一口馬主のつれづれ日記

一口馬主の悲喜こもごもを語ります。
ほかにも小説の感想や旅先で感じたことなど、
気の向くままに・・・

リボンアート09最新情報(1/27クラブレポート)

2011年01月28日 | レッドヴェレーナ
(社台ファーム)
社台ファームでは、この時期の牝馬に関しては、調教をやり過ぎないように、細心の注意を払っているそうです。リボンアート09も、昨年暮れから、直線コースで1F17、18秒の時計を出す調教を続けていたこともあり、現在はリフレッシュ休養に入っています。リボンアート09を担当する二上氏は、現在の様子を、こうコメントしてくれました。
「休んだことで、だいぶ馬体がふっくらとしてきました。それから、背中が伸びて、お父さんのシンボリクリスエスに似てきた印象も持っています」
ダイワメジャーやダイワスカーレットといったスーパーホースを誕生させた、超名門母系を受け継ぐリボンアート09ですが、やはり、お嬢様特有の気の強さを持っているそうです。
「まだ若い牝馬ですから、しょうがないことでもあるのですが、気が強くて、カリカリした面があります。もう少し、落ち着いた、大人の女性になってくれると、さらに大きな期待が懸けられるのではないでしょうか(二上氏)」
精神的な成長が待たれるリボンアート09ですが、馬体面も、まだまだ変わっていきそうな雰囲気を醸し出しています。父シンボリクリスエスの伸びやかさが、より強調されるのか、あるいは、母系の逞しい、カチッとした感じが出てくるのか。社台ファームとしても、リボンアート09の今後の成長を、とても楽しみにしているそうです。
(1/27東京サラブレッドクラブHPより)


昨日、愛馬リボンアート09(牝2)のクラブレポートが更新されました。
こちらも順調で何より。

今は成長を促すのを主眼点にしているようで、しばらくリフレッシュ休養に入っています。
馬体の成長はもちろんですが、気性面の成長も期待したいところ。
とはいえ、まだ2歳になったばかりですから、焦ることなく、これから時間をかけてじっくりと調整していって欲しいと思います

上の写真は1月下旬に撮影されたものです。
(東京サラブレッドクラブHPより転載)


コメント   この記事についてブログを書く
« レッドディーヴァ、2/12の東... | トップ | レッドレジーナ最新情報(1/2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

レッドヴェレーナ」カテゴリの最新記事