もう、やめて…

>教育再生会議が最終報告、道徳の教科化など改めて列記

>政府の教育再生会議(野依良治座長)は31日夕、首相官邸で
>最後の総会を開き、教育再生に向けた最終報告を福田首相に提出した。

>「直ちに実施に取りかかるべき事項」としては、▽道徳の教科化
>▽小学校への理科や算数、体育などの専科教員の配置
>▽大学の全授業の30%の英語による実施――などをあげた。

>「検討を開始すべき事項」では、▽スポーツ庁の設置
>▽6・3・3・4制の弾力化▽携帯電話のフィルタリング(選別)機能
>の義務づけ――などを列挙した。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080131-OYT1T00605.htm

はっきり言って、こんなことで教育が良くなると
思う人がいたら顔を見てみたい。

全文はここにあるけど、何か、思いつきで
制度をあれこれいじってみます、みたいなのばっかりだ。

ここ数年、教育改革とか言って制度を
いじってばっかり来たけど、果たして成果が
あがっているのだろうか?

派手なことや話題になることをやって、
マスコミ向けに「仕事やってます」というポーズを
作っているだけではないのか。

もっと教育って地道なものではないのか。

そう言えば、去年もこの会議の途中の素案に対して
似たようなことを書いたんだけど、一方でその時は
学力向上に関する陰山英男氏のペーパーがすごく良いなあ、
というようなプラスの面の評価してたんだけど。

結局、制度イジリが中心になっちゃうんだよなあ。

はっきり言って、人選が悪すぎるよ。
こんなんじゃ、現場は混乱するばっかりだろう。

で、よせばいいのに今度はこんなのを作るそうだ。

>教育改革推進へ新機関 首相表明、2月下旬に設置
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008013101000937.html?ref=rank

>再生会議は総会で、これまでの3次にわたる提言実施を促す
>新機関を内閣に置くよう求める最終報告を決定し、首相に提出。
>これを受け首相は「内閣として教育問題に引き続き真摯に
>取り組む」との考えを示した。

あーあ、って感じだな。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

統計のウソ?

>理系高3の数学力、30年前よりアップ
 
>子どもの理数離れが懸念されているなか、理系高校生の
>数学力はおよそ30年前よりも上がっていることが、
>東京理科大学数学教育研究所が1万人を対象に行った
>学力調査で判明した。

>理科大への進学者が多い高校580校から任意に選び、
>調査協力を呼びかけた。2005年から3年間実施し、
>31都道府県からのべ146校が参加。「数学3」と
>「数学C」を履修している高校3年生に問題を出した。
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080128-OYT1T00689.htm

これ、ほんまかいな?

なんか、統計のウソがあるような気がするなあ。

日本の高校は5000校くらいあるらしいが、
「理科大への進学者の多い高校580校」と言えば、
おおむね、上位1割くらいの高校が該当するのだろう。
(御三家、国立レベルでは逆に少ないのだろうが)

30年前との学力比較を、もし同じ高校同志を
対象として行って、「学力が上がった」というのであれば
別の原因が考えられるんじゃないかと思う。

一つは、昨今の学区の拡大や総合選抜の廃止による
上位校への優秀な生徒の集中。

もう一つは、内申より学力を優先する制度の広がりにより、
学力は優秀だが先生へのゴマすりが下手な生徒が
上位校への進学を阻まれるケースが減ってきていること。

それによって、上位1割の高校だけでサンプルを
取れば、学力が上がっているように見える、という
ことなんじゃないのかなあ。

実際、こんな統計もあるみたいだし。
こっちの方が個人的なイメージには近いんだけど。


P.S.
どうでもいいけど、筑駒から理科大への進学者って
「ゼロ」なんだね。ちょっとびっくり。
http://www.komaba-s.tsukuba.ac.jp/official/sinngaku.htm
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

与党、全面支持

>与党、つなぎ法案提出
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080129AT3S2902M29012008.html

今回ばかりは与党全面支持だ。

そもそも、ガソリン税の引き下げ自体がふざけている
だけじゃなく、ワザと参議院の審議を引き延ばして
4月に大混乱を起こすことで、存在感を示そうなとという
野党のやり方はあまりにも無茶苦茶だ。

