ヨット屋のブログです

ヨットを造ったりヨットに乗ったりします
http://ikegawa-yacht.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スライドハッチ

2016-06-30 06:47:18 | 日記

 

スライドハッチ戸袋の腐っていた部分を修理して
折れていたスライダーレールを取り替え

元通りに組み立てる前に全体を塗りかえてから組み立てる

細かい部分なので手でサンディング

サンディングついでに船体に出来た傷をエポキシパテ付けした部分も
ボードサンディング

雨が降っても工房内だから仕事は出来るがボードサンディングはきつくて続かない
右舷だけやり終えたがもう一度パテを盛らないといけない

今日は左舷をボードサンディングしよう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スタンションポスト

2016-06-29 06:52:41 | 日記

 

ヨットには船をぐるっと取り巻くようにライフラインを張って人がそう簡単には落水しないようになっています

船の周りにスタンションというステンレスの棒を立ち上げその棒の先に添わせてワイヤーを張ります

スタンションというステンレスパイプは写真の様なスタンションポストを船体に取りつけた物に差し込んで固定します

ところが時にライフラインに異常な力が加わるとスタンションが曲がったりスタンションポストが壊れたりします

「光丸」ではスタンションが曲がらないでスタンションポストが曲がっていました
ベースのステンレスが弱すぎです

ベースに厚味のあるしっかりしたステンレスを溶接しました

これは僕の「花丸」も同じです

次にスタンションに極端な力がかかればスタンションのステンレス棒が曲がると思います

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベルトサンダー

2016-06-28 07:18:18 | 日記

 

ヨット工作で使う工具はほとんどが手工具です

手工具と言っても昔の大工さんが使ったようなノミやカンナやハンマー等は使いません
ほとんどが電動工具やエアーツールです

それらの工具は日進月歩でどんどん新しくて良い物が出て来ます

ところがこの写真のベルトサンダーは改悪です
古いのが壊れて修理不可能になったので半年ほど前に新しいのを買いました

僕の使い方が他の人と違うのか顔の方に粉塵が飛んでくるのです
左手で小さい加工物を押さえて右手だけでグリップを握りこの状態でサンディングすると粉塵を浴びるのです

写真上の部分から冷却ファンで吸い込んだ空気をそのまま下に抜いていたのですが
新しい機械には集塵機のダクトが付く様になっており
ベルトの周りに出た粉塵を下に向かって飛ばさない様にしてダクト差し込み口に集める為
冷却ファンの空気はモーターの外から吸い込み口側に帰ってきます

その帰ってきた空気に混じった粉塵が顔を直撃するのです

そうならないようにヨーグルトのカップをモーター部分に被せて冷却空気を顔と反対側に抜く事にしました
上手く行ったのでこのまま使う事にします




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安居島

2016-06-27 06:31:03 | 日記

安居島

真澄人君の「diamant」で20年ぶりくらいの安居島

写真中央に桟橋があります
海から桟橋に向かって右側には郵便船が着きます
左側には何時も漁船が泊めてあるようです

と言う事で桟橋の先に横付けしました
「diamant」は21フィートなので問題ありません

その昔良く来ていた頃は人口60人とか言っていたのに
今回畑で野菜を採っている人に聞くと6人だそうです

家は50軒くらいはあります
新築に近い綺麗な家も庭は草ぼうぼうで誰も住んでいない

港は南に向けて開いており昨日はもう夏の暑さでした

近いうちに無人の島になるでしょう

安居島も瀬戸内の風待ち潮待ちの港で女郎屋があり
べっぴんさんと呼ばれる女郎さんが何十人と居たそうです

愛媛県と広島県の県境で愛媛県の島です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古い友人

2016-06-26 06:40:24 | 日記

 

3日間よく飲みました

この写真をiPad miniで写したのは大阪の児島竹子さん
写真に写っているのは熊本から来てくれた田山雅彦さん

児島さんは現在も東南アジアをヨットで航海中小休止で日本に帰っています

田山さんは古いヨットの友人で自分の木造ヨットを自作して現在も乗っています

気象庁に勤めているのでまだ長距離航海には出かけていません

今度の熊本地震ではヨットがあったので随分助かったようです
車で寝泊まりよりは何もかもそろっているヨットの方が楽に決まっています

今でも毎日のように震度3や4の余震が続いているそうです

彼らが来ている間雨で「花丸」に乗る機会はありませんでした
昨日二人とも無事に帰り着いたという電話をもらいました

今日は真澄人君の「diamant」に夫婦で乗せてもらうことになっています

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

取り外し窓枠

2016-06-24 05:57:26 | 日記

 

