Simple is burst

あちらとこちらをいったりきたり。。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ハリー・ポッターと死の秘宝

2007年06月23日 02時01分15秒 | Weblog

叔父叔母から虐待れていて、劣等感の塊のような人間のハリーは、
いつしか「自分は選ばれし魔法使」「両親も伝説の魔法使い」
と妄想するようになり、やがて現実と妄想の区別がつかなくなって
ホグワーツ精神病院に入院させられる。
そこで親しくなっ患者のロンやハーマイオニー達と妄想を共有し、
一緒に空想の中で大冒険を繰り広げるが、次第にロンとハーマイオニーは
これが妄想だと認識するようになり、現実世界へと戻っていく。
二人は退院した後も、いだに現実と妄想の区別がつかないハリーを
現実に引き戻そうと何度も見舞いに来て説得を試みるが、
ハリーは現実を受け入れることを拒否し、ますます妄想の世界に入っていく。
二人はハリーを現実に引き戻すことを半ばあきらめ、見舞いに来る回数も次第に減っていく。
そしてとうとう誰からも見放されたハリーは、ロンとハーマイオニーの戦いの末に死んだのだと思いこむ。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デジャヴかな

2007年06月21日 02時49分14秒 | Weblog
真夜中。
目の前には山があって、石の階段がずーーと上まで続いてる。
階段の幅は横に5mくらい。わりと広い。
とりあえずその石の階段を登ってみる。
シーンと静まり返った夜の闇に、ジリッ、ジリッと、自分の足音だけが鳴り響く。
石段にはところどころコケが生えている。
月明かりを頼りに一段一段しっかりと踏みしめる。
百段近く登ったところでふと足を止めてると、足音が増えていることに気が付いた。
ガラガラガシャガランガラガラ・・・
いや、足音じゃない。階段の上から何かが落ちてくる音だ。しかも複数。
階段の上を見上げると、20cmほどの肌色の茶筒(?)のようなものが上から転げ落ちてきて、
自分のすぐ横を通ってそのまま下へと転げ落ちていった。
まだまだ落ちてくる。今度は大量に。
ガシャンガラカラカラガシャガラガラカラ・・・
肌色・・・大小様々・・・人の顔・・・?
月明かりに薄っすらと照らされて確認できた。
落ちてきたのはバラバラに分解されたマネキンだった。
マネキンはそのまま転がり落ち、音と共に闇に消えて言った。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

RSS版ポストペットみたいな

2007年06月18日 15時23分29秒 | Weblog
役に立つかどうかは置いといて、なんか思いついたんでメモ。

名称はfeeDog。名前ありき。
エサとしてRSSフィードを喰わせれば、時々それに近いサイトのフィードを咥えて持ってくる。
飼い主がそのフィードを受け取ればシッポを振って喜び、飼い主の好みを学習する。
犬はベジタリアンではなくベイジアン。野菜を食べるかは調教次第。
首輪を付けてフィードを探す範囲を制限するのも良いし、放し飼いにするのも良い。
同じ嗜好の犬同士は惹かれやすく、他所の犬の学習情報を入手して参考にしたりする。
でも基本はソーシャルブックマークサイトから拾ってくる。
飼い主が直接そこから拾ってきたほうが早いというのが欠点。

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

短い人生でした。

2007年06月18日 00時01分29秒 | Weblog
今朝3個200円で買ったヨーグルトをさっそく食べようと蓋を開けたら、
ヨーグルト中から3cmくらいの幸の薄いお姉さんが出てきた。
「あ、はぁ…。こんにちは。私はヨーグルトの精です。」
やけにテンションが低いヨーグルトの精だった。
さすがに気味が悪いので加熱消毒するべく、
そのまま蓋を閉めて上からラップして電子レンジで2分ほど加熱した。
再び中を開けて見ると、茶碗蒸しになっていた。






寝ようと布団に入ったらどこからともなく蚊が飛んで来た。
刺されたら嫌なので体を布団の中に非難させるが、
顔だけはどうしても外に出さないと息苦しい。
で、顔を出していたら顔の回りをブンブン飛びまわってきたので、
思いっきりフッー!と息を吹きかけたらどっかに吹っ飛んでいった。
でもまたしばらくするとブンブンと顔の回りを飛び回る。
フッ―――!
外れた。
今度こそトドメをさしてやる。
思いっきり息を吸い込んだ後、肺の中を空っぽにするくらい吐き出せば、
あの憎たらしい蚊はひとたまりも無いだろう。
まさに滅びのバーストストリーム。わははははは。
思いっきり息を吸い込む。
ここで沢山吸い込めば吸い込むほど破壊力は増す。
ス――――――――――――……
これで限界か?いや、まだまだ吸い込める。
ス――――…ヒュルッ…ん゛?
蚊を飲み込んでじまっだ。
ごんなづもりは。
最悪だ…。
にがい。
ヴぇ。
あ゛
あ゛
あ゛
あ゛
あ゛ーーーー。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こちらは総集編につかいます。

