おしゃべり日記俳句

折に触れ、思いつくまま、
傘寿を過ぎ一日一日を大切に・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

初薬師

2008年01月08日 15時18分30秒 | Weblog

 

弱い冬型の気圧配置で、沖縄から関東にかけて

 

 

 

 

」(はつやくし

 

日溜りに猫のゐ眠る初薬師

(ひだまりに ねこのゐねむる はつやくし)

 

( 薬 師 堂 )

 

 一月八日の新年初の薬師さまの縁日を「初薬師」といいます。

通称「薬師寺」へ参詣しました。

今日は三月下旬の暖かさで、歩くと汗ばむ程でした。猫が居眠りをしていました。

 

 

 

 

この古刹は市内では一番古い寺と言われており、境内にあるこの薬師堂が

通称になっています。寺の仁王門は文化財に指定されています。

左右の「仁王尊」昔からこの股をくぐると麻疹が軽減されるいわれ

信仰が深かったようです。

 

 

                                                          (幸子さんの句碑)

 

この薬師堂はかつて在った「城」の鬼門除けとして崇拝されたもので、

「寅薬師」の異名があり、堂内には日光月光菩薩も奉安されています。

 

 

 

「寅薬師」は12年に一度の寅の干支の年にお開帳されます

また、寺は市内の七草寺(秋の萩の寺)と、七福神(大黒天)となっています。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 七草 | トップ | 水仙 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事