としちゃんの暇な一日

何でもない一日を綴っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

劇団ひとりの『陰日向に咲く』

2008年12月14日 | 
読み終わりました、劇団ひとりの『陰日向に咲く』。

ホームレスに憧れて、ホームレスに扮装して真似るエリートサラリーマンの話からスタート。そのサラリーマンがホームレス生活から脱出するきっかけをつくった青年がいた。
その青年は、学生時代から好きだった女の子が売れないアイドルになっても、その追っかけを続け生活が苦しくなっていた。そして、ある日、コンビニ弁当のゴミを取り合いになったホームレスがいて、それがじつは先のエリートサラリーマンだった。そのゴミの取り合いがきっかけでサラリーマンはホームレス生活から脱出したのだった。
ってな具合に、次の話にだれかがつながっていくって手法で話は進みます。

解説では、人が愛しくなるような話ってあるけど、う~ん・・・・
たいがいの話には涙を流しながら読んでる私ですが、久しぶりに涙無く読めました(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月は『師走』ではなく『と... | トップ | 私も! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kiichi)
2008-12-14 12:11:43
なるほど
納得のひとことでした。(笑)
う~ん (としちゃん)
2008-12-14 13:51:35
kiichiさん、
評判程おもしろくなかったような・・・気がします。
私の好みに合わんかったみたいやな(笑)

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

劇団ひとりとあかねさん 結婚秒読み!! (ニュースなブログ)
なかなかのナイスカップルですよね~~。お幸せに♪ ミリオンセラー小説「陰日向に咲く」の作家で、お笑いタレントの劇団ひとり(31)と、元日本ハム監督の大沢啓二氏(76)の孫で人気タレントの大沢あかね(23)が今春に結婚することが31日、分かった。スポニチ...