ゆらり ブログ!

OCNブログ人より引っ越してまいりました

クライマックスファイナル 広島対巨人5-1 貫禄のクリア

2018-10-19 23:07:24 | スポーツ
2年振りの日シリ進出です
九里も粘りの投球でしたが
6回にランナーを背負い無念の降板
今年は超人フランソワがいる
イニング跨ぎもなんのその
緒方監督も組立安いだろう
2点先取して、駄目押しの欲しい場面で
巨人坂本のエラーで試合が決まってしまう
という通常有り得ないパターンであったが
ズムスタの雰囲気も影響したかもしれない
まぁ、払い戻しなどで選手のボーナス資金が
確保できなかったが、金満球団のカープには
影響ないだろう
打って変わってパリーグは、大荒れ
凄いことになっている
西武2勝1敗で迎えた第3戦
ソフトバンク打線が猛爆して
結果は4-15
ケチョンケチョンに西武を叩きのめした
2勝2敗で6戦まで、縺れ込んだ
完全にソフトバンクの流れ
工藤監督恐るべし
日シリで戦うことになれば
苦しめられるだろう




クライマックスファイナル 広島対巨人4-1 逆転のカープ!後一勝

2018-10-18 20:48:15 | スポーツ
思いのほか田口が好投して
ジョンソンも好投したが6回に1失点
広島も田口を攻略出来ずにいたが
7ウラから畠にチェンジ
これが、この勝負を決めたということだ
8回ジョンソンが追加点を
取らせないピッチングで味方の援護を待つ
イニング跨ぎの畠が
野間、西川を仕留めて二死ランナー無し
このまま押し切られるのではないか…
展開に見えた
ここから代打攻勢、松山がフルカウントから
四球を選ぶ
代走上本がスチールを決めて
二死二塁で代打新井が
カウント2-2から
レフト線を破るツーベース
逃げ切り体制の巨人を打ち砕き
1-1の同点に追いつく
尚もチャンスが続き
二死二塁で田中が渋く四球を選ぶ
二死一二塁で、菊地がトドメの一撃
3ランを左中間スタンドに叩き込む
4-1と逆転
ツーアウトランナー無しから
この逆転劇
9回中崎がランナー2人背負うも
振り切り、王手をかけた
昨年の呪縛が一つ溶けた
明日は、リーグ3連覇を決めた
九里と今村が先発
日シリに疲れを残さないように
サクッと決めて欲しい
西武は勝って2勝一敗としていた
順当にいけば西武と当たる
実力のパ相手なんで
実力以上のセで迎いたい

クライマックスファイナル 広島対巨人6-1 まず一勝! 後、2勝

2018-10-17 23:38:25 | スポーツ
セカンドを2連勝して勢いのある巨人が
ズムスタに乗り込んできた
だが、菅野でない巨人など
いまの広島には脅威で無い
結果、誠也のツーラン、丸のソロで空中戦
出る杭は打たれると実践で魅せつけた
昨年も、初戦は勝ったが
ラミレス監督の短期決戦の神髄とばかりに
投手交代が影響したのか
いや、横浜スタジアムの雑な整備で誠也が骨折
主軸を欠いてのCSだったからだ
それが影響して、4連敗
日シリ進出を逃した
今回は違う、負ける要因がない
目的は日本一で、CSなど下して当然である
明日は、ジョンソン、田口
3タテすれば問題ないが、払い戻しが起きるので
6戦するのがベターなのだが
そんな余裕はない
日シリに向けてエネルギーを貯めないといけない
これで勝てれば、突破間違いないだろう
パリーグは、波にのり西武を10-4大差で下した
黄色信号点滅
西武はエースと投じて負けて、ソフトバンクは
3戦して、4番手投手で勝っている
試合感覚の差がもろに現れた試合と言える
仮に広島が日シリ進出して、ソフトバンクが進出して
広島が日本一になったとしても
正直、真の日本一と呼べるだろうか
巨人が逆転進出して、ソフトバンクを下して
下克上となったら業界の衰退になるのではないか
それこそ三日天下がタイトルを取るのだから
そんなことにならないように
広島対西武の日シリを観たいものである





