fuyoyoのつかまえ庵から気まぐれに

飛ぶように過ぎゆく日々。記憶力がめっきり弱くなったのは歳のせい?ってな言い訳は横に置き、元気に楽しくまいりましょう。

定年退職でやっぱり戴いた花・花・花

2014-03-28 | 雑感いろいろ

パートの教授研究室秘書として働いていた大学を去る日が来た。

いわゆる「定年退職」。

昨日が最後の勤務日となり、夜、関係部門の方たちが送別会を開いてくださった。

 

2002年4月からなので12年間勤めた計算になるのだけれど、それにしてはあっという間の感じがするのは、勤務日数が少なかったからかな

 

最初の9年間は週3日、2011年に60で一旦定年退職し、「事務員」から変わって「用務員」(実際の仕事内容は全く変わらず)として再び雇ってもらってからは週2日だけ。

1日休んだら1週間空いてしまうという状況だったので、長く務めたという気が全くしない。

長期に休んでドイツへ行ったりもしたし。

実際お役に立ったのかどうか?

 

           

そんなfuyoyoでも、周りの方々から「これからは寂しくなります…」など言って戴いて花束を三つも戴いたら、やっぱり心がしんみりしてきた。

                

今お花屋さんのようなになった我家の玄関を見ながら、明るい気持ちを取り戻している。

           

しばらくは専業主婦状態(今までとあまり変わらないか?)を満喫しながら、出来る仕事が何か無いか探そうと考えている。

この歳でそうそう都合のいい仕事など無いと思うけれど、ハーモニカに費やす分ぐらいは稼ぎたいなあ。

 

 

コメント (4)

またフラれた!

2014-03-23 | 音楽とかハーモニカとか

草加サークルの仲間に二重奏の誘いをかけてはノッてもらえず、凹んでいる。

ホルンハーモニカも出来るKさん、年賀状に一緒にやりたいと書いたら、やりましょうと快い返事。

早速何曲か楽譜を見つくろって渡した。

ホルンとクロマチックに丁度よいかと、易しいリコーダーのアンサンブルの本も新しく買ったりして、かなり楽しみにしていたのだけれど・・・

先週、やっぱり出来ません と楽譜を返してくれた。

 

同性のほうが練習し易いので女性に声をかけているのだけれど、これで3人断られた。

 

二重奏、別に人前で演奏する為とかではなくて、練習自体を、試行錯誤で作り上げていくのを楽しんでやりたいと思うのだけれど、

どうもfuyoyo人気なし。

ほんと凹むわ。

 

コメント (4)

墓参りびより?

2014-03-22 | 雑感いろいろ

というのもおかしいけど、昨日春分の日はお墓参りにもってこいの天気。

我家の墓は八柱霊園(東京都の霊園なのになぜか千葉県にある)にあり、一緒にお参りする習わしになっている義母の実家のお墓と二つ、すご~く広い霊園の端と端に位置するので車でないと大変。

いつもは一番混むであろう『お中日』は避けて行くのだけれど、今回はもうこの日しか無いということで、渋滞覚悟で出かけた。

幸い道中は思ったほどの渋滞は無かったけれど、霊園の入口と出口が大渋滞。

まあ、せっかくお墓を綺麗にして花と水と線香と果物・牡丹餅・お酒を供えてお参りしてさっぱりしたのだもの、イライラせずにのんびりのんびり、と言いながら帰路に着く。

 

途中、和食のレストランでお花見御膳なるランチをいただいて、桜色の気分で帰宅。

 

霊園の桜はまだだったけれど、つかまえ庵のご近所W邸の安行桜が開花しているのが見えた。

蜜蔵院の桜も満開に違いない。

 

 

コメント

初めての女子会

2014-03-20 | 雑感いろいろ

勤務先でいつも(といってもfuyoyoは週2だけだけれど)昼食を会議室で一緒している女性たち

気が付いたらまだ一回も飲み会したこと無かった。

ということで、即話をまとめてくれる人がいて、やりました、湯島天神向かいのワインバー『ビストロ コーゾー』にて

30(もしかしたら20)代~60代女子6人の飲み会。

ここ、ウィークデーは5時の開店から7時まで、ハッピーアワーと銘打ってワイン1杯100円なり。

たっぷり飲んでカキやパスタ食べて ハッピーアワー満喫春の宵。

Fさんいろいろお世話さまでした。

 

コメント

勝負!

2014-03-17 | マイ ファミリー

先週末、息子と孫のシュウがつかまえ庵にやって来た。

            

ホワイトデーのクッキーの袋を携え、一泊お泊りの着替えをリュックに詰めて。

ここのところのシュウの楽しみは『大トランプ大会』。

少し前にじいじに教わったセブンブリッジがやりたくてやりたくて・・・

この日も、つかまえ庵の前の公園でひとしきりバドミントンをやった後、グランマが夕食の支度をしている時間に男三人で勝負!

夕食後はグランマも交えて勝負! 11時までやっちゃった。ママには内緒ね。

                 

翌朝の目覚めはほんのちょっとゆっくり。

で、朝食が終わると早速勝負! コツを掴んだか、この勝負でシュウは大勝利。

息子は仕事の資料を少し下見しなくてはいけないというし、シュウは宿題がまだ。

ということで、マックでランチをした後、後ろ髪引かれる様子で帰って行った。

賑やかで楽しく明るい春の日。

 

 

 

コメント

めぐる

2014-03-17 | 雑感いろいろ

毎年この時期になると、冬が徐々に春に代わってゆく、いや、冬の中にほんの少しずつ春の兆しが見え隠れ、というほうが近いか。

「ああ、春は必ずやってくるのね~!」と、妙にありがたく感じる。

 

日本の四季、4回移り変わるのだから年4回ありがたく思ってもよさそうなものなのにね。

 

もちろん、新緑の時期は眩しくすがすがしく、肺がはち切れるほど思いっきり深呼吸したくなるけど

「ああ、そのうち嫌な梅雨、そのあとはあつーーい夏が待っている」とか

秋は秋で「暑かった夏が終わってホッとしたけど、なんか急にもの淋しいね」

冬は寒くなってくるのと一緒にやってくるイベントであわただしく・・・

 

年が明けて1ヶ月ほど経つこの時期になると、庭の梅の木の開花が気になり玄関脇のラッパ水仙の伸びが楽しみになる。

先週あたりからだいぶ咲いてきたつかまえ庵の小さな梅の木に、昨日もメジロが来ていた。

ハーモニカのメンテナンスをしていた耳に「チッチッチチッ」とかわいい鳴き声。

毎年やってくる、同じメジロたちだろうか?

カメラを構えてそお~っとガラス戸を引いたら、飛んで行ってしまった。やっぱりね。

・・・・・

 

っと、ここまでは2月上旬のメモ。

アップしないうちに「春が来た」の完了形に移り変わってしまったという訳。

 

童謡唱歌で表せば 早春賦~春よ来い~どこかで春が~ひな祭り~春が来た~春の小川~

早春から完全な春まで、日本には「春の歌」がたくさん。

春の訪れを、それだけみんなが待ちに待っているということでしょう。

             

今、つかまえ庵の梅も散って、玄関脇のラッパ水仙の黄色が眩しい。

 

そしてもうすぐさくらさくら・・・

明日は春一番が吹くそうだ。

 

コメント