光と自然のフォトファンタジー

心を癒す写真であなたを癒します。

           冬の大三角*オリオン座

2018-01-15 00:55:00 | 星空
いつも応援ありがとうございます


Obrigado pelo seu apoio contínuo.



<昨夜9時30分頃の撮影、ノイズが拡大すると気になる。>

良い画像があればまた載せたいと思います(星の写真は難しいですね、頑張ります)


    16日から3日間留守にします皆さんの戸頃にお邪魔できませんよろしく


金井 宣茂さんがツイート
(2018年1月10日)ライトアップされた、美しい「きぼう」のロボットアームをごらんください。 エアロックから搬出された船外実験装置を掴もうとしています。
スペースシャトルの時代から、宇宙用ロボットアームといったらカナダの独壇場でしたが、今や、日本も多くの運用経験を重ね、最先端の宇宙技術を確立しました。





<jaxa>

11月12日に予定していた打ち上げは延期、新たな打ち上げを応援しています頑張ってください








                金井宇宙飛行士応援      

        人は忘れることで再び過ちを犯す





 1986年4月26日未明、ウクライナ共和国にあるチェルノブイリ原子力発電所(原発)の4号炉で、大きな爆発事故が起こりました。
    
 この爆発により一瞬のうちに原子炉が破壊され、火災が発生しました。火災を消火するために、ヘリコプターから原子炉の炉心めがけて総計5,000トンにおよぶ砂や鉛などが投下されました。火災は爆発から14日後の5月10日にようやく収まりました。

(チェルノブイリから約8,000キロ離れた ここ日本でも、野菜・水・母乳などから放射能が検出)


昨年、チェルノブイリ原子力発電所の事故が起きてから30年が過ぎた。アメリカの経済誌「フォーブス」が世界で最もユニークな観光地のひとつに選んだ、今、この地は人気の観光スポットとなっているという。ガイガーカウンター(放射線量計測器)を片手に多くの人が訪れる。そんなツアーがあるそうです。(時が止ったままのチェルノブイリ原子力発電所跡地?)

ツアーの注意書きには放射線による影響等をご考慮、ご理解のうえ、自己責任にて参加を判断くださいますようお願い申し上げます。このツアーに参加中、参加後の体調不良は、現地ツアー専門予約サイトVELTRA(ベルトラ)および催行会社では責任を負いません。(但し、お客様が緊急の病の場合には病院等に早急に搬送、もしくは手当ての準備をお手伝いさせていただきます。)
個人使用のガイガーカウンター(放射線測定器)もご持参可能です・


   「提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA)」   



詳しくはこちらを    ヘール・ボップ彗星を追う野辺山45メートル電波望遠鏡      




                      
                  

    facebook 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン よろしかったら
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
«              ... | トップ |        1日延期18日朝... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

星空」カテゴリの最新記事