blog 福祉農園通信・龍神伝心

アジアモンスーンに吹かれて
共生の農業
見沼田んぼ福祉農園 

のらんど 農(あぐり) メールマガジン vol.76 [2019_7_13]

2019-07-18 | 共生社会のデザイン

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【告知】8/3(土)田んぼ作業やります!!参加者大募集♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【第3回 田んぼの草取りと畑の手入れ】
 今年3回目の田んぼ作業。田んぼ草取りと、畑の手入れ(里芋の芽欠きや草取り)をします。
 田んぼはまだまだ手入れの作業があります!自分たちで手をかけたお米をいっしょに食べましょう!

【イベント概要】
 □日時:8/3(土)9時から12時(集まりはお昼ごはんは食べずに解散します。早めに終わることもあります。)
 □集合場所:NPO法人見沼保全じゃぶじゃぶラボの田んぼ(公有地ではありません)。
 □参加費:無料。
 □持ち物:飲み物、着替え、帽子、日焼け止めなど外で作業するのに必要なもの
 □その他:泥んこになりますが、田んぼ横の水路で軽く洗えます。着替えは狭いですが、トイレでできます。

イレはアウトドア用の仮設のものがあります。
 □申し込み:のらんど事務局に7/31(水)までに連絡ください。
       TEL/FAX 048-826-5770
       Email nolando.minuma@gmail.com
 ※原則、毎月第1土曜日に作業しています。

■見沼の田んぼで米作り
 広大な農地が守られている見沼田んぼ。今では畑が多く、田んぼは6パーセント程度になりました。

見沼田んぼでは、農家やNPO法人など、農地を守る人たちが高齢化して、

農地の活用が難しくなり、耕作放棄地やその予備軍が多くなっています。

NPO法人のらんどは、見沼田んぼに関わるいろんな人や団体と協力して、農地の活用と保全の活動を行っています。
 この米づくりの活動は、田んぼの提供や技術指導をしてくださっているNPO法人見沼保全じゃぶじゃぶラボをはじめ、

いろいろな団体と協働し、いろいろな人に米を作り見沼の環境を守る人として参加してもらいます。

みんなで米作りをして、自分たちで作った米をみんなで食べよう♪ぜひ、あなたも参加しませんか。
 毎月第1土曜日に大勢で集まる田んぼ作業日のほか、

平日水曜日に作業ができる団体、個人を募集しています♪参加可能な方は、

nolando.minuma@gmail.comまでご連絡ください。

 この活動は「みんなの見沼田んぼ活用事業」として、

埼玉県NPO基金(キリンビール(株)埼玉支社地産地消・食育応援事業)の助成を受け実施しています。
 
【第2回の様子】
 7/6は田んぼでの草取り作業に加え、近くの畑に里芋とサツマイモを植えました。

直前まで雨の予報でしたが、なんとか曇りで持ちました。

雨が降るということだったので、小さい子どものいる家族の参加は少なかったのですが、それでも25人集まりました。

会社仲間のグループ、わかば塾のみなさん、子ども連れの家族、各国の人たち、いろんな人が集まっての作業。

収穫をしてみんなで食べることへの期待も高まります。
 とはいえ子どもたちは、草取りを早々に切り上げ、

カエルやザリガニを探す作業に夢中!年配の人たちが子どもたちに生き物の取り方を教えてくれました。
 野菜は植え時期としては遅いので、出来が心配ではありますが、野菜が育つこの時期、数日後にはもう根付いていました♪

◎前回の様子はこちらから
https://ja-jp.facebook.com/nolandominuma/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【報告】6/29(土)「農園でやってみよう」開催しました♪
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 今年もスタートしました全4回で行われる“農園でやってみよう”!

初回は『農園ハーブを使ったソーセージ作り』です。去年も好評だったので今年も開催することにしました。
 去年は猛暑、今年は小雨、と天候には恵まれない回ですが、

雨の中だからこそ楽しいかったという声も上がり、よかったです。

 事前に案内を投げていたこともあり、みなさんカッパや長靴など装備はばっちり。

途中、小雨が降りだしましたが問題なし!
 はじめはハーブの収穫から。1つずつ香りを確認しながら、なんというハーブかチェック!

知ってるにおい!」「これはちょっと苦手」「やっぱりバジルが1番」などと話しながら、

自分たちのソーセージに入れるハーブの割合を決めていきます。


 採ったハーブは洗って、小さくちぎって挽肉に混ぜていきます。

粘り気が出るまで練るのがポイント。

作業は、パルシステム埼玉から提供していただいた、キンキンに冷えた蓄冷材の上で行います。

生のお肉を恐る恐る触る姿もありました。

混ぜ終わったお肉はソーセージ用の絞り袋へ入れて、羊の腸に詰めていきます。

これがなかなか力と連携が必要な作業!

