銀城歌劇団楽屋日記@BUCK-TICKさん

某月某日、櫻井敦司魔王の電磁波にやられ、気づけば支持暦20年(ブランク有)の輪迦(わか)の日記です。

9・11CT@横アリライブレポ・参

2016年09月21日 22時41分41秒 | BUCK-TICKライブレポ
どもども。さて今日はNEWシングル「New World」発売日と共にBUCK-TICK29回目の記念日と言う事で少し間が空きましたが、Climax Together3rdレポもEN編で完結です!(上の写真は実は昨日、フラゲした物。大雨が降ってたけど横浜のタワレコのディスプレイがついつい気になり、フラゲしちゃいました♪後ろは特典のクリアファイルです)

EN1ではメンバー再登場後、ヒデだけがスタッフの用意した椅子に座り、アコギを構えると場内からは「おぉー!」の歓声が

その後、今井先生が即興で1フレーズ弾いたので「もしや!?」と思ったら「JUPITER」でした

この曲では舞台の真ん中だけが暗くなった上に敦だけが歌声を残して消え、代わりに歌うのはなんと!24年前のあっちゃんの影と言うサプライズ演出が!!

バックにはCT1stの伝説のOP映像が流れ、ソレが今の敦の歌と見事にシンクロしているのが凄かったと言うか今回は実写映像とバンド演奏の融合による一大スペクタクル的な演出が皆無だったのでこれはインパクトがありましたね

「無題」は好き嫌いに関係なくもはや定番となりつつあるけど、今回のバックの不気味CGはスクリーンが楕円形なのもあり、昔鳥類の図鑑で見た「卵からヒヨコが孵るまでの卵の中の様子」の写真を思いだしたぞい(特にスクリーン全体に血管が張りめぐる所とか)だけど、あの大きさではヒヨコではなくゴジラが生まれそうだが

EN1ラストはこの会場では初めての「夢魔」!この曲が出来たのは「悪魔とフロイト」の翌年だから横アリでやるのは初めてだけど客席がワイドな分、ほぼ全員が両腕を上げている光景は異様な迫力がありましたね~。バックにはLED単体の使用の十字架が輝き、このシーンだけ写真に撮って見せたら新興宗教の集会に見えそうだ。う~ん

EN2ではゆうた&今井先生がグッズTを着て現れ、スマホで客席をパチリ☆

敦は2回目の登場の際、ステージサイド席の人達に向かって「見づらくて御免なさい」なんて謝ってたけど、正直アリーナB席の私も見づらかったぞい(怒)オペラが全然役に立たないからほとんどスクリーンでのパブリックビューイング状態だったし

EN2一曲目は待望の「New World」初お披露目!だったのはいいが、Aメロのドラムンベースっぽい打ち込みの所がアニィの生ドラムと不協和音を起こしていたのがちと気になりましたなぁ・・・(スクリーンでかろうじてアニィも叩いていたのが解ったのだが、打ち込みが前に出すぎていてアニィのドラムが聞こえないのだ)来月のツアーまでには2つが違和感なく聞こえる風に工夫して欲しいな、と

二曲目の「Alice~」は明るく盛り上がる曲って事で選んだのかな?スクリーンで大きく抜かれた間奏の今井先生の朗々としたコーラスも素敵だったつーか、歌の上手い下手は関係なく堂々とやるのがいいって事よ♪

大トリはなんとなく予想していた「CLIMAX TOGETHER」!

いや~、同名の曲が出来たのは最近だから同タイトルのライブでやっと演奏できるのが嬉しかったんだろうな~。今井先生の華麗な腿上げステップも終わり近くなのにハッスル×2って感じだったし。だけど、ここでも「We love all~」の客席パートが分散しすぎて揃って聞こえなかったのが残念だったな

ラスト、メンバーが次々と退場していく中でアニィだけが一旦引っ込んだ後再登場してドラムヘッドを再び投げ入れたのにはビックリ!以前、ヘッドを札幌公演で投げ忘れ後日会報にて札幌見に行った人限定でプレゼントする企画があったが、やっぱ後々になって面倒な事はしたくなかったんだろうな・・・とりあえず、忘れないで良かったね、と

全体的なまとめはと言いますと個人的には横アリの広さを意識したパフォーマンスをもぅ少し考えてほしかったと言いますか、敦は歌詞が飛ぶのを恐れるあまりに(!?)パフォがおざなりになりほとんどマイクスタンド前で自分の顔を覆ったりする仕草に終始していたのがイマイチだったし、今井先生のステップやヒデの片腕上げる動作やゆうたのニコニコハーイwの方が全然メガ会場映えしていて良かったと思ったぞい(まぁ、あの3人はいつも通リだったのだろうけど)

結構敦はインタビューとかで自分が死んでもCDやDVDに自分の声(姿)が残るのを異常に気にする所があるみたいだが、いくらWOWOWで後日放映が決まっているとは言え、客席にマイク向けてでもいいから1万3千人の力を借りてライブを盛り上げて欲しかったッスね・・・
ジャンル:
芸能
コメント   この記事についてブログを書く
« 9・11CT@横アリライブレポ・弐 | トップ | B-Tコラボカフェと巨大看板&... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

BUCK-TICKライブレポ」カテゴリの最新記事