わりに見ていた程度、ドラマは集中して観ないと意味が判らないので長いこと・・・私が最後に集中して観ていたテレビドラマは確か『ちゅらさん』だ。調べたら2001年の放送だった。
 
 さてさて、個人的感傷に浸ってしまったが、ドラマ『はだしのゲン』のどんなところで私はナダウルウルさせたのかというと、先ずは主人公ゲンの父親、中井貴一演じる大吉の凛とした姿勢、周りから非国民扱いされても信念を曲げることのない姿勢に涙。
 大吉は「戦争はいかん」と公言する、そのため、国のインチキ政策によって洗脳されてしまっている周りの人々から非国民扱いされ、大吉だけでなく家族みんなが様々な迫害を受ける。大吉は警察(憲兵だったかも)に引っ張られ、数日監禁され、そこで殴る蹴るの暴行を受ける。それでも大吉は国のインチキに迎合しない、その姿に涙。
 大吉の長女(中学生くらい)が校長室で服を脱がされ校長と担任教師から暴言を浴びせられる。大吉を非国民呼ばわりする筆頭の町内会長、その息子(小学生)の「財布を盗んだのを見た」という讒言によるもの。それを知った大吉が校長室に押しかけ、町内会長の息子を呼ばせ、彼に本当のことを言うように諭す。すると、息子は「父親にそう言うよう命令された」と白状する。大吉は男の子の頭を撫で許し、そのまま振り返って校長と教師を殴る。「あー、カッコいい、サムライだぜ」と、ここでも私はウルウル。
 大吉と長女とゲンが学校から家に帰る道の途中、急にゲンが走りだし、止まって、振り向いて「お父さん大好き」と叫ぶ。その後、長女も走りだし、止まって、振り向いて「お父さん大好き」と叫ぶ。ここでまたもウルウル。これが家族の姿だと感激。
     

 大吉を非国民呼ばわりする校長、教師、官憲、町内会長、その他の多くの人々、彼らは当時の多数派であり、おそらく当時の普通だ。国によってそのように洗脳されている。ただ1人、隣家のバクさんだけが「戦争を嫌う大吉さんを尊敬している」と言う。
 戦争に反対する大吉のような人を非国民とするのは、謂わば、当時の流行(国の洗脳政策による)だったのかもしれないが、日本国(ここでは政府では無く国土と国民のことを言う)のことを思い、日本国の平和と人々の幸せを願っているという点から見れば、私は大吉こそ正国民だと評価したい。彼こそ正しい日本人であると称えたい。
 私ならどうしているかとも想像してみた。自分と家族(いればの話)が迫害を受けることを考えれば、私は大吉になれない。でも、少なくともバクさんではありたい。
     
 記:2017.8.18 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.8.18 冷房に頼る | トップ | ゲッカビジン »