2007年06月08日 22時01分29秒 | Weblog
眠れない眠れないとモヤモヤ考えているうちに、
窓の外が次第に明るくなって気が付けば朝になっていた。
どこからどこまでが眠りにつくまでの妄想で、
どこからどこまでが夢の中なのか分からない。
自分は寝たのか寝ていないのか。
たぶん寝てないと思うが、寝ていたと思いたい。
そう思い込まなきゃ精神的にキツい。

水道の蛇口から、ポタポタと水滴が落ちる。
よくみると水滴に見えたのは妖精さんだった。
6人の妖精さんは洗面台に置かれた石鹸を取り囲み、
持ち上げ、どこかへ運び出そうとしていた。
よいしょ、よいしょ・・・とリズムに合わせて石鹸が上下する。
あんまり重そうだったんで、手伝ってあげようと石鹸を持ち上げた。
すると妖精さん達はキェーーー!と金切り声を上げて、合体した。
合体した妖精さんは2mくらいの身長で、顔は力道山に似ていた。
笑ってんのか怒ってんのか分からない表情で、
妖精さんは上からこちらを見下ろし、じっと見つめてきた。
「あ、はい、これ。」石鹸を返した。
誤解を解くためにできるだけ自然に返したつもりだが、声は裏返っていた。
力道山の顔をした妖精は無言でうなずき、また6人の妖精に戻った。
7人いればちょうどキリが良いのにな・・・
ふとそう呟いた時、妖精さんが一斉に振り返り、こっちを指差した。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

MYピクチャーズにあるヨセミテ.jpgは、ヨセミテ国立公園という場所だと今検索して知った。

2007年03月25日 00時53分53秒 | Weblog
【ゆゝふ。まべす。】
強風でもひっくり返らない傘の構造を発明したら
お金になりそうだけど、めんどくさいので考えるのをやめた。
でもそこで行動に移せるような人が大物になるのだろう。
しかし自分はそれでない。

【まぬにりし、ものふくり】

森の動物達が運動会を開いた。
集まったのはタヌキ、キツネ、イヌ、ネコ、クマ、ウサギ。
その中で■■■■■■を■■■■■■ことになった。
しかし■■■には■■とは違って、■■■■■■が無い。
そこで■■■■■■ることにした。■■■■を犠牲にして。
こうして■匹の動物達は■■■■■で■■■■■■。

【まるふじ農道】

朝起きたら体中からカイワレ大根が生えていた。
これは抜いても大丈夫なのだろうか。
漫画なんかでよくある設定では、
無理やり抜いたら死に至る。それがセオリー。
でもこれは漫画では無く現実なのだから、
抜いて死ぬことは無い。じゃあ抜こう。
ベリベリベリと皮膚まで剥げた。
なんていうかゆで卵を剥いてる気分だ。
このまま全身皮をはいだら生まれ変われるような気がする。
だがそこで夢から覚めた。

【爾来木魚】

先祖代々、といえば大げさな響きだが、
少なくとも祖母の祖父の代の時には既にあった家訓みたいなのがある。
「青い地蔵に触れてはいけない」
でもうちの近所には青い地蔵どころか地蔵が無い。
昔は青いはあったのだろうか。
それとも青い地蔵とは何かの隠語だろうか。




コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

明日はXデー

2007年01月21日 19時31分17秒 | Weblog
前後上下左右が鏡の部屋にアルミホイルで体をぐるぐる巻きにして入って、
部屋の中で懐中電灯を使ってみたらどうなるんだろう。
光は閉じ込められるのだから、懐中電灯の電源をOFFにした後も明るいのだろうか。


時代は変わる
立場を変えたくなければ
自分を変えるしかない

リンスインシャンプーからリンスだけを取り出す技術は既に発明されているが、
リンスメーカーがそれを公表することを妨害しているために決して表には出てこない。
そんな陰謀論を思いついた。


