一口馬主のつれづれ日記

一口馬主の悲喜こもごもを語ります。
ほかにも小説の感想や旅先で感じたことなど、
気の向くままに・・・

球史に残る名勝負(智弁和歌山vs帝京)

2006年08月17日 | 野球
第88回全国高校野球もベスト8が出揃い、今日、準々決勝の2試合が行なわれました

その第2試合。
智弁和歌山vs帝京の試合は、球史に残る名勝負となりました。

この試合は、甲子園通算50勝(歴代2位)を挙げている智弁和歌山の高嶋監督と、同じく通算40勝(歴代4位タイ)を挙げている帝京の前田監督の「名将対決」が注目されていました。
そして、両チームとも豪打をウリにしているため打ち合いになることは予想していましたが、想像を絶するほどのすさまじい試合に。

試合は終始、智弁和歌山が優位に進め、7回まで4本のホームランで8対2とリード。
帝京も意地を見せ、8回に2ランホームランで2点を返しますが、8対4のまま9回2アウトまで追い込まれます。
しかしここから帝京は脅威の粘りを見せ、単打ばかりの5連打で見事逆転!
そして投手が気落ちしたところ、続くバッターが3ランホームランを放ち、この回一挙8点!
これで帝京は12対8と逆に4点をリードし、勝負を決定づけたと誰もが思いました。
しかししかし、本当のドラマは9回裏に待っていました。
最終回の智弁和歌山の攻撃。
ノーアウトから2人続けて塁に出ると、4番の橋本が豪快な3ランホームラン。
これで12対11と1点差。
ここで帝京ベンチは投手を交代するわけですが、もう主力投手は使い果たしてしまったので、「中学校時代に投手経験がある」という選手を登板させるなど、まさに総力戦の様相を呈してきます。
しかし、息を吹き返した智弁和歌山は攻撃の手を緩めず、タイムリーで同点とした後、なおも1アウト満塁とサヨナラのチャンス。
ここからは球場全体も1球ごとにため息や歓声があがる異様なムードに包まれ、ついにカウント2ストライク3ボールとなります。
投手としてはもうど真ん中を投げるしかないのですが、こんな状況で高校生にそれを求めるのは酷かもしれません。
結局、カウント2-3からのボールはインコース高めにはずれ、押し出しサヨナラという結末となりました。

大激戦の幕切れにしてはあっけないものでしたが、スタンドからは両チームのナインに惜しみない拍手が送られていました。

この試合で智弁和歌山が打った5本のホームランは、1試合のチームホームラン数としては大会新記録。
そしてまた帝京の2本のホームランとあわせた両チーム7本のホームランというのも、1試合のホームラン数としては大会新記録となったわけで、記録上でも球史に残る試合となったわけですが、それ以上に記憶に残る試合になったと思います。

智弁和歌山13-12帝京

智弁和歌山の準決勝の相手は、王者・駒大苫小牧。
今日の試合に負けない熱戦を期待したいものです






コメント (2)   この記事についてブログを書く
« マルセイユキャット自己記録更新 | トップ | 駒大苫小牧、またもや逆転勝利! »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見たかったです・・・ (ミモーゼ)
2006-08-17 17:28:10
久しぶりに書き込みさせていただきます。

この試合は気になっていたのですが、仕事の合間にネットで結果を見て、驚きました。ランニングスコアを見ただけでも十分に「ドラマ」が伝わってくる試合ですね。どういう経緯をたどって決着したか気になっていたので、まさに今一番欲しかった情報を読ませていただきました。

今年は、王者・駒苫も苦戦続きで混戦の様相ですね。個人的には、普通の高校の部活っぽいノリで勝ち進んでいる鹿児島工あたりを応援していますが、どのチームもいい試合を見せて欲しいですね。
いいタイミングで会社を休めました(笑) (ゆうろういんど)
2006-08-17 18:20:25
今まで数多くの高校野球の試合を見てきましたが、「すさまじさ」という点では間違いなく3本の指に入る試合だったと思います。

今年の大会は、ホームランが大会新記録となるくらい出ている一方で、「逆転勝利」とか「1点差の接戦」とかが例年以上に多いように思え、非常に見ごたえのある大会になっていると思います。

自分的には、やや早実有利かなと予想していますが、残りの試合も今日の2試合に象徴されるような熱戦を期待したいものです。

コメントを投稿

野球」カテゴリの最新記事