緑の季節

編集用のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

総選挙に立候補を決意

2012年11月16日 10時01分52秒 | 解散総選挙で民主党に公認申請
衆院選挙に出馬決意                                        社会福祉法人出雲王朝総裁 佐々木信夫(ささきただお)衆議院が本日解散されます。自民党の長年の悪政に終止符を打ち、三年前の政権交代に喚起したのは、つい昨日のようです。すぐる三年間、民主党には政治的未熟や誤りも少なからずありましたが、それらは改革の過度期にはつきものの経験不十分によるものです。としても、声高で狭隘なナショナリズムに率いられる自民党の復活に手をこまねいているわけにはいきません。民主党は、死力を尽くして、政権交代の新たな道筋を民衆とともに歩むべきです。爛熟化し、幻想化した現在民主主義を蘇生させる為、民主党に課された歴史的課題は、なお多くが残されたままです。歴史的課題の中でも、たちまち明快に解決すべきは、原発問題、震災復旧の課題、消費税の問題、公務員天国を許さない問題等は、今次選挙の核心的な争点です。これらの問題の解決の為にも、民主党は政権与党として、又、政党交付金を受け取る公党としての責任からも、有権者から選択肢を奪う不戦敗は許されません。私は、民主党員ではありませんが、政権交代の為、民主党を支援した者として現下の民主党の窮状を何としても救いたいとの強い願い、又、民主党を生まれ変わらせたいとの強い決意のもとに、島根県第2区又は山口県第4区への出馬を念頭に、昨日(15日)民主党へ公認申請を行いました。公認が得られた場合には、腐り果てた現今の民主主義を破壊し、民衆の為の新たなみずみずしい民主主義を生み出す為に全力を注ぐ決意です。そして、こうした闘いの過程で、上述の目下の課題である原発問題、大震災からの復興問題、消費税問題、公務員天国を打ち破る課題等を成し遂げる決意です。 . . . 本文を読む
コメント

タイトル 有権者は弄ばれたのか(真相をえぐる。)

2012年10月20日 12時41分50秒 | 参議院補欠選挙顛末記
 参議院補欠選挙顛末記   この記事は、参議院補欠選挙準備活動の中で得た貴重な裏事情ではあ     るが、政治の表に出ない真相の一端である。  有権者の政治、政党に対する批判分析の資料提供の一助、糧とすること    を目的にして一文を残しておきたい。     . . . 本文を読む
コメント

トラックバック

2012年10月20日 12時19分38秒 | 日記
練習中です。 . . . 本文を読む
コメント

リンク

2012年10月20日 11時50分33秒 | 日記
エンジョイネットというホームページがあります。 見てみてください。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

概要分

2012年10月13日 15時24分57秒 | 日記
アイウエオ . . . 本文を読む
コメント