ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

2018.4.27 シーミーは遅めに

2018年04月27日 | ガジ丸週一日記17-18

 私が子供の頃、清明祭は賑やかであった。我が家の清明祭で言えば、私の家族、祖父母、父母、姉、弟、私の7人に加え、母の弟家族、父の姉家族など大人子供合わせて30人ほど集まることもあった。
 その後、私と同世代の従姉妹たちが嫁行ったり、仕事で沖縄を離れたりして参加者はだんだん減っていくが、両親が生きている頃はまだ、10人ほどは我が家の清明祭に集まっていた。であったが、母が死に、父が死んでからは淋しくなる。一昨年から参加者は私1人、昨年も1人、そして今年もまた、私1人となった。
 二十四節季の清明に入るのは概ね4月上旬。我が家はしかし、清明が過ぎて次の穀雨に入ってからの、ゴールデンウィークが始まる頃に清明祭をやっていた。それはきっと父母の心遣いだ。親戚の人達が集まりやすいようにと、休みの日を選んだからだと思われる。
 私も両親に倣って我が家の清明祭は世間一般からいえば遅い時期にやっている。しかし、ゴールデンウィークにはやらない。土日の休日にもやらない。清明祭の時期の休日、墓地は混む。その混雑を避けてのこと。
 
 今年のシーミー
 昨日(26日)、我が家のシーミーを行う。掃除は墓前の前だけで、いつもの三分の一。お菓子が3個とお茶と花で、ご馳走は無し。掃除やご馳走を怠けたのは腰痛があるせい。


この記事をはてなブックマークに追加

2018.4.20 脳味噌が動き出す

2018年04月20日 | ガジ丸週一日記17-18

 先々週木曜日(5日)、整体師の友人Sに施術して貰って、「無理するな」という彼の助言を概ね守りつつ畑の片付けをし、新居の備品作りをしている。今週月曜日(16日)、新居での備品作りがやっと終わって、この先(何年になるか?)の住まいの形が決まった。腰痛のせいで休憩時間が長くなり、また、腰痛のせいで脳味噌がバカになって、良いアイデアが浮かばず、何度も失敗を重ねたこともあり、腰痛が無ければおそらく1週間程度で済むはずの作業が2ヶ月近くもかかってしまった。
 去年の夏頃、それまでのHPサーバーから今のブログサーバーへの記事移動作業をやっていて、その作業が「よっしゃ、残るは高木だけだ」となっていた。となっていたが、その後それをすっかり忘れてしまっていた。
 住まいの形が概ね決まった先週、「残るは高木だけ」だったことを思い出し、さらに、各ジャンルの目次ページを作るつもりだったことも思い出して、で、パソコン作業がゆっくりできる状況となった今週からそれらの作業を始めている。そして、それらを集中してやっている内に、私の脳味噌もやっと動き出したみたい。
 
 オーディオ棚
 新居の備品作りを始めて1ヶ月半の間に、オーディオ棚は3度も作り直しとなった。3度目は14日に良いアイデアが閃いて、楽器も置けるようにして、15日に完成。


この記事をはてなブックマークに追加

2018.4.13 敵は腰痛だけじゃ

2018年04月13日 | ガジ丸週一日記17-18

 今週火曜日(10日)、深夜に小便で1回起きる、これは日常の普通である。しかし、それから3~4時間後の明け方にも目が覚めた。小便ならそれも普通と言っていいのだが、その時は胸の苦しさによるものであった。
 「あっ、これ前にもあったぞ、心筋梗塞の発作ではないかと思った奴だ」と思い出す。その時は深呼吸をやったり瞑想をやったりして乗り切ったことも思い出し、今回も同じことをやる。深呼吸しながら「そうだよな、腰痛だけじゃないよな、心筋梗塞や脳梗塞で倒れる可能性も高いよな」と不安を感じつつ、いつしか寝入る。
 朝起きて、「前にもあった」のがいつだったかを日記で調べる。2016年10月19日であった。胸が苦しいだけでなく、歯茎が疼くというのも今回と同じ。
 今年の初めから2ヶ月ばかり、タバコの量が減って1日に3~4本であった。が、3月に入って、なかなか良くならない腰痛にイラついていたのか、1日7~8本に増えていた。「もう歳だぜ、1日3~4本でいいんじゃないか、心筋梗塞の不安もあるし」ということで、10日は休肺日とし、ついでに休肝日にもした。
 
