広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今回の高校選手権で活躍したOBが訪問してくれた!

2020-01-17 16:32:08 | コメント
昨晩の中学生の練習に、先日までテレビによく出て活躍した、今年大躍進した矢板中央高校(栃木)のベスト4の快進撃の原動力となった9番の左合修土(さごうしゅうと)が同期の帝京可児高校の力武太悠(りきたけたいゆ)と一緒に晴れ晴れとした顔で結果報告に来てくれました。

矢板中央は、準決勝までの快進撃を果たし、準決勝では優勝した静岡学園に0-1で敗れたものの1回戦の大分、2回戦の大手前高松(香川)、3回戦の鳳学園(石川)と3得点をしてチームの中心選手として勝利に貢献をしての大活躍をしてくれました。
チームのOBが活躍する場面をテレビで見ることができたことは大変うれしいですね。
それも左合は、左足のキック・シュートが得意でしたから良いところが大一番で発揮できたことは素晴らしいです。
小学生の時には、グランパスでプレーをして、中学生は、一宮から岐阜VAMOSに来てくれました。3年になって力のある選手でしたが、持ちすぎもあり、レギュラーでない時もあり、左サイドのDFをやったりしたこともありました。そして、遠くの栃木県の矢板中央高校へ進学して、力をつけてレギュラーポジションをつかみ取り、キープ力があり左足のシュート力を生かして活躍できたことは、本人の自信につながったことと思います。今後は日本体育大学でサッカーをするということですが、また新鮮な気持ちを忘れずに、自分におごることなく頑張ってほしいと思います。

もう一人の帝京可児高校の力武は、夏のインターハイにはレギュラーとして出場して頑張っていましたが、監督と意見が合わなくて冬の選手権には出れませんでした。出場していれば、矢板中央と2回戦で戦った可能性があったのではないかと残念です。力武は京都産業大へ進むということですが、力のある選手です、これから頑張って大活躍してほしいと思います。

今回の選手権には、愛知県代表となった愛工大名電のFW森重裕太郎(もりしげゆうたろう)もOBとして出場しました。森重は、昨年の出場前に顔を出してくれました。
そして、大阪代表の興国高校の2年生ですが、児山雄基(こやまゆうき)が、選手権の試合の時にベンチ入りして頑張っていることを初蹴りの時に教えてくれました。

ところで、初蹴りの時には、長崎の国見高校へ進んで10番をつけた3兄弟の彦坂の次男の亮太(りょうた)と3男の舜太(しゅんた)が参加してくれました。中学生チームを相手に真剣にプレーをしてくれて、現役選手にとってはいい経験となったと思います。その亮太は阪南大を今年卒業して、ヨーロッパへ行ってプレーをするそうです。
舜太は、姫路獨協大学へ行ってサッカーを頑張っていると言っていました。

VAMOSを飛び出した選手達が、全国の各地で、そして、世界で頑張っています。
OBの活躍は、現役の中学生・小学生にとっての励みになり、岐阜VAMOSのチームの活躍がOBにとっては誇らしく思うものです。
VAMOSの選手・OBの活躍を期待します。
コメント

これから始まった1年間の楽しみ!

2019-11-08 17:03:10 | コメント
私は、U-14チームを先月の10月26日から担当するようになりました。
実は、県のU-14リーグがこの11月3日から始まるということから急遽始動することとなった。
本当は、佐村スタッフを育てることから、このU-14リーグを任せたいのであるが合えてそうした。
今年のU-15チームに2年生から6人上げていたこともあり、知った選手が多くいること、1年生の時から試合観戦していたことと、早く指導して全国を狙いたいと思うからである。
岐阜県の中から今は全国を目指すチームは出ていない。
少しでも早く指導して3月までにチーム力をアップして、力をつけたいと思っている。
U-14リーグは始まったのだが、11月3日と4日に2戦をして、2戦目は、得点ができずに最後に失点して負けを味わった。
これから始まる時に、つまずいたのは痛かったのだが、お灸をすえられたと思って、気持ちを切り替えていきたいと思う。

この学年は、とにかく楽しみである。練習への取り組みが素晴らしいと思っている。
真剣に課題に対して取り組んでプレーをしている。
人(スタッフや仲間)の話を真剣に聞こうとしている。吸収しようとしている!
準備、かたずけも早い練習への環境作りもできている。

