一口馬主のつれづれ日記

一口馬主の悲喜こもごもを語ります。
ほかにも小説の感想や旅先で感じたことなど、
気の向くままに・・・

ドバイワールドカップで日本馬がワンツーフィニッシュの快挙!

2011年03月27日 | 競馬
メイダン競馬場で行なわれたドバイワールドカップ(GⅠ・AW2000m)で、ヴィクトワールピサが優勝、そして2着にトランセンドが入り、世界最高峰のレースで日本馬がワンツーフィニッシュという快挙を成し遂げました。
競馬ファンとして、そして日本人として、これほど嬉しいことはありません。
さらには、今、日本がこういう状況なだけに、余計に嬉しくてたまりません。
被災地の現況からは決して軽々しくは言えませんが、今回の快挙は被災地の競馬ファンに少なからず勇気と希望を与えてくれたと思います。

それにしても、一昨年までのダートからAWに変わったことで、芝を主戦場にしている馬たちも確実に好勝負できるようになったのは大きいところ。
昨年、レッドディザイアが結果を出してくれたことも今年の快挙につながったと思います。
さらには、ダートホースのトランセンドが2着に好走したことで、今までのように(というか、もしかしたら今まで以上に)ダートホースも好走できる下地があることも証明されました。
AWに変わったことで、なんとなく芝馬のほうに期待するふしがあったようにも思いますが、今回のトランセンドの激走はそういう意味でも意義があったのではないかと。

昨年の凱旋門賞ではナカヤマフェスタがあわやの2着に好走しましたが、これだけ世界のビッグレースで立て続けに日本馬が活躍すれば、世界の中での日本競馬の位置づけも自ずと高まってくるでしょうし、それより何より、今後、海外のレースに挑戦する日本馬がもっと増えてくると思います。

今年のドバイワールドカップデーは、日本競馬史に大きな1ページを刻んだ日となりましたが、そんな中、現地からの映像を見ていて、日本のために涙を流していたデムーロ騎手の姿が印象的でした。

コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« レッドグルーヴァー最新情報... | トップ | レッドグルーヴァー最新情報... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

競馬」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

ヴィクトワールピサ世界制覇!ドバイWCで日本馬が1,2フィニッシュ! (日刊魔胃蹴)
世界最大級の競馬の祭典「ドバイミーティング」が、日本時間27日深夜、ドバイ(アラブ首長国連邦)のメイダン競馬場にて行われました。この祭典のメインレース、世界最高峰の国際GI競走「ドバイワールドカップ」には、昨年の年度代表馬・?ブエナビスタ、グランプリホー...
ドバイWCで日本馬ワンツー!ヴィクトワールピサとトランセンドに世界中から祝福の拍手! (マチルダベイビー!)
震災に打ちひしがれている日本人のもとに世界最高賞金レースのドバイ・ワールドカップを日本のヴィクトワールピサが制したという嬉しいニュースが届きました。