権助の冒険

BlogzineからGooにやんごとなき事情により引っ越し。
これを機にブログタイトルを「権助の冒険」に変更

三索単騎(sansou-tanki)

2008-09-28 12:17:20 | 日記・エッセイ・コラム

収穫の時と言えば、その昔のTVシリーズ「ミステリゾーン」でこんなエピソードがある。
宇宙人が地球に飛来して何年か経過し、友好的な宇宙人の提案に乗って大規模な宇宙への移住が実施される。 人々は先を争って移住の資格を得ようと必死になるのだが、実は地球人を食料として母星に移送する宇宙人の戦略であった。
このエピソードのタイトルはずばり「収穫の時」
そんなのは抜きに「収穫」といえば、この風景だろうか。
Ta01 Ta02

'
'
'
'

土曜の昼下がり、知人の山小屋に出向く。
離れの建設も遅々として順調で床張り作業がまさに始まろうとしていた。
A01そして静かな静かな秋の夜。 A02 デジカメではこれ以上の撮影は無理。
三脚+マニュアル設定のシャッターならばと思うも、機動性とのトレードオフで止むなし。A03

A04_2 A05_4






↓は山小屋建設(ほんの少し上の空で手伝いをしたけれども)のながらで作成した燻製
B01 B02
この肉は豚バラで、塩やら香料に適当に漬けたのを小一時間干して燻した物で、めちゃくちゃく旨かった。
魚は虹鱒を開いて少々の塩水漬け後、干物にした奴。
川魚の開きは未だ見た事無いが、スズキ科の魚だから多分旨いだろうと試作した次第。
残念ながら満腹状態のため味見はしていない。

最後は山と蕎麦の風景。
C00 C01 D01 D02 D03 D04

おまけは「なむちゃん」。
鯵の干物の残り物の骨と頭を食う様は、幼い頃”隣家”で飼っていた「シロ」を思い出した。
幼い頃、夕食時になると我が家に来て、家族の食事を見守りながら煮魚の骨とかを喜んで食っていたっけ。
この「なむちゃん」に親近感を覚えた一瞬だった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 置いてけぼり | トップ | 祭り »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
四方山山荘です  燻製はどちらも頂きましたヨ。... (武井 龍年)
2008-09-30 19:57:59
四方山山荘です  燻製はどちらも頂きましたヨ。豚バラは薄切りにしてこんがり焼いて、パンに挟んで、、、、うまかったです。虹鱒の方はこれまた抜群でした。サクラのチップは前回のリンゴのチップより優しい香りですね。さて山小屋はいよいよ柱の建て込みに入ります。ログハウスの進捗を記録いただき有難うございます。
虹鱒は試作品でしたが、旨くて何よりです。 次回... (権助)
2008-09-30 22:21:03
虹鱒は試作品でしたが、旨くて何よりです。 次回は量産試作とします。
ログハウスはその内に組立特集をしますので、その節はご協力をお願いします。
ではまた、そうそう次は”間三索”で行きます。

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事