ヨット屋のブログです

ヨットを造ったりヨットに乗ったりします
http://ikegawa-yacht.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大三島

2016-07-31 05:55:40 | 日記

 

大三島へ連れ合いと長男(真澄人君)と三人で行きました

大山祇神社へ参拝のお客さんが海から来た時に停泊する立派な屋根付き桟橋です

戦勝祈願の神様で勝利した後に収められた国宝の武具が沢山あります
日本中の国宝武具の半分は大山祇神社にあるそうです
刀や長刀や鎧甲等です

「花丸」が停泊している柳原漁港から3時間で着きました
上げ潮のほとんど終わりくらいに入港

帰りも下げ潮に乗って3時間
同じ航路は面白くないので大崎下島と豊島の間を抜けて帰りました

ほとんど風が無くてメインセール一枚の機帆走でした
久しぶりで缶ビールが沢山空きました

コメント

船倹番号

2016-07-29 06:13:41 | 日記

船倹番号

船体後部の左右に船倹番号を張り付けた

海上保安庁は双眼鏡でこの番号を近づいてくる前に確認する
船倹が切れていたりすると直ぐに解る

時々コクピットコーミングやドッグハウスの立ち上がり面に張ってある船も見る

乗員にとって必要なものではないので船に乗ったら見えなくなるこの位置が最適かと思う

それより大事なのは写真スタンション直ぐ後ろに張った黒い丸印
上架する時の吊り上げスリング位置です

船台の位置より少し後ろでプロペラやシャフトを引っかけない位置に印をしておきます

船首側の吊り上げ位置はスリングの巾で決まります
直立ステムなのでかなり前で吊ってもスリングがすっぽ抜ける事は無いので安心です

バラスト前端よりも前で吊ればよいので印は付けません

コメント

工房内片付け

2016-07-28 05:59:12 | 日記

船体吹きつけが終わりました
工房内どこもかしこも真っ白い粉で覆われています

オレンジピローと言われる柚肌仕上げになりましたが3回吹きつけでもう限界
紫外線を遮る役目は大いに果たしてくれます

以降10年は船体は問題無いでしょう

吹きつけネットやデッキを覆っていたブルーシートを取り外した

ラダーやティラーを取りつけもう一度コクピットのウインチ台を塗る準備

さあいよいよ出荷です

その前にマリーナに置きっぱなしのマストを組まないといけません

スプレッダーを取りつけステーを取りつけハリヤード類を通す
そして、ジブファーラー組み立て

8月1日にトラック積み予定

コメント

軽油取引税免税証

2016-07-27 06:06:29 | 日記

 

免税軽油を買える免税証というのがある
車で使う軽油には道路補修費や維持費などの税金がかかっている

船は道路を使わないで軽油を消費するのだから当然その分の税金は差し引かれる

「花丸」の燃料タンクは40リットルしかない
予備のポリタンクも10リットルタンクで持ち運びが楽だ
免税証は10リットル券で受け取る

軽油1リットルで32円ちょっとの免税が受けられるので
面倒だが毎年免税証を愛媛県の出張所まで取りにいく

瀬戸内海では風が無く潮流が激しいのでヨットといえどもエンジンはよく使う
軽油を道路で使わないので免税にしたいと思う


コメント (1)

エアーサンダーが壊れた

2016-07-26 03:02:12 | 日記

 

あまりに長時間ぶっ続けで使うのでエアーサンダーが壊れてしまった

ストレートサンダーと呼んでいる一番大きくて長いオービダルサンダー
動力7馬力以上の大きなコンプレッサーで10気圧フル回転で使う

大活躍だったが酷使しすぎた

写真一番奥が積み重ねてある320#穴開きマジックタック サンドペーパー
12箇所の穴からサンディングのダストを吸い込み集塵袋に送る

その下の穴が開いた黒い板がマジックテープの着いたサンダーを張り付けるアルミ板

次がサンダー本体でその本体とその下に写っているペーパーを貼る板の間には
一番手前の防振ゴムの棒がが8個取り付けられる

ところが写真の様に防振ゴムが切れてしまい残っていたのは1本だけだった

もう少しで終わるという時に分解してしまったので部品待ちとなった

丁度僕の体の方も指先が白蝋病になるのではないかと思われるくらいジンジンするので
ちょっと休憩だ

コメント

3度目の吹きつけ準備

2016-07-25 05:53:30 | 日記

 

昨日は「光丸」のオーナーが来られました

無事に浮かんで廻航する為の積み込み備品を沢山持って来てくれました

new pec をパソコンに入れた電子海図も見せてもらいました
海図が新しく定置漁網まで乗っているのは素晴らしいと思います

日本が8区画に分かれていてそれぞれ2万円近くします
但し購入すると何ヶ月か置きに情報の更新があるそうです

残念ながら2度目の吹きつけも問題が起きピカッと光った面を得ることが出来ませんでした

もう一度吹き直すことにしました

今日は研きで明日の朝 暑くならない内に吹きます

コメント

「花丸」チャーター

2016-07-24 06:31:31 | 日記

 

昨日は「花丸」をチャーターしてくれたファミリーと安居島へ

大人4人・小学一年生二人で海水浴です
千葉県から来られました

満潮時に安居島の郵便船が留める桟橋に停泊

暑い暑い一日でしたが小学生の子供達は元気に海に入って居ました
港の直ぐ横の砂浜でしたが千葉とは比較にならないくらい綺麗だそうです

大人はチヌ(黒鯛)がたくさん居た コブダイも居たと喜んでくれた

行きは少しは風があり帆走だけという時もありましたが
帰りはほとんど無風状態で機走でした

 

今日は現在レストア中「光丸」のオーナーが来られます

コメント

「花丸」チャーター

2016-07-24 06:30:21 | 日記

 

昨日は「花丸」をチャーターしてくれたファミリーと安居島へ

大人4人・小学一年生二人で海水浴です
千葉県から来られました

満潮時に安居島の郵便船が留める桟橋に停泊

暑い暑い一日でしたが小学生の子供達は元気に海に入って居ました
港の直ぐ横の砂浜でしたが千葉とは比較にならないくらい綺麗だそうです

大人はチヌ(黒鯛)がたくさん居た コブダイも居たと喜んでくれた

行きは少しは風があり帆走だけという時もありましたが
帰りはほとんど無風状態で機走でした

 

今日は現在レストア中「光丸」のオーナーが来られます

コメント

再吹きつけ

2016-07-23 04:38:48 | 日記

 

昨日は一日中続くのではないかと思われるサンディング

エアーツールのストレートオービダルサンダー320#を使い全面を荒らした

今度はインターナショナルのパーフェクション2度吹き

一昨日は3度吹きして3度目の塗装表面全体がブツブツになった

今度は吉野紙という塗料をこす専用の紙を使って吹き付け前に一度こしてみた

それは良かったのだが左舷シアー部分を7箇所も垂らした
これを磨き上げて仕上げるくらいならもう一度吹いた方が楽だ

おまけに船体を紫外線から守ると言う意味でももう一度吹こうと思っている

コメント

吹きつけ失敗

2016-07-22 05:11:57 | 日記

 

塗装用引き抜きブース前左に見えるテスト噴きのFRP板に吹き付けてから
本吹きつけをしていたが

なぜか3セット目に使ったインターナショナルの缶にツブツブが入っていたようで
表面全体の輝きが消えてしまった

大失敗の吹きつけで今から船体全体をサンディングして
マスキングをやり直し吹き直しです

塗膜の厚味は上がって良いのですが大分疲れています

成功すれば疲れも吹き飛ぶのですが・・・

コメント (1)