だけど、まだプレーに対して甘さがあると思っている。
自分への甘えがあり、ミスが多いことと、自分のプレーに妥協してしまう弱さががる。
ボールへの強さと意識の高さをもっとレベルアップしてほしい。
そうなれば、もっとボールへの競り合いが始まると思う。
競り合いに強くなり、身体を使うことを覚え、ボディコンタクトが強くなり、ボールコントロールがうまくなれば全国が見えると思う。

これからは、真剣さの中で、1人1人が競うように技術力を上げていってほしい。
そして、練習やゲームの中で、そのゲームの流れの中で、自分の意見や判断、状況アドバイス、流れを作るコーチングが必要。
仲間が喋れるようにしないと、これも全国はない。
選手1人1人の役割は多いと思うが、できるようになれば、これは普通のこと、自然に言葉やプレーに出ることです。
激しさの中にうまさが出てきて、敵との駆け引きと戦術ができるようにしたい。
まずは、1人1人の技術、能力を上げて、さらに特徴を出し合うことが今必要だと思う。
1つレベルが上がれば、楽しさと面白さがどんどん生まれてくると思う。

これからの楽しみとして!

1つは、誰がどのように変化して、伸びてくるのかが楽しみである
2つ目は、どんなサッカーができるようになるか、非常に楽しみである。
コメント

この夏の3泊4日の遠征経験がU-15チームを成長させてくれた

2019-09-05 16:37:47 | コメント
今年の夏も暑かった。
8月15日から18日までの3泊4日の石川県の和倉温泉と能登島で行われる。
正式名称は、BONERACUP 第3回街クラブサッカーフェスティバル㏌石川である。
全国大会に行けなくて、大きな大会として、ありがたいことに声をかけられて、今まで3回とも参加している。
チームとしては、大きな行事ではあるが、どうしても都合の悪い者も出てくる。
選手の参加者は、3年生が19人のうち4人が欠席して、15人。
2年生は、5人出席して、合計20人での4日間の大会となる。
北は、茨城県、栃木県、群馬県から、西は、福岡県までの28チームが集まった。
今回は、台風の接近があり心配されたが、たいした影響なく大会は進められた。
大会公式プログラムに、フレンドリーを2試合入れるので、暑さと時間とコンディションにけが人が出て、選手の出場時間に問題が出てくる。
夏の暑い中での、人工芝による悪影響も出てくる。足の裏が熱い、水膨れ、やけどといったことが起きる。
厄介なことに、昼食をどこで入れるかも、試合時間と暑さの中では、大切なコンディショニングである。
そして、選手1人1人にはこの大会中、試合をする以外に仕事の分担がある。
給水ボトル係10人、氷・クーラーボックス係5人、ボード・ボール・フラッグ・スコアー係5人である。
試合会場での移動と準備に、絶えず補給することが必要であることと、宿舎から歩きで会場まで搬送しなければならない。
バス代を安くするために、1日目の会場までと4日目の帰りしか使わないので、宿舎から会場までの20分間を担当分の道具を運ぶこともある。
大会が進むにつれ、コンディションが悪い選手が出てくると、試合に出れないと試合以外の仕事を進んでやることになる。
4日間13試合をしながら、チームの勝利と自分のプレーを意識してゲームに望み、試合に出場していない時には、試合に出場する選手のためにサポートをする。
20人が自分のプレーをしながら、それ以外でも、助け合いと協力することを選手自身が覚えたと思う。
今回は、選手が率先して、自分たちのために、いい準備をして、道具がなくなることもなく、しっかりやってくれました。
選手20人が、スムーズに行動できたことを嬉しく思います。
大会成績は、いい成績ではなかったけれど、チームワークをつけて帰って来たように思います。
これも素晴らしい成果だと思います。この遠征以降の公式戦は、3戦3勝、12得点1失点、得点者が7人となっています。
3年生にとっては、残りの大会は、高円宮杯となりました。
今のチームワークと個人の個性をさらに生かして、悔いのない試合をしたいと思います。
チームとして、サッカーを楽しく面白くを思い切って表現して頑張ってみよう。


コメント

今日は、「メンタル」について掘り下げると!

