一人ぼっち

一人ぼっちの日常

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

検品の流れ

2017-08-10 13:57:53 | 日記
外国貿易を行ううちに、第三方検品会社に頼って検品をする供給商や仕入商が決して少なくないです。これからアパレル抜き取り検査を例として、検品会社のサービスプロセスを紹介いたします。

1.入荷します。製品の数を登録検査して確認した後、送り状を記入します。

2.製品に抜き取り検査を行います。

3.検品係が第一回検品を行います。製品数、水洗標、商品タグをチェックし、寸法や、外観、及び縫製の検査をします。

4.不良品をより分けます。

5.第二回検品を行います。第一回検品の合格品にとって、製品数、水洗標、商品タグをチェックし、寸法や、外観、及び縫製の検査を行います。

6.再び不良品をより分けて点検を行います。

7.合格品に包装を行います。

8.検針器感度テストを行います。包装済みの合格品を検針器に入れ、針などの異物がある製品を選り分けます。最後には異物混入報告書を提出します。

9.合格品を箱詰めします。

10.出荷します。出荷明細書を記入し、検品·検針報告書を提供します。

※良品と不良品を厳格に分けなければなりません。

※検針に関しては、日本市場は織物にとっての要求が厳しいので、検針設備が先端であるかどうかは肝心です。

嘉興貿易有限公司

〒314000 TEL086-0753-81881912

中国浙江省嘉興市南湖区広益路万達広場春江中心四号ビル1301室

お問い合わせ:zyxgafound@hotmail.com
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仕入れ先の開拓 | トップ | 夕食 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事