ふうてんの猫の猫耳東風的フリチベ生活

働きながら和製MBAと工学博士取得をしていた自称苦学生バックパッカーの日記。
今は学位もとって大阪で技術戦略考えてます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

蟹工船と日本共産党の大躍進!!  反日共のニヒリズムの書評

2008年07月18日 | 格差社会を考える
最近、世間では、蟹工船が読まれているようです

小生も、手にとって見ました。
この蟹工船、中学生の頃に思いで深い話があるので、これは最後に別記とします

で、マスメディアのみんなが、右にならえで、格差社会がほにゃららとか言っていて、日本共産党なんて、大喜び状態

あんまり無様なので、皮肉な書評をすることにした。


この蟹工船は現代における反共産主義の書である。
蟹工船の序章では、蟹工船に乗り込む男達の説明として、次のように述べている
『彼らはみんあ「金を残して」内地に買えることを考えている。然し働いてきて、一度陸を踏む、するとモチを踏みつけた小鳥のように、函館や小樽でバタバタやる。そうすれば、まるっきり簡単に、「生まれた時」とちっとも変わらない赤裸になって、おっぽり出された。内地へ帰れなくなる。彼らは身寄りのない雪の北海道で「越年」するために、自分の身体を手鼻位の値で「売らなければならない。」  彼等はそれを何度繰り返しても、出来の悪い子どものように、次の年にはまた平気で(?)同じことをやってのけた。』

というように、蟹工船とはどのようなものかを知っている男達が、まさに、快楽を楽しんだあとの「自己責任」として、蟹工船に毎年乗り込んでいくのである。
これは労働者の自己責任を鋭く描き出したプロレタリア小説である。

さらに、これを執筆した当時では、共産主義は輝いていたのかもしれないが、いまや、「蟹工船」に描かれているような社会は「共産主義社会」にのみ、存在するのである。
もはや自由民主主義の国には、蟹工船はなく、マルクス主義の国に存在するのである。

いくつか例をしめそう。

たとえば、
『稀に餓死から逃れえても、その荒ブ地を十年もかかって耕し、ようやくこれで普通の畑になったと思える頃、それは実にちゃあんと、「外の人」のものになるようになっていた。資本家は  高利貸、銀行、華族、大金持は、嘘のような金を貸して置けば、(投げ捨てて置けば)荒地は肥えた黒猫の毛並みのような豊穣な土地になって、間違いなく、自分のものになってきた。』
とある。こななぞ、まさに、日本共産党の友党である中国共産党によって資本家を共産主義者におきかえて実行されている所作である。

図らずも先日のNHKスペシャルの「激流中国」で環境保護の一貫として、
http://www.nhk.or.jp/special/onair/080713.html
共産中国によるダム建設がとりあげられていた。

ここでは、日本共産党の友党の連中に騙された農民たとが、ダムのために土地を明け渡したあと、ゴミを拾って生活を成り立たている様子が映し出されている。
NHKスタッフが紙を拾っている老齢の女性に「それは売れるのですか?」と聞くと、老女は
「あぁ、一キロで5円になる」 と答えるわけです。

まさに、蟹工船で描かれている資本家に土地を奪われ、小作になる農民というのは、日本にはいないが、日本共産党の友党の統治する共産主義国では現在進行形で行われているわけです。
そうしたダム建設に反対するジャーナリストで作るNPOの人たちは、取材に行こうとするとマルキスト(公安)に行く手を阻まれます。上の命令ということで、現地にはいけずに引き返させられます

蟹工船ではウインチなどで死ぬ人々が描かれていますが、まさにいま、北京オリンピックに向けて、競技会場を作っている、出稼ぎ人民たちは、命綱もなしで高所の作業を行い、死んでいます。これも蟹工船で描かれた社会はいまの日本からは消えて、日本共産党の友党の国で健在に生き残っています

そして、蟹工船の最後では、ストライキを帝国海軍が弾圧しにきます。
これも、日本共産党の友党の国では、労働組合が非合法化され、ストなどを共産軍が弾圧していた事実を予言しているようです。


ということで、蟹工船というのは、反共産主義の書であります。

こうした本を読んで、日本共産党の「党員」になっている若者が増えているそうです。
そうした人々の多くはワーキングプアーと呼ばれる人たちなのでしょう。

蟹工船では、資本家や軍人を描くときに贅沢な宴会を表現手段として用いています
これなどは、日本共産党の幹部には、専用の別荘が静岡県にあり、また、党首のために、専属の料理人が三人いるという日本共産党の資本家ぶりを象徴している記載であるといえましょう。

でね、ワーキングプアーで日本共産党の党員になるって人は、ワーキングプアーとして、薄給で便利に使われたあげくに、共産主義者に搾取されるわけで、なんか、まったく学習能力がないように思います。
あえていえば、いまさら日本共産党の党員になるほど頭が悪いからワーキングプアーなんだよ と思います。
世界史上、労働者独裁政党に統治をさせて国民が幸せになった国などないという世界史的事実すら理解できないし、すごく、短絡的な行動をとる人たちなのだと思います。

イメージでは、社畜がいやだから、フリーター
フリーターになったわワーキングプアーになっちゃったから、日本共産党員 って感じなのかと。

別に、個人の好きにすればいいのですが、「雰囲気」に流されやすい生き方を、低所得者がしているのは、あまり得策ではないように思います

蟹工船の教訓は、
労働者は団結し、英知を絞れば、自らの権利を守りうる
という労働組合の理念であって、共産主義が素晴らしい!! ではないということがなぜ理解できないのだろう。
そもそも、アメリカやEUや日本では労働組合という権利は明文化され、相応の力を持っていますし、アメリカの労組は強い。
しかし、共産主義国では、労働組合は非合法とされてきました。

そういう現実に気がつかない人たちが多々いるから、日本共産党はまだ生き長らえているのでしょう。

最後に、この書の中では何度も「赤化」という文章がでてきます
僕の中学校の担任は、夫婦揃って日本共産党員という人で、教え子が廊下で蹴られるようないじめを受けていても、気がつかないフリをして通りすぎる人でしたが、
赤化にはとても熱心で、中学三年生の受験生に「蟹工船」の映画を見せていました。
しかも二時間分の授業をつぶしてね。

そういう先生のおかげで、僕は22歳ぐらいまでは、北朝鮮や中国は素晴らしい!! と思う、赤い青年で、民青や革マルから熱烈勧誘を受けるような赤になりましたが、彼らの化けの皮がはがれてからは、熱心な反動主義者(ダライラマに向けて共産主義者がいう言葉)になってしまいました。


最後に蟹工船に関して一言

最近のブームのおかげで、
「大学生のための、漫画で読む蟹工船」
なんていう本があるらしいが、、、、

こんな簡単な小説を漫画でないと読めないような奴は、ワーキングプアーになっていても、何ら不思議はないぞ。
なぜ、左翼は、蟹工船をマンガでしか読めない大学生の学力低下を嘆かないのかなぁ。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« チベットサポートと右翼と左翼 | トップ | 「世界を救う社会起業家たち... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
慧眼です (tora)
2008-07-18 21:50:19
素晴らしい慧眼のコメント、ありがとうございました。
あまり素晴らしいので、私のblogで推薦させていただきます。
いよっしゃーーー!!!! (祖千ン)
2008-07-19 00:41:42
これ始めたら女釣れすぎwww
いつもテ〃リ嬢に金払ってたのがバカみてぇ。。
だってヤる度に金くれんだもんヽ(´ー`)ノ
ぶっちゃけ風俗は卒業ッス(´ー`)y─┛~~

コメントを投稿

格差社会を考える」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事