ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

美しき唄『芭蕉布』

2019年04月01日 | 沖縄03音楽芸能・美術工芸・文学

 先日2019年3月24日、第3回Meカラオケ会(親戚の集まり)に参加した。カラオケボックスで午前11時から昼食を挟んで午後6時までの、月1回定期的に開かれるカラオケ会。私は腰への負担を考えて午後4時頃には皆より先に帰っている。
 元々カラオケ嫌いの私だったので第1回(2019年1月)が約10年ぶりのカラオケボックス経験。その時は言われるがままにデュエットソング、青春時代の歌などをテキトーに歌ったが、第2回の時は事前に歌いたい唄を選んでいてそれらを歌った。その時「歌いたい唄」に選んだ中の1つに沖縄の唄『芭蕉布』があった。

 中学3年の時のクラスメートにTという台湾人がいた。彼は中一の頃からその姿を見ていたので沖縄に来てから既に数年は経ていたと思う。日本語が流暢なだけでなく、ウチナーグチ(沖縄語)も「方言禁止世代」の我々と同程度には理解できていた。
 Tは背が高くスポーツ万能で、頭も良かった。なのでクラスの級長も務めた。彼はまた遊びのリーダーでもあり、そのグループに私もいた。夏は海にプールによく出掛けた。彼はさらに、歌も上手であった。「大好きなんだ」と言い、彼が良く歌った唄がある。

 海の青さに 空の青 南の風に 緑葉の
 芭蕉は情に 手を招く 常夏の国 我した島 ウチナー

 昭和40年に発表された沖縄の新しい唄『芭蕉布』である。私も好きでメロディーは覚えていて、歌詞も1番はちゃんと覚えていて、ギター奏でて歌える。
     

 実はこの唄、2月のカラオケ会で歌う1年ほど前から私の頭に時折浮かんでいた。去年3月に私は今の住まいに引っ越したが、今の住まいは宜野湾市役所がすぐ近くにある。市役所のすぐ傍には「世界一危険な基地」として名高い普天間飛行場がある。ということもあって、市役所前では市民団体の集会が時々行われる。集会がある時はたいてい右翼団体の街宣車がやってきて集会の演説などを邪魔するように大声で悪態をつく。
 右翼の悪態を聞いている時に私の頭の中に『芭蕉布』が浮かんだ。市民団体も演説を一時ストップして、『芭蕉布』をスピーカーから流してくれないだろうか、この美しい唄を聞いたなら、右翼団体も下品な悪態は恥ずかしいと感じるだろうと思ったのだ。
 2月のカラオケ会で『芭蕉布』を歌いながらもう1つの考えが浮かんだ。この唄を反基地運動のテーマソングにして、辺野古でも流したらいいのにと。ゆったりと流れるメロディーに美しい歌詞、この唄の中に身を置くと、平和が一番大事という気分になる。辺りに優しい気が流れ、あちらとこちらで罵り合うことも無かろうと期待できる。
     

 ちなみに、著作権の問題があるかもしれないのでここには載せないが、歌詞は3番まであって、メロディーだけでなく歌詞も美しい。ウチナーグチ(沖縄語)はほとんど出てこないので倭人でも理解できると思う。機会があれば聴いてみてください。

 記:2019.4.1 ガジ丸 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『正調琉球民謡工工四』喜名昌永監修、滝原康盛著編集発行
 『心のうた 日本抒情歌』野ばら社編集部編集、株式会社野ばら社発行