食育最新トレンド

食育、ロハスな出来事、食の安心安全、食糧自給率の問題、CSRなど「食と環境」を取り巻く最新記事を紹介しながら考察します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フードバンクの挑戦

2010-03-03 23:55:32 | 日記
日経3月2日より
小売業などから売れ残った食品を譲り受け市内の路上生活者支援団体などに配る活動をするのが、フードバンク。セカンドハーベストジャパン、フードバンク関西などが有名だ。活動を支えるのは主婦や定年退職者、学生らからなるボランティア。寄付や助成金でやっと成り立っており、理事長や役員も全員無給のようだ。「ある商品を買えば売り上げの一部がフードバンクに寄付される」仕組みの導入が検討されている。
コメント (5)

リンガーハット国産野菜で集客力回復

2010-02-21 00:00:14 | 日記
日経2月19日より
2008年9月「野菜国産化プロジェクト」を開始したリンガーハット。09年10月、実際に国産へ切り替えると不安を打ち消すように効果が出た。9月まで前年同月比約10%の減収が続いていた既存店は12月から増収に転じ、今年2月前半は10%超の伸びとなった。「都市部では安全への意識が高い」という。
コメント (1)

循環型の養鶏・野菜栽培

2010-02-16 23:58:06 | 日記
日経2月16日より
橘自然農園は、品質には問題ないものの、大きさや水分量が基準を満たさないだけで捨てられてしまう食品を市内の食品メーカーから安価で仕入れてエサにしている。手間暇かけて採った卵は濃厚なコクとうまみが好評。豪州の人気レストラン「bills(ビルズ)」の鎌倉市の日本1号店で使われている。
コメント (2)

農業を始めるには最低800万円の自己資金が必要

2010-02-15 23:54:33 | 日記
プレジデント2月15日より
自己資金は、例えば1年分の生活費とランニングコストに充てる500万円プラス設備投資300万円として、最低でも計800万円が必要だそうです。農業で食えるようになるには3年かかるといわれますから、できれば2年間は自己資金でやっていけるように、2000万円くらいの準備が理想とのこと。結構お金がかかるものですね。
コメント

村井弦斎の「食道楽」

2010-02-15 00:03:33 | 日記
日経2月13日より
村井弦斎は「食育」の考え方を100年以上前に啓蒙し、自らも実践した人物だ。「食道楽」という作品は、主人公の“メタボ体形”の文学士と、料理上手な友人の妹とのやり取りを軸に、食材や栄養について語るなど600余りのレシピが織り込まれ、実用書としても役に立つ本だった。彼はこの印税で平塚に大邸宅を構え、有名な料理人を雇い入れ、政財界の著名人や文化人を招いて自家製の食材を使った料理を供した。人気漫画「美味(おい)しんぼ」の原型とされる。
コメント