ここはしっかりつなぎ法案を通しておくのが、
責任ある与党というものだろう。

今回に対応に対しては高い敬意を示したい。

ただ、問題はこの手法は来年までしか使えないと
いうことだ。

与党が衆議院で3分の2を失い、衆議院での再議決が
できなくなれば、本当に大混乱がおきかねない。

今後、衆参の与野党のネジレが当然となるのであれば、
日切れ法案の類は早急に恒久化して、
混乱の芽を摘んでおく必要があるだろう。

今年の予算関連法案はすでに提出してしまったようだが、
来年の予算編成に向けてしっかり準備して欲しい。

ともあれ、インチキ改革の連鎖を止めるためには
やむを得なかったとは言え、副作用はそれなりに
大きいなあ、とは思わざるを得ない。

しかし、一方で政治のスピード感はこのくらいが
丁度いいかな、とも思っている。

政治家があまり余計な制度イジリをすることなく、
経常的な国家運営にアップアップしているくらいが
市場経済の健全は発展には一番好ましいのでは
ないだろうか。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「給与カット」で良いのか?

>橋下氏「府債発行認めない」 人件費カットの可能性も
 
>府は今年度の3兆2600億円の歳入のうち、2300億円を
>府債発行でまかなっている。来年度以降も1700億円の
>発行を見込む方針。

>ただ、橋下氏は歳出削減ができなければ「人件費を削って
>もらうしかない」と職員給与のカットに踏み切る考えも示した。

(略)

>橋下氏はこうした財政再建策について「それを言い続けて
>選挙に通った。職員も選挙の重さを感じてもらわないといけない」
>と強調。マニフェストに掲げた出産・子育て支援策などは
>「もちろんやる。足りなければ人件費を削ってもらう。
>それが選挙だ」と語った。
http://www.asahi.com/politics/update/0128/OSK200801280051.html

夕張の時も書いたけど、財源が足りないから人件費けずる、
ってのは、財源が余ったら人件費を増やす、ってことの
裏返しではないのか?

じゃあ、たまたま富裕層が多い地域で財政の豊かな
自治体があったら、高い給料を払うべきなのか?

私はそうは思わない。

儲けることを目的とする事業なら民営化すれば良い訳で、
そうじゃない仕事をするために自治体というものが
あるのだろう。

この人、何か勘違いをしていないか?

もう一つ言えば、民間企業だってちょっとやそっと苦しい
くらいじゃ、人件費は削らない。

簡単に給料を削られる会社だという評判が立てば、
優秀な人材が来てくれなくなるから。

今回、橋下氏が本当に給与カットに踏み切った場合、
2つの問題が予想される。

一つは、当然、大阪府庁に優秀な人が来てくれなく
なること。

そして、もう一つは大阪府ですら給料をカットした
ということで、これまで評判を気にして
頑張って給料だけはちゃんと払っていた企業が、
大阪府に倣って従業員の給料のカットを始めること。

特に2番目が始まったら、
またしても大デフレスパイラルが起こるぞ。

公務員なんて酷い目に逢えばいいと思って
拍手喝采している人がいるとしたら、
ちょっと考え直した方がいいと思うよ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

人の人格を否定する言葉

>どうなる大阪府庁 職員戦々恐々

>橋下さんの当選で、大阪府に故横山ノック知事に続く
>タレント知事が誕生することになった。ただ、60歳を
>過ぎて知事になったノック氏と違い、全国最年少の30代後半。
>ノック氏は府職員の人望が厚く、自らは「素人」として実務は任せ、
>広告塔の役割に徹した。

>若い橋下さんがどう職員を指揮していくか不透明だが、
>「職員に汗をかいてもらう」「役人をけちらす」などと
>発言しており、府職員は戦々恐々としている。
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/080127/lcl0801272154005-n1.htm

他の候補がしょぼすぎたのと、あとテレビの力なんだろうな。
まあ、知事になった以上はしっかりやって欲しいけど。

でも、この記事を読んでて気になったのが
「役人をけちらす」という発言。

全員、悪い奴ばかりじゃないだろうに、
なんでこういう頭ごなしに人の人格を否定するような
言葉を使うのかなあ。

私だったら「府庁にも真面目にやってる人はたくさん
いるはずだがら、そういう人達と一緒に府庁の問題を
正して行きたい」みたいな言い方をすると思う。

もちろん、自治労の強い職場での慣行には
酷いものがたくさんあるだろうし、
そういうのは当然、正していくべきだと思うけど、
そのために大事なのは府庁内の良識派のモラールを高め、
味方につけることだと思うけど。

