blog 福祉農園通信・龍神伝心

アジアモンスーンに吹かれて
共生の農業
見沼田んぼ福祉農園 

NPO法人のらんどの田んぼ作業

2019-07-25 | 農作業

 

 【第3回 田んぼの草取りと畑の手入れ

 今年3回目の田んぼ作業。田んぼ草取りと、畑の手入れ(里芋の芽欠きや草取り)をします。 

 田んぼはまだまだ手入れの作業があります!

自分たちで手をかけたお米をいっしょに食べましょう!

【イベント概要】...  

□日時:8/3(土)9時から12時(集まりはお昼ごはんは食べずに解散します。早めに終わることもあります。)

 □集合場所:NPO法人見沼保全じゃぶじゃぶラボの田んぼ(公有地ではありません)。  □参加費:無料。

□持ち物:飲み物、着替え、帽子、日焼け止めなど外で作業するのに必要なもの

その他:泥んこになりますが、田んぼ横の水路で軽く洗えます。着替えは狭いですが、トイレでできます。トイレはアウトドア用の仮設のものがあります。

  □申し込み:のらんど事務局に8/1(木)までに連絡ください。        TEL/FAX 048-826-5770        ]

Email noland

見沼の田んぼで米作り  

広大な農地が守られている見沼田んぼ。

今では畑が多く、田んぼは6パーセント程度になりました。

見沼田んぼでは、農家やNPO法人など、農地を守る人たちが高齢化して、

農地の活用が難しくなり、耕作放棄地やその予備軍が多くなっています。

NPO法人のらんどは、見沼田んぼに関わるいろんな人や団体と協力して

農地の活用と保全の活動を行っています。  

この米づくりの活動は、

田んぼの提供や技術指導をしてくださっているNPO法人見沼保全じゃぶじゃぶラボをはじめ、

いろいろな団体と協働し、いろいろな人に米を作り見沼の環境を守る人として参加してもらいます。

みんなで米作りをして、自分たちで作った米をみんなで食べよう♪

ぜひ、あなたも参加しませんか。

 毎月第1土曜日に大勢で集まる田んぼ作業日のほか、

平日水曜日に作業ができる団体、個人を募集しています♪

参加可能な方は、nolando.minuma@gmail.comまでご連絡ください。

o.minuma@gmail.com

※原則、毎月第1土曜日に作業しています

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 7月7日は田んぼの作業をやり... | トップ | 7月27日 農園へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

農作業」カテゴリの最新記事