「押す人」、「抑える人」、「腸を引っ張る人」の3人掛かりで協力しながらやっていかないとうまくできないのです。

 1時間かけて作ったソーセージは茹でて焼いて、いただきます。

今日の献立は手作りソーセージ以外に、農園野菜の“ナムル”や“サラダ”と釜炊きごはん!色とりどりで夏の色です。

みんな腹ペコで、早く早くとリクエストが出ていました(笑)引き続き雨でしたが、テントの中で「いただきます!」

 おいしくいただいた後は、農園恒例の灰つけによる皿洗いと水洗い。

これまで複数回参加してくれている人も多く、もうお手のもの。スムーズに完了しました。

 こうして回数を重ねることで理解が深まることもありながら、天候は毎年毎回違います。

でもそれもまた農園の良さだなぁと思います。

面倒があることで助け合いが生まれたり、過去を振り返った時に、

“あの雨の会”というのが意外と記憶に残ったりするものですから。

 小雨の中、楽しんで参加してくれたみなさん、ありがとうございました!
 そして、明治学院大学・東京農業大学の学生ボランティア、社会人ボランティア、

パルシステム埼玉さん、および風の学校スタッフの協力により、

今回も無事に終了できました。いつもありがとうございます!これからもよろしくお願いします。

 次回は【9月8日(日)】夏野菜と流しそうめんです。お楽しみに!

※埼玉県の2019年度豊かな地域福祉づくり推進事業の補助金をいただいて開催しています。

◎イベントの様子はこちらから
https://ja-jp.facebook.com/nolandominuma/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【告知】尾間木児童センターで「藍のたたき染め」やります♪
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 8月21日に、

尾間木児童センターで子ども向けのイベント「藍のたたき染め(マイバッグづくり)」やります。

地域活動支援センター農(あぐり)のメンバーもスタッフとして行きます。
 夏ならではの藍のたたき染め。藍染めに使われる藍の葉は、夏が一番元気。

伝統的な藍染めは夏に取った葉を発酵させて濃い藍色に染まる液を作ります。
このイベントでやるのは、藍の葉をそのまま布バッグに乗せ、トンカチでたたいて、

布バッグに葉の形そのままに染め付ける「たたき染め」。

葉の形を活かし、葉によって少しずつ異なる藍の色を楽しんだり、葉を並べて好きな模様や形をつくったり。

オリジナルのバッグを作りましょう。

【イベント概要】
内 容:藍のたたき染めでマイバッグづくり(B5フラット布バッグ)
日 時:8月21日(水)14時から15時
場 所:尾間木児童センター(さいたま市緑区大間木472)
    JR浦和駅からバスで「尾間木公民館」バス停下車徒歩4分
    JR東浦和駅からバスで「尾間木北」バス停下車徒歩5分
参加費:150円
対 象:幼児、小学生、中学生(幼児は保護者同伴)
定 員:30名

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【あぐりの活動】じゃがいも・玉ねぎ、コルソ手作り市
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 6月末あたりから、雨が多くなってきました。いよいよ、梅雨本番といったところでしょうか?農園では、たくさんの雑草たちがこの雨のおかげか、伸び放題です。ネギも大きくなってきました。これから、雑草との戦いです!! 先月、じゃがいもを掘りました。毎年、この時期は玉ねぎ、じゃがいもと乾燥小屋が埋まってしまいます。今年のじゃがいもは例年よりも形が良いような気がしますが、みなさんは、どう感じたでしょうか?
 きたあかり、メークインと毎年、作っているもののほかに、珍しい品種もあります。詳しくは職員まで。販売価格については、後日、ご連絡します。お楽しみに♪
 浦和駅の近くにあるコルソにて、「コルソ手作り市」に出店してきました。にんじん、玉ねぎ、きゅうりなど、いろいろな野菜を販売してきました。

 ◎あぐりの活動の様子はこちら
 https://ameblo.jp/nolando/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【農園の様子】7月
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 7月の農園は雨ばかりです。
 雨の間隙をついて、ジャガイモの収穫をしました。全体に大きく、いい出来かなと思います。
 トマトが元気に実をつけて、美味しく赤くなっています。雨が苦手なはずなのに。

天地返しが効いたのだと思います。ナスも元気です。綺麗な実をたくさんつけています。
 雨のために少し心配なのが、スイカとネギです。

スイカは雨が多くて、花が開かず、虫も飛ばずに受粉が十分できません。

がくさり始めています。ネギは今までは、元気でしたが、最近は葉の先が枯れ始めたネギが出てきました。
 ニンジンとゴボウ、ニラを植付しました。キュウリはこれから植付します。
 ネギの土寄せをして、月末にはブロッコリ-、カリフロ-レの種蒔きをします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
#メルマガのバックナンバーはこちらから
https://ameblo.jp/nolando/entry-12456520506.html

<のらんど 農(あぐり)メールマガジン vol.76>2019.7.18
………………………………………………………………………………
□住所:〒336-0923 さいたま市緑区大間木716三上ビル101
□電話:048-826-5770(休業日:土日祝)
□お問合せ先:nolando.minuma@gmail.com
□ブログ:http://ameblo.jp/nolando/
□Facebook:https://ja-jp.facebook.com/nolandominuma/
□WEBサイト:https://nolandominuma.wixsite.com/mysite
※配信希望の方は上記アドレスに連絡をお願いします。
………………………………………………………………………………
 

コメント