ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

瓦版080 いものいいものにものにもいい

2009年01月16日 | ユクレー瓦版

 いつもの週末、ユクレー屋へ行く前にマミナ先生の家に寄った。ここ数日顔を見せないので、絵本でも書いているのかと思って訪ねてみた。
 ドアをノックしても返事が無い。しばらく待って、もう一度ノックしようとしたら、ドアが開いた。出てきた顔はしかし、いつもの元気が無い。
 「どうしたの?元気なさそうだけど。」
 「風邪引いてたのよ。もう治りかけなんだけどね。まあ、中に入って。」
 「カゼ?って、あの病気の風邪?マミナ先生でも風邪を引くんだ。体内には気が充満してるって言ってるから病気とは無縁だと思ってたよ。」
 「なんかそれ、皮肉に聞こえるけど、まあいいや。とりあえず中に入って。外の風は病み上がりの体には毒さあ。」とマミナは言って、私を中へ招いた。

 「私もさ、風邪を引くなんて全然思ってなかったさあ。風邪なんて、記憶に無いくらい久しぶりだよ。この島に来てからは初めてかもしれない。」
 「なんでまた、そんな珍しいことになったの?」
 「なんでかねぇ、ちょっと頑張り過ぎたかもしれないねぇ。」
 「頑張ったって何を?」
 「これ。」と言って、マミナは机の上を指差した。見ると、画用紙が数枚あって、文字と簡単な絵が描かれてある。絵本のようだ。
 「マナの子供の誕生祝にね、絵本を書いてあげようと思ってね、頑張ったんだけど、昼間、村の子供達の面倒を見て、普通に家事もやってからだから、絵本書くのは夜になるでしょ、夜更かしが続いて、寝不足になって、体も冷えて、ってことだねぇ。」
 「そうなんだ。で、絵本は完成したの?」
 「はっさ、風邪を引いたら絵本なんて書く元気は無くなったさあ。」
 「頑張ったことが裏目に出たということだ。」
 「そうだね。頑張り過ぎは良くないって、神様の忠告だねきっと。」

 「あっ、そうだ。一緒に来て。」とマミナは言って、私を台所に連れて行く。
 「忘れていたさあ、料理の途中だったんだよ。」と言う通り、コンロには火が点いていて、鍋がかけられてある。火はとろ火で、鍋はコトコト言っている。
 「ちょっと、そこに座っていて。」と言うので、二人用食卓の椅子の一つに座る。
 「今夜の夕食?何作ってるの?」
  「そう、夕食で、病気回復の留(とど)め食。いものにもの。」
 「いものにものって、芋の煮物ってこと?」
 「勝さんがね、滋養に良いからってヤマノイモを持ってきてくれたのよ。」
 「ヤマノイモって、オキナワのヤマイモ、ダイジョのことだね。」
 「そう、それ。それの煮物。体が温まって元気が出るってさ。」
 「普通は生で、とろろにして食べるよね。」
 「オキナワでは昔から煮物や、お菓子の材料として使ってたんだよ。」
 「そうか、芋の良い物は煮物にも良いわけだ。」
 「あっ、それいいね。次の絵本の題にしようかね。『いものいいものにものにもいい』ってさ、いかにも私の絵本の題にピッタリさあ。」
     

 マミナは、鍋の中の様子を確認して、それから、私の対面の椅子に腰掛けた。
 「あと、5分位煮込めば出来上がりだね。あんたも食べていってね。」
 「うん、ありがとう。ご馳走になるよ。」
 「そういえばさ、あんた、マナの子供の名前は聞いた?」
 「いや、まだ。決まったんだ?」
 「今日、発表するって言ってたよ。私は電話でマナから直接聞いたんだけどね。」
 「で、何て名前?」
  「ワタルとアスカ。平和の和に、太いの太、流れるで和太流、和やかに太く流れる川のような男という意味だってさ。アスカは明日香るの明日香。」
 「そうなんだ、じゃあ、今日は名前発表パーティーになるね。マミナも行くの?」
 「私は行けないさあ。ほぼ治ったといっても、うつるかもしれないさあ。赤ちゃんにとっては、ただの風邪も油断ならないからね。マナにもそう伝えてあるよ。」

 そして、5分ほど経って、料理が出来上がった。ご馳走になった。芋の煮物は美味しくて、確かに体が温まった。ぽかぽかして、なんだか平和な気分になる。
 マミナの家を出てユクレー屋に行く。マミナの行った通り、赤ちゃんの名前発表があって、その後、予想通りパーティーとなる。皆が平和な気分に浸った。
     

 記:ゑんちゅ小僧 2009.1.16

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 動けざるもの山のごとし | トップ | 立つ鳥跡を濁して »