blog 福祉農園通信・龍神伝心

アジアモンスーンに吹かれて
共生の農業
見沼田んぼ福祉農園 

福島の証言

2014-05-10 | 風の備忘録 
今こんな気持です。
夕べから今朝にかけて鼻血がいつもより多いですね。

何枚も写真に収めています、
美味しんぼの漫画に環境省が異常なほど反応していますが
これは彼らが福島で安心キャンペーンの嘘が
バレるために躍起になって否定をしているからです、
嘘をついていなければ漫画がどうしたと平静でいられるものです。

如何に福島は危ないかを証明しているのは今の環境省です。
ウクライナ、ベラルーシでは福島のような
高い放射性物質がある所には人は住んでいません。
県民の避難を中断させたのは県民を守らなければならない県庁です、
この非難を避けるために除染をすれば住めると言う事で収めようとしました。
しかしこの効果が出ないと住民から苦情が出た時に
中間貯蔵施設が出来ないからだとまた嘘をつきました。
それも進まないから今度は住む基準を引き上げて帰還させて
事故処理を終わらせようとしています、
この事で県民の承諾を取り付けたのでしょうか?
原発事故前の災害対策計画書には
統合対策本部がありそこで決めて対応することになっていました、
本当の事故が発生したら県は県で、国は国で決めるようにしました。
それは何を意味するかといえば被害者の町村を参加させると
事故の責任者の国と東電のシナリオが通らないと判断して
都合の悪い事は表に出さないようにしているのです。
その結果福島で囁かれる言葉は「頑張ろう、風評被害、発災」で
県民が自己責任でこの世界最大の放射の事件を小さく解決させようとされているのです、
県民の皆さんは被害者なのです、大きな損害の被害者です、
自分で想定しましょう自分の損害を、決して小さくありません。
国が賠償の範囲を決められません、公務員が個人の権利を冒してはならないのです。
侵すと犯罪になります、このため賠償のエリアを決めれる人は存在しません。
福島の人は(県外でも放射能の被害を請求出来ます)誰でもどこの人でも
被害が有れば損害請求する権利が有ります。
大事な事は事故前に人工放射能がどのくらい存在していたのか、
事故後はどのくらいになったのか。
記録は有ります知りたい方にはお知らせします。
無かった物が存在していることが精神的な損害です、
訳のわからない他人の学者がいくら安全だと言っても関係ありません。
県内では発症するとかしないとかに目を奪われていますが関係のない話です、
放射能があるために恐怖を感じればそれを他人が(行政や、
企業が)いくら安全だと言っても主体者には成れません。
美味しんぼの漫画は表現の自由です、
取材を受けた者の内容を曲げて書くのはいけません。
むしろ一般のメディアの方が
私の意見を丸めてしまい伝えたい言葉になっていないことの方が多いですよ、
私は事故当時から被曝の問題を多くの人やメディアの前で言い続けてきました、
誰も取り上げようとはしなかっただけです、そのため苦汁を飲んで悔しい気持ちでいました。
もっと早く大きな争点になっていればあのように
多くの子供の甲状腺被害を少なく出来たでしょう。
私にも甲状腺にしこりがあります。
もういい加減にしたらどうですか県庁どの、
県民の前に立ちはだかり県民の損害を妨害しない方が良いのではないですか?
今県庁が行っているのは県民の損害の請求権の妨害以外の何物で有りません。
安心キャンペーンをすぐやめて非常事態宣言を出すべきです、
国は責任者だから県民を守ることはしません。
県民の人権を守るのは県庁の仕事でしょう。
反論が有れば県庁は私に出して下さい。
コメント