blog 福祉農園通信・龍神伝心

アジアモンスーンに吹かれて
共生の農業
見沼田んぼ福祉農園 

10月26日 農園会議議題

2011-10-27 | 農園作り

20111026日 農園会議議題  午後7時より南浦和ぺんぎん広場にて

報告事項

 731日 風の学校、作業安全講習会開催


84日 埼玉県庁さいたま市へサバイバルキャンプ挨拶へ

88日から14日 風の学校 サバイバルキャンプ2011開催

812日に双葉町が避難している騎西高校で、焼き鳥を焼く。

わらじの会とぺんぎん村、風の学校有志が、
福島双葉町が避難している騎西高校で交流、一緒に焼き鳥を焼く。

813日 馬糞堆肥搬入 第1農園芝生広場乾燥小屋補修完了

821日 馬糞堆肥搬入。

農業者大学校OB坂本君の紹介で群馬の農園から豚糞・鶏糞堆肥を頂く、時価20万円相当

825日 さいたま市&市民ネット運営会議 見沼クリーン大作戦、310日(日)に決まる。

910日 ぺんぎん村青空なんでも市開催。

921日 颱風15号接近。農具小屋の台の上に耕耘機や芝刈り機などを移動し対策を行った。

92425日 颱風15によりプレハブ小屋は台風の豪雨による雨漏りによる被害が出た。

他にも被害が出たため復旧作業を行う。

検討課題

見沼潅水等緊急事態に対策の検討

土作り=堆肥問題

見沼堆肥は、入荷不能のために813日搬入。8月21日豚糞、鶏糞搬入。

見沼リサイクルプラントは5月中旬から剪定材の搬入を止めている、

これはセシウム等の放射能汚染を配慮したからではないかそんな感じがする。

調査を要することだが。10月29日か30日に馬糞堆肥搬入を予定。

農機具整備

農園整備に関して

1農園

細野自治会より物置の寄贈あり第1農園プレハブ小屋に設置。

乾燥小屋の改善。旧型のこまめ F 104の置き場の整備。

支柱、マルチや寒冷紗等の農業資材を保管体制の充実。


第2農園

ハウス裏の竹小屋の修復に関して検討したい。

農園が必要とする共同性の検討。仕事・住まい・暮らし・仲間づくり。

ボランティア組織が組織した任意団体=見沼福祉農園推進協議会。

見沼田んぼ福祉農園の存続を支える仕組み作り必要になっている。

 農園現在各団体が直面している課題を共有し、農園で活動する障害のある人、ない人、

全ての人々のこれからの生活・生存をどう守っていくのか、

 協議会として、お互いの組織が直面している課題、危機を共有しながら、

農園を中心に体制を組んでいくのかを考える。

障害のある人が個人で農園にかかわるための検討を行うことを確認。

協議会団体が、純粋な農園活動だけではなく、農園をつかって、

勉強会や交流会を行い、農園を核にした新たな関係作りを行うことを検討することを確認。

安定的基盤をつくっていくための「起業」を行うことを検討することを確認。

秋の予定

見沼風の学校 農的若衆宿102930日開催

1030日 駅からハイキング再開。

農家若衆を11月中旬に開催。

11月1920日さいたま市農業祭

1123日 見沼田んぼ福祉農園 

13回収穫祭 26回見沼の新米を食べ

11月23日(水)勤労感謝の日

恒例 第26回 見沼の新米を食べる会  - blog 福祉農園通信・龍神伝心

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 10月23日とても暖かな日 | トップ | 原発いらない福島の女たち 1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

農園作り」カテゴリの最新記事