 11日の晩酌
 休肝日明けの翌朝は幸せ気分になっている。「今宵は何を肴に何を飲むか」でウキウキ。前日に豚バラ肉の黒糖煮込みを作っており、それをメインにワイン(安物だが)とした。


この記事をはてなブックマークに追加

2018.4.6 お調子者の腰痛

2018年04月06日 | ガジ丸週一日記17-18

 去年12月から今年2月まで、十分な睡眠が取れないことが多かったが、新居に越した3月からは、まあまあの睡眠ができており、この1週間は、夜中1回は小便で起きるが、概ねはグッスリ睡眠ができている。
 実は、快眠が戻っただけではない。先週水曜日(3月28日)、腰痛が、完治にはまだ遠いが、痛みがこれまでよりずっと軽くなった。軽くなった状態は土曜日(31日)まで続いた。「時々散歩している」、「時々筋トレしている」などということも軽くなった要因かもしれないが、おそらく、整体師の友人Fによる施術のお陰が大きいと思われる。筋トレを薦めてくれた友人O、散歩を勧めてくれた理髪店の女将さん。私は周りの人に助けられている、感謝・・・と話は終われば良かったのだが、
 木曜日、腰の痛みはさらに和らぎ、金曜日もほぼ同様となったので、お調子者(私のこと)は、懸案事項であった「畑にある鉢物を新居のベランダへ運ぶ」という力仕事を敢行した。3鉢も運んだ。土曜日はさほどでも無かったが、日曜日にその影響が出た。腰痛はほぼ元の痛さに戻ってしまった。バーカと自分でも思う。
 
 今年もこの季節
 畑(もうすぐ手放す)の向かいにある墓地、そこにイルカンダがあり花を咲かせている。畑ではクチナシも咲き、春爛漫の日々だが、畑を去ると思うと、花を見ても淋しい気分。


この記事をはてなブックマークに追加

2018.3.30 浦島太郎みたい

2018年03月30日 | ガジ丸週一日記17-18

 今週水曜日(28日)、愛車の12ヶ月点検で、自動車整備工場に車を預けている数時間の間、「何するか?」と考えて、那覇にある県立図書館へ行き、その後、そこから近い桜坂劇場で映画を観る、という計画を立てた。
 整備工場に車を預け、バスで那覇へ向かう。懐かしの母校首里高校を過ぎて、懐かしの景色がバスの車窓から流れていく。その途中、「あれ?」と思う景色が1つ、私が高校の頃からあり、教室からその姿が見えたホテルグランドキャッスルが、その外壁の色を変えていた。そして、その名前も変えていた。グランドキャッスルという名前では無かった。新名称は今思い出せないけど。
 その後バスを降り、県立図書館で用を済ませ、そこから桜坂劇場へ向かう。その途中「のうれんプラザ」と看板のある大きな建物を見る。農連市場が移転したという話は聞いていたが、まさか、こんな立派な建物だとは思わなかった。その辺りは数年前までよく通っていた場所だが、その建物のお陰で景色が一変していた。
 テレビを観ないので映像の情報が私には少ない。街の変わりように私は浦島太郎の気分となっていた。
 
 沖縄県立図書館
 写真は現在の県立図書館だが、移転するため3月一杯で一旦閉館するという話を聞いた。昆虫の図鑑にここにしか無いものがあって、3月中には訪れなければと予定をしていた。


この記事をはてなブックマークに追加