君が代問題の根底は教師の反体制的気質にある。
ではなぜ教師は反体制的な気質を持つようになるのだろうか。
教師は職業柄、体制側の立場にある。
生徒から反抗され、それを押さえ込む立場。
だがその教師にも、学生時代はあった。
学生時代には今の学生がそうするように、
親や教師に全力で反抗していただろう。
「教師の言いなりになってたまるか」
そう思っていたに違いない。
しかしその学生が教師になると、反抗する標的を見失う。
それどことろか自分がその標的となる。
教師を志すもののほとんどが、
「生徒と同じ目線になれる教師になろう」
と考えていただろう。少なくとも最初のうちは。
だが現実はそう甘くない。
どうしても生徒に言うことを利かせないといけない場面はある。
反体制側 VS 体制側 、つまり生徒VS教師の
構図はなかなか避けることができない。
そこで役に立つのは、共通の敵。仮想敵国、いや自国か。
一緒になって国に反抗すれば良い。
そうすれば教師と生徒が争わなくてすむ。
生徒&教師 VS 政府
この図式が生徒と教師を結びつけるのに都合が良い。
反体制 VS 体制 はそのままで、チーム分けを変える。
これが君が代問題につながっている。



世間では次世代DVDなどと騒がれているが、円盤の時代はもうすぐ終焉を迎える。
モザイクのかかったような画質のYouTubeが大ヒットし、CDにはるかに劣る音質のiPodも大ヒット。
もし仮に、大容量高画質のビデオテープが登場しても、いちいち見るたびに
テープ巻き戻しをする生活にはいまさら戻ることはできないのと同じように、
いちいち見るたびにディスクをとっかえとっかえする時代が終わるのも時間の問題だ。
消費者は、質が飽和点まで達すると次は利便性を求めるようになる。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

新訳枕草子

2006年11月06日 02時03分32秒 | Weblog
スプリングは夜明けです。 薄いShiro山があるバーレルを振って、小さくて、紫色の雲を点灯してください。
夏は1つの夜です。 月は受け皿です。 暗い。 そして、1、および2だけなど、もっとも、輝きになってください、…、かすかに、雨のように降らすglowflyとdifferThoughは. ハエを大いに取ります。
それは秋の夕暮です。 夕日は貫かれます、そして、飛んで、急ぎさえするのは、貫かれます。ミーティング4などのように行くこと。 3、睡眠にところ、3などを鳴かせてください。 山とKonの縁の2はバーレルを嘆きます。 並んで入賞するガンのなどのバーレルは、見るのと、それはそうであり、存在のように小さくよろめくオークです。 それに日に入って、消耗していて、風の音が好きであり、昆虫に鳴くのなどにおいてあります。
それは冬に働いています。 雪のオフバーレルがある得ること。 霜に関してあるのに。白… おまけにそれはそうです。炎のなどは急がれますが、受け皿で存在、およびそれで冷たくしてください。炭広がっています。 そしてそれが昼間に生ぬるい…である。そしてそして、緩み炎、火鉢がそうである。灰を空白にしてください…




Powered by Excite翻訳


コメント (5)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

表面張力

2006年11月03日 00時28分28秒 | Weblog
嵐の前の静けさという言葉があります。
祭りの後の静けさという言葉があります。
祭りの後は、嵐が待ち構えているのでしょうか。
コーヒーの飲みすぎが体に悪いというが本当なら、飲むのを控えたいと思います。
背に腹はかえられぬ。逆もまたしかり。
この、「逆のケース」のことを考慮していない人が多いです。
香りつきの消臭剤を2つおいたら、香りをお互い吸収して相殺されるのでしょうか。
個人的見解を述べると、たぶんそうはならないと思われます。
しかしコインに裏と表があるように、宇宙にも裏と表があると私は考えます。
ゴムボールをハサミで切り裂いて分解したときの「外側」と「内側」を想像してください。
そう考えると、パンよりご飯の方が美味しいとは思えてきませんか?
それでもパンのほうが好きだと思うのなら、「京都と東京都の教頭の共闘」と
10回言ってみてください。わかりましたか?そうです。
これらに共通するのは、『曲がりにくさ』です。
光の屈折率に関係なく、風邪薬の効用は保障されます。
しかしそれは理論上に限ったことであって、実際の公式試合では偶発的な
要素が多々あるのでなかなかそうはいきません。
ガムテープの匂いは、その誤差を埋めるのに役に立ちます。
具体的な例を挙げると、1990年から1998年にかけてのまばたきの回数が
それに該当しているとも言えますが、何しろ母数が少なすぎるのでやや根拠にかけます。
少なくとも、酢豚におけるパイナップルの存在は理論を通り越して本能が許せません。
人生経験の浅い若者ならいざ知らず、中国4千年の歴史の結晶が
これなのだから、人類の文明の限界が垣間見れます。
人間なんてしょせん、猿に毛が生えた程度、いや、抜けた程度の生き物だったのです。
しかしペットボトルも捨てたもんじゃありません。
熱には弱いですが、逆にそこを利用すれば、大きな強みになるのです。
似たようなケースは、色々な分野においてもよく見られます。
数年周期でブームになっているミニ四駆が良い例です。
ケネディ大統領が暗殺されたパレードは初の日米同時生中継でしたが、
これは単なる偶然とは思えません。
恐らく、ホットのアルミ缶が少ないのは、そのためでしょう。
とはいえ技術の進歩はすさまじいものですから、
50年後にはロボットが日常の中に溶け込んでいてもおかしくはありません。
50年前、今のようなインターネットが当たり前の生活を誰が想像できたでしょうか?


