権助の冒険

BlogzineからGooにやんごとなき事情により引っ越し。
これを機にブログタイトルを「権助の冒険」に変更

映画「日本のいちばん長い日」と「軍閥」

2018-08-15 20:15:51 | 映画

昨年の今頃もこの映画を映画館で観ている、そして今年も見た。
今年はいろいろと感心させられた、第一にカメラ、第二に脚本、第三に役者。
もはや筋は大体覚えているのだが、アップのカットや画面の構成やセリフの間などに「はっ」とするシーンが多く、役者達も見事に応えている、やはり岡本喜八監督は名人。
今回は「激動の昭和史 軍閥」との二本立て、こちらは戦争を始めた経緯を描いたもので、「日本のいちばん長い日」に比べるとドラマが貧弱なのと臭い演出で酷い。
なお一週間程前に「日本の一番長い日(2015年版)」をTV放映してくれたので30分は我慢したがギブアップ、録画も消した。
比較の対象ですらない。
この「日本のいちばん長い日」は来年も又映画館に観に行きたいと思う。

「軍閥」
 二・二六事件が勃発してからというもの、軍部の力はますます増強していった。国外では大陸進攻、国内では統制の強化を図る中、近衛内閣を立ち上げ東条英機を陸相に就任させる。日本が戦争への道を進む中、倒れた近衛内閣に代わり東条内閣が発足、山本五十六が指揮を執る真珠湾攻撃が実行に移された。海軍報道班員として従軍した新聞記者の新井五郎は、戦地での実態が大本営発表とまったく異なることを知り、真実を国民に伝えようとするのだが…。
(出典:全洋画オンライン)

同じ様な役者陣ながら監督の力量の差らしきものが良く分かる。でも久しぶりに東宝特撮シーンを堪能できたから良し。
こういう二本立てもなかなか面白いと思う。

コメント

トコブシと梅干し(第三ロット)

2018-08-15 07:57:18 | 食・レシピ

昨日は実家から帰った義弟よりトコブシを頂く。現地ではコブクと称してサザエと並んで夏の風物詩。
かつて一緒に潜ったことがあるが、5m位の海底の大石を転がして裏についているコヤツがはがれた所を拾う。時々はアワビも採れたようだ。
なお一緒に潜っても2m位で耳が痛くなるやら息が続かずに上から底を眺めていただけ、見ていて凄いと思ったもんだった。

 
家内
の実家で採れたてを蒸して運び、それを我が家で甘辛く煮つけたもの、ともかく旨い旨いで思わずビールに手が伸びた。
なお今回、アワビは無かった。

さて梅干しの第三ロット。
本日半日ほど干して完了、もう充分だとは思うが。
 

コメント