住宅設計、デザナーズ住宅、デザイン建築設計、 ジー・キューブ設計事務所

住宅設計、建築設計について思いついた事、作品紹介等を書いていきたいと思います。ご興味を持っていただけると幸いです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

デザイン住宅設計13-6

2005年09月27日 | 住宅建築設計
鶴間幼稚園ホールの入り口です。「桜ホール」という名がついていますので桜の花をモチーフにデザインしてみました。人の形にも見えます。左の上にある小さな円形の窓はボールを表現しています。子供がボールで遊んでいる姿です。子供たちはこれを見て何を感じてくれるでしょう。そえぞれの感じ方で、いいものが身につくことでしょう。株式会社ジー・キューブ設計事務所
コメント

デザイン住宅設計13-5

2005年09月20日 | 住宅建築設計
鶴間幼稚園ホールの内部です。天井高が一番高いところで6メートルほどになります。主役は4歳から6歳までの園児です。彼らにはすごく大きい空間に映ると思います。照明が一斉についた時皆の歓声が上がったと聞いています。みなに喜んでもらえる空間ができ本当にほっとしました。ここで遊び、よい感性が身についてくれることでしょう。株式会社ジー・キューブ設計事務所
コメント

デザイン住宅設計13-4

2005年09月13日 | 住宅建築設計
鶴間幼稚園の門とホールを南側から見ています。ホールのガラス窓の高さを屋根までいっぱい取っていますので、かなり明るく子供たちが内部でも外と同じ感覚で遊べます。門とホールの一体感がそこにいる人たちに無意識のうちに安定感を与えています。無意識に身につく感覚ってすごく重要な気がします。建築とはそういう役割もありますね。株式会社ジー・キューブ設計事務所
コメント

デザイン住宅設計13-3

2005年09月06日 | 住宅建築設計
前回ご紹介した壁のタイル画の詳細です。中央に少し大きいタイルが貼られています。幼稚園で焼いた陶器です。色が多少周りと違うので判ます。これは鶴が飛び立っている姿を形取っています。説明されないとないと判らないかもしれませんね。ところどころに青と藍色のタイルが貼ってありますが、全体を見ると虹の色の7色のタイルが線状に端から端までに張られています。そばを通る人の注目を浴びているようです。株式会社ジー・キューブ設計事務所
コメント