住宅設計、デザナーズ住宅、デザイン建築設計、 ジー・キューブ設計事務所

住宅設計、建築設計について思いついた事、作品紹介等を書いていきたいと思います。ご興味を持っていただけると幸いです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

デザイン住宅8-1(再)

2009年12月28日 | 住宅建築設計
この建築はレストラン併用住宅です。この写真はレストランのエントランスホールです。こういう住宅の玄関ホールがあれば夢のようですね。たまには住宅以外の建築もあったほうが楽しいと思いましてご紹介しております。吉祥寺にあるフランス料理レストランです。もともとこの地に在り、井の頭公園に面していて、かなり人気のあるレストランです。芙葉亭といいます。鉄筋コンクリート造でレストラン部分が2階で住居部分は3階です。株式会社ジー・キューブ設計事務所
コメント

デザイン住宅7-5(再)

2009年12月26日 | 住宅建築設計
G邸リビングです。正面に見える階段は左上に少し見えるロフトに上がるためのものです。ここでも以前の梁を構造体としてそのまま使用しています。梁には以前の継ぎ手に使用したのか穴が開いています。これもなかなか趣があります。ここも以前はアパート部分でした。建物はやりようによって大きく変わるものですね。株式会社ジー・キューブ設計事務所
コメント

デザイン住宅7-5(再)

2009年12月25日 | 住宅建築設計
G邸リビングです。正面に見える階段は左上に少し見えるロフトに上がるためのものです。ここでも以前の梁を構造体としてそのまま使用しています。梁には以前の継ぎ手に使用したのか穴が開いています。これもなかなか趣があります。ここも以前はアパート部分でした。建物はやりようによって大きく変わるものですね。株式会社ジー・キューブ設計事務所
コメント

デザイン住宅7-5(再)

2009年12月24日 | 住宅建築設計
G邸リビングです。正面に見える階段は左上に少し見えるロフトに上がるためのものです。ここでも以前の梁を構造体としてそのまま使用しています。梁には以前の継ぎ手に使用したのか穴が開いています。これもなかなか趣があります。ここも以前はアパート部分でした。建物はやりようによって大きく変わるものですね。株式会社ジー・キューブ設計事務所
コメント

デザイン住宅7-5(再)

2009年12月23日 | 住宅建築設計
G邸リビングです。正面に見える階段は左上に少し見えるロフトに上がるためのものです。ここでも以前の梁を構造体としてそのまま使用しています。梁には以前の継ぎ手に使用したのか穴が開いています。これもなかなか趣があります。ここも以前はアパート部分でした。建物はやりようによって大きく変わるものですね。株式会社ジー・キューブ設計事務所
コメント

デザイン住宅7-5(再)

2009年12月22日 | 住宅建築設計
G邸リビングです。正面に見える階段は左上に少し見えるロフトに上がるためのものです。ここでも以前の梁を構造体としてそのまま使用しています。梁には以前の継ぎ手に使用したのか穴が開いています。これもなかなか趣があります。ここも以前はアパート部分でした。建物はやりようによって大きく変わるものですね。株式会社ジー・キューブ設計事務所
コメント

デザイン住宅7-5(再)

2009年12月21日 | 住宅建築設計
G邸リビングです。正面に見える階段は左上に少し見えるロフトに上がるためのものです。ここでも以前の梁を構造体としてそのまま使用しています。梁には以前の継ぎ手に使用したのか穴が開いています。これもなかなか趣があります。ここも以前はアパート部分でした。建物はやりようによって大きく変わるものですね。株式会社ジー・キューブ設計事務所
コメント

デザイン住宅7-4(再)

2009年12月20日 | 住宅建築設計
G邸階段を玄関より見上げています。写真上部に曲面壁から突き出ている古木の梁は先日も紹介いたしましたが以前の梁をそのまま構造体として使いました。最初大工さんがこの階段を作るのを嫌がっていました。なんとなく気持ちはわかります。壁の柔らかさと古木そして、階段のシャープさが良いコントラストを織り成しています。株式会社ジー・キューブ設計事務所
コメント

デザイナーズ住宅7-4(再)

2009年12月19日 | 住宅建築設計
G邸階段を玄関より見上げています。写真上部に曲面壁から突き出ている古木の梁は先日も紹介いたしましたが以前の梁をそのまま構造体として使いました。最初大工さんがこの階段を作るのを嫌がっていました。なんとなく気持ちはわかります。壁の柔らかさと古木そして、階段のシャープさが良いコントラストを織り成しています。株式会社ジー・キューブ設計事務所
コメント

デザイン住宅7-4(再)

2009年12月18日 | 住宅建築設計
G邸階段を玄関より見上げています。写真上部に曲面壁から突き出ている古木の梁は先日も紹介いたしましたが以前の梁をそのまま構造体として使いました。最初大工さんがこの階段を作るのを嫌がっていました。なんとなく気持ちはわかります。壁の柔らかさと古木そして、階段のシャープさが良いコントラストを織り成しています。株式会社ジー・キューブ設計事務所
コメント