民主党にはうんざり

>民主・岡田代表「年金法案強行なら、有事法案廃案も」

>同党の今泉昭・参院国会対策委員長は同日の記者会見で、
>小泉首相の国民年金未加入問題などを追及するとともに、
>自民党国会議員の国民年金加入状況の公表を求める考えを表明。
>「十分な答えがなければ審議を止める」と語った。
http://www.asahi.com/money/pension/news/TKY200405250366.html

ほんと、民主党にはうんざり。

マスコミ的にはこういうのが「旬」のテーマなんだろうけど、
本当に国民はそんなこと求めてるのかね。

まあ、残念ながら現在の小生が全面的には
国民の中の多数派に属していないことは認めるよ。
でも、こうやってマスコミの後追いばっかりやってる民主党が
全然国民の支持を集められてなくて、行き場の無い国民が棄権するから、
選挙の投票率が下がる一方だというのもまた事実だろう。

はっきり言って、小泉内閣のデタラメを止めてくれることが
期待できる野党があるなら喜んで票を投ずるし
HPでもエールを送るよ。
だけど、民主党なんて自民党の悪い部分を助長してるだけじゃん。

さらに言えば、「年金」をネタに大騒ぎしようって
ウラで自民党と民主党で握ってんじゃないの?
「年金」で騒いどけば「郵政民営化」みたいな本当の既得権に
切り込むような「改革」から国民の目を反らすことができるからね。

もう、ほんとうにうんざりだ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

売国奴の日本投げ売り

UFJ大幅赤字に、寺西頭取ら辞任へ
http://www.yomiuri.co.jp/business/news/20040517i102.htm

まさに昨日とりあげた
「アメリカの日本改造が進んでいる」の世界だな。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4166603760/ref=sr_aps_b_/249-8822205-7314758
これでダイエーも米国の手に落ちるだろう。

UFJの頭取は、
売国奴に乗っ取られた金融庁の再三の妨害にもかかわらず、
ダイエーや双日などの企業を再生させようと頑張ってきた
まさに「国士」と呼ぶに相応しい人物だ。

それをたかがクダらない不良債権の引当が云々で
売国奴竹中の息のかかったバカにすげかえようなど、
正気の沙汰ではない。

そもそも民間企業の経営者の人事にまで介入して
なにが「官から民へ」なのかさっぱりわからん。

こんな売国奴が片っ端から国益をアメリカに投売りしてる横で、
マスコミも政治家も「年金未払い」がさも大変な問題かのように
大騒ぎしてるんだから、もう日本も救いようがないよ。
民度の低さここに極まれりだな。

これじゃ、アメリカに勝てるわけないよな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

授業の復権/森口 朗

授業の復権/森口 朗

>不毛な教育改革議論はもうたくさん。
>学校再生のカギは「授業力」にある。
>子供たちの学力向上に命をかけた、
>戦後教育史に輝く「授業の達人」たちに学べ。

という、宣伝チラシに惹かれて購入。

特に「序章」がいいね。

>私が90年代を「失われた十年」と位置付けるのは、
>89年の改定では、単なる「量的削減」にとどまらず、
>「新学力観」なるものが提唱され、
>「授業」という学校の根本部分が破壊されたからである。

そう、本当にその通り。
量ももちろんそうだが、質の低下こそが
今の公立学校の危機的状況の本質なのだと思う。
ぜひ、序章だけでも読んで欲しい。

その後各論としていろいろな先生を紹介するのだが、
こちらはちょっと玉石混交。

特に「よのなか科」とかいってマスコミに受けてる藤原なんちゃらなんて、
文部科学省的な「新学力観」の権化じゃないか。
まあ、読んでいくと「よのなか科」に対する批判も書いてあって、
好意的に読めばそれが書きたくて取り上げたようにも見えるけど。

今や、さすがに「ゆとりの教育」信者は減って来たけど、
いまだに制度いじりが「教育改革」だと思ってるバカは少なくない。
知識を増やし、徹底的に反復練習するような本当の知育の復権こそが
公立学校の復活のカギを握っているということを改めて確信した。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

火ダルマの放火魔

これまで、マスコミが煽る下らない「魔女狩り」で
有為の人物が抹殺される所を何度も見せつけられ、
その度にやりきれない思いをしてきた。

しかしついに、これまで「魔女狩り」の度に
その先頭に立つことで売ってきた「魔女狩りの帝王」自身が
「魔女狩り」の渦中に放りこまれ政治生命の危機に瀕している。

多数の犠牲者を生んできた常習の放火魔が、
自分の点けた火事で火ダルマになっているともいえる。

まさに「自業自得」という他ない。

「魔女狩り」仲間のみのもんたに

>「民主党の政策がどうのこうのという話は聞きたくない」
>「あなたが年金問題を議論する資格があるのかということだ」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20040508it04.htm

とまで言われ、少しは「魔女狩り」に明け暮れた、
自分の罪深い半生を振り返ってみるといいだろう。

彼の年金の未納自体はうっかりミスかもしれない。
しかし、数多くの人を結果論だけで一方的に断罪してきた彼が
いまさらそんな言い訳をしても聞く耳を持つつもりは全くない。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

美濃部に匹敵する暴挙

最近、小5の息子に中学を受けさせることを決めて以来、
中学受験情報を結構興味を持って見て回っている。

その中ですごく違和感があるのが、
やたら公立中高一貫校に「期待」を表明する記事が多いことだ。

日本人はなにかと新しい物好きな所があるが、
前にも書いたが小生から見るとこんなものが機能するとは思えない。

たまたま2ちゃんねるでこんな書き込みを見つけた。

>142 :実名攻撃大好きKITTY :03/01/22 22:21 ID:p7UMNgxY
>奈良女子大付属で6年過ごすと、6年間のゆとり教育なので、
>とんでもない勉強しない子になるよ。
>ちょうど、高校受験のない公立中学みたいですよ。
http://school2.2ch.net/test/read.cgi/ojyuken/1040484644/

これは奈良女の附属についての投稿だが、
「公立中高一貫」校の全てに当てはまると思う。

それでも最初の入試がしっかりあれば優秀な仲間が集まるから、
授業の効率も高いし、回りからいい影響も受けるだろうから、
それはそれで学校として十分に機能するだろうが、
その入試についても「学力検査は行わない」としているのが
今回の「公立中高一貫」なのだからもうどうしようもない。
(ちなみに前述の奈良女附属も「適性検査」のみらしい)

東京では両国、小石川、大泉、武蔵など、
せっかくそれなりに機能していた高校が
この「公立中高一貫」に再編され潰されてしまうらしい。
まさに学校群制度で日比谷を潰した美濃部に匹敵する暴挙だと思う。
なぜ、都民から怒りの声が沸きあがってこないのだろうか?

ホント公立はダメだね。
いじればいじるほどダメになる。
本当は、税金払った上に私立にやるなんて
無茶苦茶癪に障るんだけど、この際仕方ないよなあ。

とはいえ、できれば息子には、国立なのにエセ改革から背を向けて
孤高を貫く筑駒か筑附あたりに入ってくれれは
言うことないんだけど、道は遠いなあ...
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )