ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

国のインチキ『はだしのゲン』

2017年08月11日 | ガジ丸通信-音楽・映画

 今週日曜日(8月6日)、辺野古新基地建設反対の立場にある宜野湾市民フォーラム木曜会、その主催による第6回市民シンポジウムが行われ、私も参加した。今回は「辺野古工事の深刻な問題点」というタイトルの講演で、講師は奥間政則氏。
 「辺野古工事の深刻な問題点」を、私が理解できた限りで言うと、汚濁防止膜に不備があり、このままでは海が汚染されるが、防衛施設局はその指摘を無視したまま工事を続けようとしている。辺野古の埋め立て予定区域は地盤が不安定である、不安定な地盤の上に建設予定の構造物を設置するには設計変更が必要である。辺野古の埋め立て予定区域近辺には断層があり、断層が工事区域内にあると建設はできないが、防衛施設局はその調査をしていない、あるいは、調査をしていてもその結果を公表していない。
 などということだが、いずれにせよ、国は工事を何が何でも強行しようとしているように感じられる。国には目論見がある。「来年の名護市長選、及び沖縄県知事選に国寄りの候補者を立て、現市長、現知事に勝って、設計変更の認可を得れば良い」という考え。逆に言えば、現市長、現知事が負けたら、平和運動家たちはお先真っ暗となる。
     

 講師の奥間政則氏の語ったことで講演内容とは別に私の記憶に残っていることがある。奥間氏は一級土木施工管理技士の資格を持ち、沖縄では大手の土木会社で働いていたが、それを辞めて今、辺野古、高江の基地建設反対運動に関わっている。何故?
 奥間氏の両親はハンセン病患者で、国策により理不尽な差別を受けていた。そういうこともあって、国に対する不信感があり、反対運動に関わっているとのこと。実際に高江の建設現場では工事のインチキを見て、今回は辺野古基地のインチキを指摘している。
 ハンセン病に対する政策のように国は時に間違いを犯す。あるいは、「お国のため」だと言って平民など多少の犠牲を被ってもしょうがないという考えからインチキをする。そのインチキの最たるものが先の大戦。数多くの平民が国のインチキの犠牲となった。

 シンポジウムが行われた8月6日、シンポジウムが終わって、畑仕事に戻って、7時過ぎ家に帰ってシャワーを浴びて、無上の幸せであるビールを飲みながら、私は西原町立図書館から借りたDVD『はだしのゲン』を、その前編を収めた1枚を観た。
 8月6日は72年前広島に原爆が落とされた日。DVDはその数日前に前編、後編の2枚を借りていたが、観るのは広島を意識して8月6日まで待った。
 漫画の『はだしのゲン』を私は知っている。何度か目にして読んだと思う。広島の原爆を題材としている、主人公は小学生の、丸坊主で目が輝いている少年などということは知っているが、しかし、詳しい内容はほとんど知らない。『はだしのゲン』が連載されている頃、私はもう漫画をあまり読まなくなっていた年齢だったと思われる。
 『はだしのゲン』のドラマがあることを、西原町立図書館のDVDコーナーを物色している時に私は初めて知った。DVDの表紙には中井貴一が映っている。であれば、そう古くはない。調べると、2007年8月に放送されたフジテレビのドラマだ。
 ドラマ『はだしのゲン』を観ても、私は国のインチキを強く感じた。中井貴一演じるゲンの父親は「この戦争は間違っている」とはっきり言う。家族や自分が周りから迫害されてもその信念は曲げない。私は久々にナダ(涙)ウルウルしてしまった。
     

 記:2017.8.11 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.8.11 バナナ週間 | トップ | マツバウンラン »