一口馬主のつれづれ日記

一口馬主の悲喜こもごもを語ります。
ほかにも小説の感想や旅先で感じたことなど、
気の向くままに・・・

20世紀少年 <第1章> 終わりの始まり

2009年02月01日 | 映画


「20世紀少年 <第1章> 終わりの始まり」Blu-ray(10%OFF)

先日、「20世紀少年」のマンガを読み終えたばかりですが、こうなると映画も見てみたくなってしまいます。
そこで、一昨日に日本テレビで放送されていた「20世紀少年 〜もう一つの第1章〜」というのを見てみたのですが、なんだかオリジナルをかなり端折っているのが見え見えで、見終わった後にものすごい消化不良感が残ってしまったため、今日、改めてTSUTAYAで第1章を借りてきて見てみました(って、かなりハマッてますよね)。

こちらを見て納得。
当然、原作と違っている箇所はあったものの、基本的には原作に忠実な作りで(セリフも原作どおりのところが結構ありました)、原作独特の世界観もかなり出せていたのではないかと思います。
キャスティングもかなり原作のイメージに近いものがあり、見ていてとくに違和感は感じませんでした(なかでもヤン坊・マー坊の子役は原作そのものでした)。
話の展開も早く、さらには映画なりのスケールもあり、トータル的に見てかなり楽しめました

こうなると、第2章も早く見たくなってしまいます。
こちらはカンナを軸にストーリーが展開されると思うので、カンナ役の平愛梨の演技力や存在感次第で映画そのものの評価が左右されそうです。

第1章の感想としてはそんな感じでしたが、一つだけ気になったことがあります。
というのも、ラストに巨大ロボットが爆発するシーンがありましたが、ちょっとあれはいくらなんでもやりすぎじゃあないかと…。
映画ということで監督も気合が入りすぎてしまったと思うのですが、あのような核兵器並みの爆発の中で、ケンヂも“ともだち”も無事だったって言っても誰も納得しないですよね~

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« レジネッタ最新情報(1/28... | トップ | ヤマジかぁ(笑) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

20世紀少年 ネタバレ (サッカー情報)
「20世紀少年 第2章」覚悟の末につかんだ大役…平愛梨 MSN産経ニュース3部作で実写映画化が進む浦沢直樹原作の人気コミックスの映画2作目「20世紀少年〈第2章〉最後の希望」(堤幸彦監督)が31日に公開される。今作では1作目のラストに登場したケンヂ(唐沢寿...