2019-04-25 16:33:24 | コメント
まずはパソコンから拾ったデーターからです。
前にも書きましたが、
スポーツでは、メンタルの強化も上達の重要な要素です。
練習時のパフォーマンスをどれだけ本番で出せるか、いかにプレッシャーを跳ね返すかなどが大きく成績に関わってきます。
そのために行われる訓練をメンタルトレーニングと言います。
統一された理論があるわけではなく、寺などの精神修養も同じことです。

[1日3分でメンタルを強くする方法ベスト3」という中から抜粋です。
3位 自分のメンタルをノートに書き込む (自分の弱いメンタルと向き合う)
   
   つらく、苦しい状況にある時に、その心理状態をノートに書き込みます。
   自分のノートを作ってもいいです。何かに書き出してください。
   書き込む理由は、活字にすることで自分の心理状態と冷静に向き合い、分析できるからです。
2位 感度を下げるトレーニングをする。 (メンタルを強くするための「自主トレ」)
   
   メンタルはスキルなので、トレーニングしないと身に付きません。
          (スキルとは、訓練や経験などから身につけた技能。人の力量や技術。)
   メンタルを強くするための心、精神の5つの分類すると
  1、前向きになる
  2、失敗を引きずらない
  3、受け流す
  4、感度を下げる
  5、逃げない
    「感度を下げる」とは、できるだけ感情的にならないようにトレーニングを意識して行う。
    「逃げない」が最も大切かもしれません。1~4の方法をそれぞれ身につけ、大きなことをやっていく、
    リーダーとしてやっていくうえで、最終的に「逃げないメンタルを高いレベルまで持って行きたい。
1位 支えになる言葉や音楽を持つ (最後の支えになる言葉はあるか?)
  
   メンタル・スキルをトレーニングで向上させたが、
   その時の自分のメンタル・レベルを超えた、過度のプレッシャーやストレスを受けると心がくじけそうになります。
   そんな時に支えになるものがあると役立ちます。
   座右の銘、本や雑誌で読んだ言葉、誰かが言っていた言葉、音楽もいいです。

私自身のことを今から思い出しますと、
大学時代には、練習内容や気が付いたこと思ったこと試合のことを書くノートを作っていました。
そして、自分を紹介してくれた地元の恩師になる大学のOBの方には、その時々の自分の成長や近況報告を手紙にして送っていました。
もう1つは、自分は下手だったので、チームが休みでも1人で練習をし、フィジカルトレーニングをしました。
座右の銘は、「大きく飛ぶために、後ろに下がらなければならない」でした。
社会人の永大産業チームの時には、毎日の練習メニューと指導者の言った言葉や試合でのこと心境を書いていました。

メンタルを強くするためには、人それぞれの自分に合ったやり方があると思います。
メンタルはスキル(技量・技術)です。
スキルだから自分で伸ばしていくものです。
うまくなったら必要なことです。
コメント

陸上の桐生選手から学ぶメンタルトレーニング!

2019-04-24 16:56:15 | コメント
陸上競技の100メートルで9秒台を出している
みんなの知っている桐生祥秀(きりゅうよしひで)がいる。
先日行われた22日カタールのアジア選手権に於いて、
陸上男子100メートルに優勝したというニュースが流れた。
決勝は、10秒10だそうだが、この種目で日本勢のVは初めてということである。

桐生選手は、9秒98を出したのが2017年9月9日なのだが、
今回のアジア選手権までの今までの期間、昨年はアジア大会を逃し、
2年前の世界選手権は400メートルリレーだけ。
16年オリンピックも代表落ちの屈辱味わったという。

いままで桐生選手の大舞台での勝負強さが課題だったのだが、
今まで取り組んでいなかった「メンタルトレーニング」も取り入れた結果として
今回のアジア大会の優勝につながったかもしれない。
ということである。

メンタルの強化も上達の重要な要素であると思う、
練習時のパフォーマンスをどれだけ出せるか、
いかにプレッシャーを跳ね返すかも大きく成果に関わる。

今のチームがU-14リーグで、最終戦のFC.V戦の結果では、
負けたら入替戦という時に、
相手の攻めを粘って守り、速い攻めから、先取点を奪った。
最後に追いつかれ引き分けに終わったがリーグ3位となった。
この時もメンタル面が強くなったと思う。

この前のライズとの試合は、前半は得点が4点だったが攻勢が続き、
後半楽勝ムードで入った、相手がクソ~とメンタルを高めてプレーしたことから、
ゲーム内容が逆転した。

レギュラーポジションを取られたら、ポジションを取り返そうと頑張り力以上のプレーをすることがあったり。
自分が中心選手であったら、ムードがいい時も苦しい時も先頭に立って声を出し積極的なプレーができると思う。
練習でも力を抜くことなく高いメンタルをもってトレーニングできる。
自分の体力、プレーの目標、将来の目標をもって、チームの目標に向かってプレーできると思う。
自分が、東海の中で、全国でも自分に誰にも負けない力があると自信があったら、絶対力は抜けない。

メンタルトレーニングもやろう!
コメント