おしゃべり日記俳句

折に触れ、思いつくまま、
傘寿を過ぎ一日一日を大切に・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

残雪

2011年02月10日 16時24分39秒 | Weblog

今夕から天気が崩れる

「残雪」(ざんせつ)

残雪をあちこち置いて猫の寺

(ざんせつを あちこちおいて ねこのてら)

積雪もたいしたことがなく、殆ど溶けさった道路である。寺のあちこちの陰には

ところどころ残雪が跡を留める。

木々の芽は陽を浴びて芽を吹き始めている。冬・春のはっきりとした変わり目

である。早咲きの『河津さくら』の蕾は膨らみを増し今一で開花寸前である。

境内を歩けば、残雪の淡い光が眼を奪う。

 

天気予報では今夕から2,3日雨から雪に変ずるとか、交通事情に混乱を生じる

かもしれない。幾日かは、家の中でじっとする日が続くこととなりそうだ。

為す事もなく余寒から抜けて春先の暖かさが望ましい。

寺の猫はそう囁きあっているようである。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 春の雪 | トップ | 春吹雪 »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見えるようです(*^^*) (てるてる坊主)
2011-02-10 19:22:13
残雪が 猫のほわほわっと丸まってる姿に見えてくるようです。

静かなのんびりとしたお寺なのでしょうか。

癒しを感じました。


詠みが浅くて失礼しましたm(__*)m


コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事