tontonのお弁当日記

tontonが作るお弁当。娘も息子も社会人となり家を離れ、夫と猫のはーちゃんの3人暮らし。登山とウォーキングが大好き!

鯖塩麹漬焼きのお弁当と、熊野古道中辺路1日目後半

2018-11-29 06:29:17 | お弁当と熊野古道中辺路
おはようございます

今日も気持の良い朝です。

今日のお弁当

・鯖塩麹漬焼き
・がんも煮
・しらたき+しめじ+カニカマピリ辛煮
・春菊胡麻和え
・柿なます
・きゅうり漬
・ミニトマト
・鮭ふりかけごはん
・玉ねぎ+豆腐+トマトサラダ
・ラフランス

鯖を塩麹に漬けて焼くの、大好きでして。
最近、鯖と言えば、こればっかり。

さて、熊野古道中辺路1日目の後半です。

11/23、少し遅めのお弁当を食べたtonton達、後半戦です

小判地蔵



昔、小判を加えて行き倒れた人の供養だとか。
熊野詣も、昔は命がけだったのですね。

…と、私達もがけ崩れのため迂回路を歩きます。

 

なだらかな気持の良い林道が続きます。ふ~気持いい~

 

と思ったら、すぐに下りが多くなって、

大坂本王子



さらに下って、牛馬童子口のバス停が近づいてくると紅葉が増えます。

 

バス停にある道の駅でトイレ休憩。(画像撮り忘れ
ここまで高原高原を出てから約4時間、全く民家や自動販売機はありませんでした。

疲れの見え始めたメンバーですが、っさぁもうひと踏ん張り

 

美しい紅葉の道を登ってしばらく行くと



牛馬童子像



ここは、古道沿いから少し離れて登ったたところにあるのですが、
みんななかなか登ってこない。
この牛馬童子像は、中辺路のシンボルともいえる像なのですから、
是非見て頂きたいと皆に声をかけて上がって来てもらいました。

さらに進むと…。

急に視界が広がって、近露の里



わーって歓声が上がります。
思わずセルフタイマーにして全員で記念写真を



tontonは、一番左側の水色の人です。

さぁ坂を下って、里に入ります。

 

北野橋を渡って



近露王子



この辺りは、いくつか商店や民宿が並ぶ、中辺路切手の繁華街??

 

わ~パン屋さんだって。食べたみたいなぁ…。



可愛いカフェもあります。

 



さすが和歌山、ミカンが安いっ



さぁ、里を離れますよ。何だか名残惜しいなぁ…。

 

 

ここからまた、山の中へ。もちろん登り坂。



この後がきつかった…。



画像で見ると大したこと無さそうなんですが、なかなかの急斜面。



皆さんヘロヘロ。あともうちょっと、あとちょっとで、今夜の宿いろり庵だよ。

宿まであとちょっとと思うと、なぜかテンション上がって、一人ガシガシと急登を登るtonton。

でもふと見ると、足元には小さなお花。萌え~



そしてようやく到着したいろり庵



囲炉裏端でお茶を頂いてからお部屋へ。

 

ここは一日1組限定の宿。この2部屋が何と貸切ですよ。
夫が一部屋、私達女子4人はもう一部屋。
これで気兼ねなくお喋りが楽しめるというものです。
夫も心置きなくお相撲を見れて満足満足

夕食の前に、近露の里にある温泉に、車で送迎して下さいます。

カメラも携帯も持って行かなかったので、残念ですが画像はなし。
でも素晴らしいトロッとしてお湯でした。
たまたま私達だけでのんびりお湯を楽しんで、宿に帰って、お待ちかねの夕食ー



お疲れ様~
付きだしは、全て山から採ってきた山菜や野菜など。





なんと松茸っ
もちろん国内産…というか、近くの山で採ってきたそうですよ。

そして、松茸たっぷりの松茸ご飯



奥にあるのは、めはり寿司にさんま寿司

そして今晩のメインはこちら。きのこ鍋





こんなにたくさんのキノコが入っているんですよ。
ほぼ私の知らないキノコばかり。その滋味たるや…

 

茶色の天ぷらは、むかごの天ぷらです。これ、美味しいの~

温かいお素麺に

 

大内山牧場のヨーグルト。
この牧場三重県にある牧場で三重県ではメジャーなんだそうですが、絶品過ぎて驚きました。
今度の伊勢路では、絶対ゲットしちゃう

と、こんな熊野古道中辺路の初日でした。もちろんこの後、皆さんあっという間に夢の中へ…。

お疲れ様~ でも明日はもっとハードだよ。

この日は、

滝尻王子 スタート  09:01
いろり庵(比曽原王子手前)ゴール  16:07 
所要時間 7時間6分 

距離 15.5km 標高差595m。累積標高上り1101m 下り733m

明日もお楽しみに~


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 鮭のチャンチャン焼きのお弁... | トップ | さんまのかば焼き丼のお弁当... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