劇場政治全盛の中で穏当な言葉じゃ票が取れない
世の中になっているとしたら悲しいことだね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

あなたが幕末の志士だったら

今日は、ちょっと雑談です。

ネット上のはやり物にはついつい乗ってしまうのですが。

>あなたが幕末の志士だったら
http://www.fideli.com/check/

結果は「徳川慶喜」だそうです。

>超現実主義で超常識人。正しいと思えば、逆境でも
>それを貫くことの出来る才能と行動力がありますが、
>その行動があまりにも突飛だと、人から正しく
>理解されないこともあります。

>その物事を客観的にとらえる冷静な目は、
>重要な局面で大いに発揮するでしょう。柔和な考えを持ち、
>周囲と協力して物事に取り組みましょう。

「徳川慶喜」ってのはちょっと意外でしたが、
コメント的にはわりと嬉しいかな、と。

「徳川慶喜」は一般的に言われる「志士」のカテゴリーとは
ちょっと違う気もしますが、あの時代の
いわゆる「志士」ってのは昨今の「改革バカ」と似て、
時流に迎合的で芯が無い人が多いような気がするので、
そういう人達が出なかったのは、よかったなと思います。

ついでに言えば、これまでの例を見ると
当ブログの主張はだいたい世の中で
敗れ去ることになっているのですが、
そういう意味でも負け戦を戦わなければならなかった
「徳川慶喜」とは通じるものがあるなあ、と思ったりして。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 1 )

これのどこが問題なんだ?

>道路財源で宿舎建設 適正な支出と国交次官

>国土交通省の峰久幸義事務次官は24日の記者会見で、
>揮発油税などを原資とする道路特定財源の一部を
>同省職員の宿舎建設費やレクリエーション用の野球の
>グラブなどの購入費に充てていたことを明らかにした上で、
>「法律に基づいた適正な支出」と説明した。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008012401000640.html

なんか、また訳の解らない方向に話が飛んでるな。

これのどこが問題なんだよ。

国家公務員に全国規模の転勤がある以上、一定数の
官舎は必要なんだから、それを一般財源ではなくて、
道路特定財源から出してくれてるなら、
一般の納税者にとってはむしろフェーバーな話じゃないか。

レクリエーション費だって、たいていの職場には
あるだろう。社会通念上過大でない限り、
そんなに目くじらを立てる話か?

なんか、ピントがずれ過ぎ。

そもそも一般財源化を主張している立場からすれば、
狭い意味での道路建設費から、関連する行政費用に
使途を拡大してきたことは高く評価したいし、
これをもっともっと押し進めて欲しい。

もちろん、ゆくゆくは完全に一般財源化した上で
赤字国債の圧縮などの本当に優先度の高い目的で
使用してもらえるようになるのが一番良いのだが。

残念ながら、今はそういう主張を代弁してくれる
政治勢力が無いから、すぐには難しいだろうけどね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

こういう時は地道が「吉」

やっぱり、こういう時は福田は安定感があっていいな。

小泉あたりだと、株が下がると「株価対策」とか言って
ますます株を叩き落とすようなことをやってたからな。

小渕なんかだと、後先考えずに財政ばら撒いてたし。

まあ、自民党の「若手」とやらがギャーコラ言ってるようだが、
とにかく、こういう時は、済々と予算をやること、
あと、ちゃんとした日銀総裁を決めることなど、
やるべきことを地道にやっていくのが「吉」。

それにしても民主党は未だに武藤氏の日銀総裁就任に
難色を示してるのかね。

ずっと、ドラめもん氏の所とかで、いろいろ発言を
見てきたけど、武藤氏ほど非の打ち所の無い人はいないぞ。
福井とは月とスッポンほど違う。

それを、民主党の自慰行為に等しい「反官僚」ポーズの
ために日銀総裁として使わないのは国家的損失だろう。

民主党のせいで、またしても日銀出身の総裁が続いたら
目も当てられない。それもこの難しいときに。

この際、3分の2条項を使って日銀法改正して、
衆議院の優越を決めちゃったらいいのに。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

これは、すごすぎる!