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

監視禁止

2006年11月02日 23時08分37秒 | Weblog
今日も目覚まし時計は鳴りませんでした。
これで何度目でしょうか。
いい加減監視するのはやめてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ああいえば醤油

2006年11月02日 00時26分02秒 | Weblog
知らない女の人に醤油をかけられた。
ここはコンビニ、レジの前。
状況が把握できない。
いや、把握はできてる。
醤油をかけられたのだ。
把握はしている。でも理解できない。
なぜ自分が?何のために?なぜ醤油を?
着ている服が、真っ黒に染まる。まるで血だ。
何も知らない人が見たら血だと勘違いしてもおかしくない。
醤油をかけられたのに、怒る気持ちが起こらない。
そもそも自分は怒って良い立場なのだろうか。
醤油をかけられて当然のことをしたんじゃないだろうか。
しかし過去数分、数時間、数日、数週間を振り返るが、
醤油をかけられるような事をした記憶が無い。
自覚が無いのが一番厄介だ。自覚が無いから反省しようが無い。
だが、加害者に加害の自覚があろうが無かろうが、被害者は被害を自覚している。
自分は犯した過ちを反省しなければならない。
罪が消えるまで、償い続けなければならない。
許してもらえるまで、謝罪し続けなければならない。
謝罪は被害者の心を救済するためにするのか、
それとも加害者の心を救済するためにするのか。
どちらにせよ、自分にある選択肢は"謝罪"ただそれだけだ。

「申し訳ございません。一生かけて償います。」

「え・・・?あ、いやこちらこそごめんなさい・・・。服、弁償します。」

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

風が吹けば桶屋が儲かる

2006年11月01日 23時34分52秒 | Weblog
例えるならば、嫌いな食べ物を克服しようと無理やり口に突っ込んだら、
やっぱり苦手なものは苦手で、吐き出してしまった。そんな気分。
自分には、それを好き好んで食べる人がいるのを理解できない。
でもむしろ一般的には嫌いな人の方が少数派なのが現状。
だけど自分にとっては苦痛で仕方が無い。
周りから食べろ食べろと強制されているわけではないし、
みんな気を使ってくれるんだけど、やっぱり出されたものは
食べるのがマナーであって、残すわけにはいかない。
どうにかならないものか。たぶんみんなもそう思ってる。

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ユメモリー

2006年08月23日 01時14分54秒 | Weblog
昨日、いや厳密に言えば一昨日見た夢をメモ。

なにやら映画館っぽい場所。
とりあえず自分は左端に座る。
しかしよくよく考えてみると自分は出席番号で言うと中盤あたりだ。
自分の右にはマ行の苗字の人が座っている。
自分はタ行だ。マ行より右に座らなければならない。
だが必ずしも出席番号順というわけではないらしい。
マ行の右にはラ行が座っている。
少しほっとした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真夏の夜の夢?

2006年08月20日 17時38分22秒 | Weblog
暑苦しい夜、ラジオの音でふと目が覚めた。
家の中ではラジオは普段は滅多に聞かない。
もちろん昨日(もしくは今日?)もラジオなんかつけてない。
おかしいな、と思いつつ、ベッドから動くのも面倒くさいので
そのままラジオに聞き耳を立ててみると、
どうやらちょうど今番組が終わったらしい。
次の番組はなんだろうか。
それともこれが今日の最後の番組だったのだろうか。
そう考えてるうちに、ラジオから時報が鳴った。
強弱の無い無機質な音声がなにやらブツブツと喋りだした。
留守番電話サービスセンターのほうがまだ人間らしく話す。
…経…を……第……を…し……さい。
音声が終わった。
そして一瞬の静寂の後、突然お経が流れた。
急にラジオのボリュームが上がったのか、大音量でお経が流れる。
どんどん音量は上がっていく。
お経は、ラジオからではなく、頭の内側からも響いてきた。
ラジオの電源を切ろうにも、体が動かない。
悲鳴を上げようにも、口が開かない。
体に力が入らないわけじゃない。
力を入れてもびくともしない。

