心の音

日々感じたこと、思ったことなど、心の中で音を奏でたことや、心に残っている言葉等を書いてみたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

京セラ名誉会長の稲盛和夫氏が説く「生き方」とは?

2005-11-03 17:49:10 | Weblog
 二つの世界的大企業、「京セラ」と「KDDI」を創業した、稲盛和夫氏の書いた「生き方」(サンマーク出版)という本を読み、とても感銘を覚えました。
 稲盛氏は、「人間が生きる意味」「人生の目的」は、「心を高めること、魂を磨くこと」にあると言います。そして、そうなるためには、「一生懸命働くこと」が最も大事で有効な方法であると指摘しています。自分がなすべき仕事に没頭し、工夫をこらし、努力を重ねていくことは、与えられた今日という一日、今という一瞬を大切に生きることにつながるので、一日一日を「ど真剣」に生きよと主張しています。
 よい心がけを忘れず、もてる能力を発揮し、つねに情熱を傾けていくことが、人生に大きな果実をもたらす秘訣であり、宇宙の意志に沿った生き方であるそうです。
 このようなことを、自分の生い立ちや、若いころの失敗、京セラでの体験などを織り交ぜながら、書いておられますので、とても説得力がありました。また自分たちの汗の結晶を、他人のために役立ててもらおうという利他の精神とその実践に心から感銘しました。
 現在は、豊かなはずなのに心が満たされなかったり、今までは想像もできなかった犯罪が起こったりする「不安の時代」ですが、この本を読み、改めて「生きる意味」や「より良い生き方」というものを考えさせられました。多くの人に是非読んでほしい本だと思いました。

 
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 福岡ソフトバンクホークス、... | トップ | 関東大学ラグビー、慶応が明... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事