まあ、ちょっと読んでみてくださいな。

>日刊工業新聞の社説を読んだか!
http://d.hatena.ne.jp/kechack/20080123

世の中、酷いマスコミは多いが、ここまでくると
ワザとウケを狙ってるんじゃないかとしか思えない。

多くは語るまい。

読んで、そして脱力して下さい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

まともな中央銀行がうらやましい

>米、0.75%の緊急利下げ・FF金利3.5%、景気悪化に歯止め
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080122AT3K2200S22012008.html

やっぱ、まともな中央銀行を持っている国が
うらやましいよ。

前に「彼我の違い」と題して書いた通り、
日本じゃバブル崩壊のさなかで、
日銀は逆に利上げに動いてたんだから。

平成1年 10/11  3.75
     12/25  4.25←この直後の12末が株価最高値

平成2年 *3/20  5.25
     *8/30  6.00

平成3年 *7/*1  5.50←バブル崩壊開始1年半でやっと利下げ
     11/14  5.00 
     12/30  4.50
http://www.boj.or.jp/type/stat/boj_stat/discount.htm

今回はFRBがこれだけ本気で支えにいったら、
意外と早く、サブプライム問題も落ち着くんじゃないかな?

そうなると、日本のバブル崩壊は人災だったとことが、
いよいよ証明されることになるだろうね。

そういえば、これも今日だったっけ。

>日銀、政策金利据え置き・景気情勢を慎重に見極め
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20080122AT2C2200N22012008.html

これほどまでの危機感のコントラストには
溜息をつくしかないけど。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ガソリン税は何%が適当か?

私はガソリン税の引き下げには反対であり、
前に、こう書いた

>全体の税収が厳しい中で、ガソリン税というのは
>自動車交通量の削減にも繋がる一石二兆の財源であり、
>絶対、維持すべき税金なのに。

じゃあ、極論を言えば、自動車の交通量をもっと
削減するために「増税」もあり、なのか?

さらに言えば、誰も自動車に乗れないくらいに
税金を高くすれば、確かに環境にはいいよね。
でも、そこまでやったら、
きっと、経済がボロボロになってしまうだろう。

結局、ガソリンの税率って本当はどのくらいが
丁度いいのだろうか?

個人的なザックリしたイメージで言えば、
一般的な利用者にとって自家用車と公共交通機関の
コストベネフィットが、ある程度釣り合う
あたり、と思っている。

まあ、都会と地方でも違うので
一概には言えないが、公共交通機関が
あちこちでバタバタと絶命している現状を見ると、
むしろ、今はちょっと安いのかな、とも思う。

自動車の社会的なコストというのは
決して道路建設のコストだけではなくて、
交通警察のコストや交通事故によるコスト、
また、大気汚染等によるコストもあるわけで、
やはり、公共交通機関より相当高いはずだ。

そういうコストはガソリン等に税金として
賦課して調整しないと、本来それらを勘案すれば
成り立っていたはずの公共交通機関が
生き残れなくなり、社会の効率を損ねることになる。

じゃあ、そういうことを勘案すれば税率は何%が
適切なのか、と言われると、具体的な数字を
持っている訳ではない。

でも、税率を決めるときは、そういうことに
十分に目を配って考えて欲しいということだ。

単に安ければいいだろうという安易な考え方には
絶対に反対である。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )

再度「消費者庁」について

先週、ちょっと書いた「消費者庁」の話。

考えれば考えるほど、筋が悪いなあ、と思えて
仕方が無い。

インチキ改革の連発で社会が荒れてて、
これからしばらくは「安心」がキーワードになって
くるだろうという、見立て自体は悪くないと思う。

だけど、それに対する答えが「消費者庁」ってのは
ちょっと違うんじゃないの、と。

昨今の消費者がらみの「不安」のネタってのは、
別に最近、事態が悪くなった訳じゃなくて、
昔からそれなりにあるけど、
それがマスコミに針小棒大に取り上げられ、
不安や恐怖が煽られるようになったものが大半だと思う。

もちろん、それらがいいとは言わないが、
マスコミに煽られることによって、
1の不安が10にも100にもなっているのが
現状だろう。

そんな状況で「消費者庁」を作ったらどうなるのか?

