一口馬主のつれづれ日記

一口馬主の悲喜こもごもを語ります。
ほかにも小説の感想や旅先で感じたことなど、
気の向くままに・・・

風林火山

2007年01月29日 | テレビ
今年のNHK大河ドラマ「風林火山」。
第1話からずっと見続けていますが、今週から俄然面白くなってきた気がします

大河ドラマは、とりあえず毎年見ようと試みていますが、ここ数年の中で最後まで見続けることができたのは一昨年の「義経」ぐらいで、あとは最初の数話を見て断念しています。
昨年の「功名が辻」も最初のうちは見ていましたが、信長の青年時代から舘ひろしが演じているのにドン引きした上、前年の大河を見続けた反動からか、3話まで見たところで断念
「義経」にしても後半はかなり間延びしていて見るのが辛かったため、「風林火山」には今年こそはという期待を抱かざるを得ませんでした。

そんな思いで見始めた「風林火山」でしたが、正直、最初の1~2話は、かなりビミョーな感じでした
というのも、どうしても「武田信玄」というと中井貴一が主演した武田信玄の印象が強いため、今回のキャストには違和感を感じてしまう。
その筆頭が信玄役の市川亀治郎で、ルックスにしろ甲高い声にしろ、どーにも違和感を感じてしまいます。
同じく家臣団も前作の印象がムチャクチャ強くて、甘利虎泰は本郷功次郎だろーとか(今回は竜雷太)、飯富虎昌はアタックチャンスの児玉清だろーとか(今回は金田明夫。この人だと狡猾な感じが・・・)って思ってしまうわけです。
ただ板垣信方に関しては、前作の菅原文太もかなり良かったですが、今回の千葉真一もハマっていると思います。
それと前作では宍戸錠が演じた原虎胤役を、今回は息子の宍戸開が演じているのには、NHKらしからぬ(?)遊び心があって、なかなか良いかも

そんなわけで、なんとなく見ていた気もするのですが、今回の放送で勘助が思いを寄せるミツが殺されたことで(これにはかなり意表を突かれましたが)話が一気に動き、来週以降も目が離せなくなってしまいました

先ほどネガティブなことを書いてしまった後に手のひらを返すようですが、そもそもこれまでの大河と違って主人公の山本勘助という人物に関する知識や先入観がほとんどないのも逆に楽しめるかなと思います。
それに加えて主役の内野聖陽が素晴らしい
あの存在感は他の俳優を圧倒していると思います。

今回の放送から今川義元役で谷原章介がハゲヅラをかぶって出てきてちょっと笑ってしまいましたが、それはともかく今後が楽しみです




内野聖陽主演の名作ドラマ「蝉しぐれ」のDVD

コメント (4)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« マルセイユキャット、山元T... | トップ | ヤンクミの告白(あいのり) »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
役者の声 (丹波の通りすがり)
2007-02-05 23:08:34
私も本当にそうなんですが。
戦国大名って、声を低く押し殺したイメージがありまして・・・中井信玄・反町信長とか。
でも、武田信玄の声が低く押し殺した声だったと云うのも、見ている方の先入感なので、私は気軽に見てますよ。
それに、時代劇役者や歌舞伎役者の人は、結構甲高い声の持ち主が多いんですよ。
イメージ (ゆうろういんど)
2007-02-06 00:46:53
丹波の通りすがりさん、こんばんは。

>戦国大名って、声を低く押し殺したイメージがありまして
そうなんですよね。これって先入観なんでしょうけど、実際、声が低いほうが貫禄があるようにも見えてしまうので・・・。
おまけに「武田信玄」の場合、中井貴一が演じたイメージがあるので、なおさら先入観にとらわれてしまっているのかも知れません。
でも、おそらく今の大河もずっと見続けていれば、徐々に違和感がなくなっていくんでしょうね~。
ただ、そうは言っても、まだ市川信玄には違和感を感じてしまっていますが・・・
ありがとうございます (丹波の通りすがり)
2007-02-06 13:42:48
あ~、そうですわ。
慣れと申しますか。そのドラマや役柄が、しっくり来るいうのが・・・・
「独眼竜正宗」の渡辺謙さんも子役からの交代の時は、NHKに抗議の電話が多かったらしいですね。そういう事もあるから、私も見続けてみますわ。
亀治郎さんって、香川照之のいとこなんですよね。そういえば雰囲気が似てます。
市川信玄 (ゆうろういんど)
2007-02-06 21:49:45
>「独眼竜正宗」の渡辺謙さんも子役からの交代の時は、NHKに抗議の電話が多かったらしいですね。
う~ん、やっぱりそういうものなんですかね~。
その点、今回の勘助はいきなり内野聖陽から始まっていますから、そういう意味でもすんなり入っていけました。
逆に信玄のほうは子役から始まりましたが、まだ15歳くらいのはずなのにいきなり市川亀治郎になった時には、一瞬頭が混乱してしまいました

>亀治郎さんって、香川照之のいとこなんですよね。
えっ、そうだったんですか!?
恥ずかしながら知りませんでした
言われてみると、確かに雰囲気が似てますね~

コメントを投稿

テレビ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

4 トラックバック

風林火山~第4話・ミツの死と仕官! (一言居士!スペードのAの放埓手記)
風林火山ですが、やはりミツは武田信虎に殺されてしまいます。出演者の名前が出るところで、ちょうどミツの貫地谷しほりの所で花が池に落ちるわけです。ミツは、山本勘助(内野聖陽)と最後の言葉も交わすことなく遺体での再会となってしまうのですが、もっと酷い話もある...
風林火山 復讐の鬼 (ねぇ、しょーP、こっち向いて♪)
風林火山 復讐の鬼 …光を放つ者は影を負う者が傍にいてこそ安堵して輝けるというもの…。 ミツが武田信虎に殺されてしまいました。 勘助「戦を待つのじゃ。武田の内情を探り、戦を待つのじゃ。戦になれば敵に寝返ろうとも陣中をかく乱する事もできる。戦は謀じゃ。武...
風林火山4勘助武田のスパイになる (ぱるぷんて海の家)
おおっと、始まっていきなり狂気信虎の矢がミツを襲う!! 矢が刺さる? ヤーねぇ って、 先ほどの番組笑点で林家木久蔵師匠がおっしゃってたのを思い出したり・・・。 などとアホなこと云ってるばやいではないのです。矢は摩利支天像に当たり大事はなかったが、...
風林火山 大河ドラマ (風林火山 大河ドラマ)
『風林火山』(ふうりんかざん)は、今年放送のNHK大河ドラマです。第46作。原作井上靖。脚本大森寿美男。主人公の山本勘助は内野聖陽。ここでは風林火山の情報について紹介します。風林火山のあらすじ・ネタバレ・最終回予告・最終回・予告・結末・視聴率・再放送・感想...