ハードドジャーの中央フロント窓を取り外す為に枠を取りつける

先の合板製ハードドジャーではフィックス窓だったので長方形の窓だったが

今回は下から差し込む取り外し窓にしたので窓枠のかたちは台形

これで夏の暑い時はハードドジャー中央の窓を取り外して
風を入れながら走る事が出来る

冬場や雨の日は窓を下から枠に差し込んで止めれば快適なドジャーの空間ができる

昨日から3日間 熊本と大阪のヨット関係の友人が遊びに来ている
仕事は止めにしてヨットの話しに沢山の時間を使う

それにしても熊本の地震は凄かったそうだ

僕ままだ震度7は経験したことがない
毎日のように起きる震度3や4はもう慣れっこで又かという感じだそうだ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鉄ノミ

2016-06-23 06:59:03 | 日記

 

ハーケンウインチの中央ボルトがどうやっても緩まない

外国の珍しい工具を扱っているアストロという工具やさんへ行ってきました

抜けない大きいマイナス頭のボルトを抜くには何がよいかと店員さんに尋ねると
潤滑油のもっとも浸透する物や
スプレーでボルトをマイナス16度に冷やして本体との間に隙間を作り潤滑油を浸透させるスプレーなどを見せてくれました

インパクトドライバーや最も大きいマイナスドライバー等も見て回り
ついに見つけました6角柱の鉄の先を叩いて作ったノミがありました

手をたたかないように柔らかいプラスチックのグリップとツバが付いている鉄ノミです
400円だったのでこれなら駄目でも惜しいとは思わない

買って帰って先をボルト頭のマイナス溝にぴったり入る様に削り
グリップを下げておいて6角頭に入るラチェットで左回転
やっとの事でマイナス頭の特殊ボルトを抜きウインチを分解することが出来ました

潤滑油の浸透を長時間待った事やマイナスドライバーをたたいてショックを与えたことなども抜けた原因の1つでしょう
壊れたらどうしようかと言う事も考えかけていただけに抜けてホッとした


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小物の塗り

2016-06-22 06:47:45 | 日記

 

ハードドジャーや船尾物入れハッチ
スライドハッチと戸袋カバーその他小さい物をウレタン塗装

今朝から明日の昼にかけて雨が降ると言う予報なので
腰痛予防と父に長く会っていないので一緒に温泉に行くことにした

「光丸」の方はオーナーが忙しいので浮かべるのは8月で良いそうだ

レストアも思わぬ不具合が見つかったりで当初の7月初めの仕上がりは難しい
それでもほぼ全体像が見えて来たので気が楽になった

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウインチが外れない

2016-06-21 05:30:48 | 日記

 

ウインチ台を塗りかえようとウインチを取り外しにかかった

4個あるコクピットウインチの内左前側ウインチがどうやっても外れない

潤滑油をたくさんスプレーして一夜置くことにした

おそらく一度も分解掃除をした事がなかったのだろう
どのウインチもグリス切れでベアリングが回らない物も有った

吹きつけが出来ない小さいサイズの部分は先に刷毛塗りするので
昨日はずっと小物の研きをした
ウインチベースなども吹きつけが出来ないので研いた

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コクピットと船尾物入れ

2016-06-20 05:44:36 | 日記

 

写真は17日金曜日に写したものです

週末には「花丸」に乗って遊んだり家の野暮用をこなしたりした

上の写真コクピットと船尾物入れを隔てる合板の木口が雨水を吸って変色していました

削り取って3ミリ厚味のマホガニーを張り付けました
何度も低粘度エポキシを塗ってから紫外線避けの白色ウレタンを塗ります

「花丸」も同じ事が起きていますそろそろレストアをしないといけない
それにしてもだんだんヨットに乗れる時間が短くなったなと感じる

ヨットに乗るどころか生きている残り時間が見えて来た

コメント
この記事をはてなブックマークに追加