巨人勝ったか~ その2

2018-10-15 00:09:11 | スポーツ
CSヤクルトを下し巨人ファイナル進出
菅野が完璧な投球ノーノーを決めて
宣伝効果抜群
迎える広島は、ちょっと複雑
菅野の試合は、捨てるとして
組み合わせは、大瀬良、ジョンソン、九里、野村、中村
巨人は、メルセデス、吉川、畠、今村、菅野と予想する
初戦の大瀬良が決めてになる勝てば、日シリ
負ければ、判らなくなる
緒方監督が臨機応変に采配できるかで決まる!
大瀬良は、肩を痛めている5回リミットで、継投がいいと思います
大分、野球感がずれている可能性が高いので心配だ
迎える方は、これがあるので不利に感じる
昨年、CSを逃してだけに
チームの真価が問われる
また逃すことがあると
カープの人気に陰りが出るだろう
プロ野球界は、巨人、阪神が優勝しなければ盛り上がらないので
今年でCSを決め手、日本一を奪取しなけばならない
かと言って、他チームが優勝出来るようなキャパシティーがあるとは
思えず、来年も広島かなと思っております

ズムスタ広島対ヤクルト 3-9 消化試合に尽き負け

2018-09-27 20:34:36 | スポーツ
リーグ3連覇から一夜明けた
カープのホームページも早速リニューアル
ビールかけの写真もしっかり載っけて
優勝一色

昨日の盛り上がりが嘘のように
消化試合が淡々と進む
観客もどこか静観しているような…
それもそのはず
今日のスタメンは、菊地、鈴木誠也が外れて
代わりにセカンド曽根、ファースト西川がスタメン
もろお試し
西川としては心中穏やかではないだろう
消化試合に尽きお許しくださいバージョン

先発は野村であるが、優勝も決めて
ストレスフリーでの登板のはずであるが
余裕とは違う何とも言えない感じなのか
ヤクルトに2点先行される
広島も主軸を抜いて3ウラに同点に追いつき
2-2と振り出しに戻す
安部の復帰が余裕を持たせるのか
常に三塁を意識して投げていたそれとは違う
4ウラ
會澤四球を選び、曽根ライト前ヒット、野村バスターを決める

野村としては勝ち星が欲しい時に
このスタメン…トホホな状況
特に西川…ファーストでも何かしでかすのでは…
それだけに気合の入りも他の選手とは違う
捕れるときに点を取っておかないと×がついてしまう

無死満塁、田中広輔犠牲フライで勝ち越す3-2
ヤクルト先発星からハフに交代
一死一三塁、野間見逃し三振、丸ライトフライでチェンジ
5回雄平にスリーランで3-5逆転される
川端にも打たれて、二死から4連打される
CS突破に野村が不安を残す投球
まぁ、ここだな野村は…ホームランが一番悪いときに
打たれてしまう、フィジカル面の限界かな
球威が無い分、カットボールが低めでもスタンドインされる
CSヤクルトが勝ち上がったときにどうするか
ジョンソン、九里、野村となるのか…
優先順位がどうなるのか!
5ウラ劣勢となって、二死から西川四球を選び、盗塁を決める
二死二塁で、會澤サードゴロ…チャンチャン
6回も野村続投…まぁそうだろうね
一死から、奥村に対してアッサリ四球を出してしまう
坂口の打球が右中間を抜けてしまう
3-6とさらに点差が開いた
青木にもタイムリーで、3-7堪らず緒方監督
もはや戦う状態にない見切りをつける
投手交代、ふて腐れた態度でマウンドを降りる
CSは、同じ試すなら、床田、山口あたりを選んで欲しい
野村に代わって、ヘルウェグ
セカンドゴロ、ゲッツーのチャンスだったが曽根が
お手玉、二死止まり、バレンティンをセンターフライ
チェンジで追加点には繋がらない
7回もヘルウェグだったがランナーを背負いも
2イニング無失点…使えるのか使えないのか
微妙な感じ
猛攻といきたいが
ランナー進めるも及ばず0行進
それほど先発は重要
野村は猛省せい
8回から藤井が投げるがヤクルトに捕まり
3-8結果が出せない
さらに
藤井が打ち込まれ3-9と昨日の逆をやられた
8ウラ
ヤクルトがチャンスをくれる
一死一二塁、野間ファーストゴロ
二死二三塁で丸
こうなれば個人記録狙い38号出るか
狙う気満々、大振りが目立つノーツ
セカンドゴロチェンジ
長い消化試合…まだ9ウラもある
9回客がゾロゾロ引き上げていく
藤井続投
上本セカンド、曽根がライト、野間レフト
9ウラ 6月から加入したウルキデスに交代
ボールが動く動く
松山から初球叩いてセカンドゴロ
安部も空振り三振
西川三塁線を抜けるヒット
あと守備さえよけばな~
代打小窪ショートゴロ
ゲームセット
下を見ると
巨人が負けて横浜3位に昇格していた
三位争いが凄まじい
明日は、高橋樹也とカラシティが先発