出来た以上は存在感を見せなきゃということで、
「消費者庁」があっちでもこっちでも、
重箱の隅を突いて、偽装だ、虚偽表示だ、とやって、
マスコミがそれに呼応して大騒ぎを始めたら、
国民の不安の解消どころか、収拾の付かない事態に
なりかねない。

今、政府が考えるべきは、1の問題を
1のまま処理するにはどうしたらいいかと
いうことだと思う。

そして、それが出来るようになれば
国民は安心し、世相は安定してくるだろう。

為政者として目指すべきはそういう方向ではないのか。

いたずらに火に油を注ぐことになりかねない
「消費者庁」の設立は、国民に「安心」をもたらすのとは
反対の方向に作用するような気がしてならない。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

代理出産のこと

>代理出産「新法で禁止」 処罰は営利限定に
http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2008011702079995.html

私の場合、世の中の大卒者の中では
比較的早い時期に子供を持つことができた。

じゃあ、もし私か妻に何か身体的な問題があって、
そのままでは子供を持てない状況だったとしたら
どうしていただろう?

多分、できることは全てやってでも、
子供を持とうとしていたのではないかと思うのだ。

何か、2ちゃんねるあたりを見ると、
そういう人は子供を「諦めろ」みたいな意見が
主流のようだ。

だけど、本人からしたらそう簡単に諦められる
ものでは無いと思う。誰だって「こういう家庭を
持ちたい」という希望はあるだろうから。

あそこで「諦めろ」などと言っている人達は、
もし、自分がその立場になったとしたら、
子供を持てないという運命を、それと戦うこともなく
済々と受け入れるのだろうか?

私には、それはできないと思う。

人間として不自然なことはやるべきではないと
いう考えの人が、それを実践するのは自由だ。

だけど、それを他人に押し付けて、
その人の道を塞ぐことには慎重であるべきだと思う。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

諦めモードに付け込んで

>衆院岐阜1区は野田元郵政相=刺客・佐藤氏に転出要請へ-自民
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080118-00000171-jij-pol

一つの時代の転換点なんだろうね。

別に佐藤ゆかり自体はどうでもいいんだけど。
もともと日銀に行った水野なんとかの下で
トンデモレポート書いてた人だからね。

でも、ここで野田を選んだってことは、
あの郵政選挙は何だったんだってことに
どうしてもならざるを得ない。

まあ、ある意味、郵政族の象徴だからね。

私自身は自民党が「改革」と称してやったことの中で
郵政民営化だけは高く評価している。

というか、本来、そういう政府が余計なことをやって
無駄な税金を使ったり(税金の免除も同じ)、
市場を歪めたりしている部分を解消していくのが
「構造改革」だと思ってたんだけど。

でも、実際は郵政民営化を除けば、あとは
「改革」と称して民間に介入して銀行や企業を潰して回ったり、
単なる公務員イジメみたいなことをやったりして、
日本の良質な部分をぶち壊してただけなんだよね。

で、結局は痛みばっかりで、
国民が「もう、改革は結構」ってなっちゃった。

「改革」がダメなんじゃなくて、ダメな「改革」ばっかり
やってたのがダメだったんだと思うんだけど。

だけど、今のマスコミ迎合が最優先の政治を見てると、
「改革」って言っても、どうせまたダメな「改革」の方に
行くことは目に見えてるから、そんなんだったら
現状維持の方がまだいいや、って私も思うけどね。

でも、そういう諦めモードに付け込んで、
野田を持ってくるってのは、
ちょっとケンカ売ってんじゃないの?
と思わなくもない。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ゴミ政治家の宴

>「チーム安倍」再始動?秘密会合をキャッチ

>安倍前総理大臣が、渡辺行革担当大臣や塩崎元官房長官らと
>14日夜に秘密会合を開き、自民党の世代交代の必要性などで
>一致しました。会合には、自民党の菅選対副委員長も出席しました。
>出席者によると、経済をはじめとする今の福田政権の
>政策について、「役人の意見に乗りすぎだ」などと批判が
>相次いだということです。福田政権の現職閣僚も出席して
>いるだけに波紋を広げそうです。

>ANN NEWS[14日23時37分更新]
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1200324155/l50

あーあ、戦犯たちが集まって、尻拭いで苦労している人の
悪口言ってるんだから、救いようがないな。

君達のその人間としての非常識さが参議院の大敗北を
招いたと言っても過言ではないと思うよ。

それにしても、揃いも揃って自分のことを棚に上げて
他人の粗をあげつらうゴミ政治家の代表みたいなのが
集結したものだ。

類は友を呼ぶ、とはよく言ったものだ。

「居抜き内閣」で一応、残ってるのもいるけど、
こいつらまとめて干し上げないと、
自民党に未来はないと思うぞ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