…そこで意識を失った。
そしてしばらくして、また目が覚めた。
今度は体が動く。
ラジオも電源はついてない。
あー。あー。あいうえお。あいうえお。
口がやや筋肉痛ぎみで引きつっているが、声は出せる。
酷く喉が渇いたので水を飲んで、そしてまた寝た。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

無題ドキュメント

2006年08月18日 03時18分41秒 | Weblog
堂島より北にあたるこの地は江戸時代は近郊農村だったが
203打数で54三振と三振の山を築き期待は裏切られた。
また馬韓人は定住民であり、穀物を植え、養蚕を行っていた。
それぞれの部族には酋長がおり、一般に、四肢、体幹の運動を
調節する機能が障害された状態を指す。
筋力が十分であるのにバランスが取れず歩けない状態や主に
プロペラ戦闘機に装備される、機関銃の射撃で自らのプロペラを
撃ち抜かないようにするための装置のみであったが、1992年より男子部も併設された。
通学範囲は北九州都市圏全域に及ぶ。地元では明治(めいじ)の略称で呼ばれており、
即席ラーメン「チキンラーメン」を開発したことで知られる。
湯の色は乳白色で、湯温は比較的高めである。
かつてはこの地に町営温泉施設が存在していたが、
2005年、旧・下関市等と合併し下関市となり、消滅した。
その透き通るような透明感あふれる演技は、
1996年キネマ旬報ベストテン第5位、ベルリン映画祭銀熊特別表彰などの
栄誉に輝く原動力となったとまでいわれた。しかしながら、
ロシア・フランス・ドイツによる所謂三国干渉によってロシアとの間に緊張が高まっていた。
具体的な攻撃目標としては武器弾薬や燃料の集積地、
あるいは鉄道や道路や飛行場、また前線へ行き来する戦闘部隊や補給部隊である。
アメリカ空軍では65歳以上の25.10%は貧困線以下の生活を送っている。
そのために、温度計や湿度計はファン付きの通風筒や百葉箱に入れられる。
日本では、原動機付自転車(原付)・普通二輪・小型特殊車両の運転免許を16歳から取得できる。
またその強い香気は洋の東西を問わず珍重され、正倉院の宝物のなかにも当時輸入された丁子がある。
近年では交通の便、立地条件の良さから、市北東部に物流拠点を築く企業も多数ある。
450年の事跡ということであるが、他に記載する古資料がないため信憑性は乏しく、
特にフェラーリのコレクターとしては世界的にも非常に有名で、3年生の時には中学生横綱となる。
近畿大学に進学し、4年生の時には全国学生相撲選手権大会で優勝を果たし
最近では高級品として広がりつつある。当時、マイケルの父はドイツの軍事工場に勤務。
1966年に、西ドイツのライニッシェ専門大学でエンジニアリングの修士号を取得した。
その後、独創的な設計の小型大衆車で、自動車の歴史に残る名車の一つと言われている。
しかし藩の主導権をめぐって藩内で喜連川騒動が発生し、最終的には1821年に漸く独立が宣言された。
従って、渋谷や池袋から直接羽田空港まで行ける訳ではない。
ベルベル語はどの国でも公用語ではないが、ヌクレアーゼの一種で、RNアーゼとも呼ばれる。
なお最近ではTYPE-MOONのゲーム「Fate/hollow ataraxia」にも妹のエウリュアレとともに登場している。
冬宮殿では一般に冬の間を過ごしたと言われ、すべての郡はアメリカ独立戦争の指導者w:John Hancockの
名を取って命名された。これらの郡は打撃技による連続攻撃のあと、取手(トゥイティ、関節技・投げ技)で
相手を押さえ込むなどの技法を、その特徴としている。
リードは成長しており、外角を中心とした組み立てをする。
オールスター出場経験あり(4回、すべて監督推薦)。あまり有名な捕手ではないが、
デファクトの音楽は、レゲエやジャズなど様々な要素を取り入れたインストゥルメンタル・サウンドであった。蛇などとも関係が深い。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加