介護のあれやこれや

平成12年度に主人が脳卒中で倒れてからの介護

主人退院です・・・

2018-12-21 18:17:58 | 日記
札幌の天気晴れでしたが道路はツルツル。
先週の木曜日の夜に高熱を出しましたが何とか座薬で熱は下がったけれど、
内科の主治医の先生は熱が下がっても前の手術した大きな病院に、
行くように勧められた、熱は下がったけれど体が全く言う事が利かないので、
救急車のお世話になりました。
熱の元は尿路感染ですぐに入院。

病院嫌いな主人は帰ると鬼 のように怒っていましたが、
怒って居るのをなだめて私は帰りました。
次の日から主人は機嫌がよく助かりました。
私は疲れすぎて夜は眠れなくて困りました。
からのベットを見て不思議な事ですが?
1晩居ないだけで寂しくなった気持ち自分ながら笑ってしまいたくなりました。
次の日病院に言って主人に言いました・・・
昨夜寂しくて良く寝れなかったよといいますと、
大きな口を開けて嬉しそうに笑いました。

感染症の方は薬が良く効くいたせいかとても良くなったと言う事で、
退院の許可が出たので何時にしますか?と今日電話が入りました。
退院はまだ先と思って居ましたが、
今日は病院には行かず家の中の大掃除をしていました。
ベットを動かしたりエアコンの上を掃除したり。
朝から休み休みやって今大体かたずけが終わりました。
ベットの後ろも掃除が出来て良かったです。

病院に通うだけでももう限界だと思って居ました。
居れば居るで、ショートに2・3日行ってくれたらな~~と、
どんなにのんびりできるかと想像していましたが、
思いがけない私の心の中が見えた様な気がしました。
いかに毎日主人の為だけに私は動いて居た事にきずきました。
主人が入院した日に炊いたご飯が黄色に変色して居たり。
冷凍食品とか野菜は手つかずそのまま。
私が食べるものと言えばカップヌードル・・・

牛乳は4本も手付かず、手作りのヨーグルトは駄目になりました。
主人が入院している間にいいことが1つ・美容院に行けた事位です。
8日間の入院、主人の体力は相当減退したようですが、
リハビリも確り入れてくれていたので、
手すりにつかまり立ち上がる事が出来るようになりました。
でも夜中は隔離されていました相当叫んでいたのでしょう。
火曜日からまた主人との戦争がはじまります。
こんな事を言ったら罰が当たりますが、入れば居るで鬱陶しかったり,
居なければ寂しく思ったり此れが夫婦と言うものなのかなと考えさせられました。
『介護』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 主人の熱・・・ | トップ | 明日の主人の退院に向けて・・・ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おめでとうございます。 (あけ)
2018-12-21 20:48:35
早めに、退院できて良かったですね、また奥様は、忙しくなりますが…いたらいたで、鬱陶しい気持ちわかります。私も、母が入院した時は、のんびりできると思ってましたけど、母のいない部屋を見たら、寂しくて、毎日、病院行ってました、なんだかんだ言っても、母が大好きです。ゆっくりと、無理なく、リハビリ頑張ってくださいね、奥様も、横になれる時は、休み休みなさってくださいね、おうちの、お掃除お疲れ様でした。お風邪ひかないでくださいね。
あけ様 (mitu )
2018-12-22 08:45:25
お早うございます。
思っていたより早い退院でしたが、
まあ良かったと安心しています(笑い)
自分が偉そうに強がり言ってた言葉が、いかにうわ壁だけの気持ちだった事に苦笑いが出てきます。
そう…母の時も毎日徘徊の後を追いかけて大変だったのに、いざショートに入れたのに毎日行ってました。
帰る時には寂しそうにするので、買い物に行ってくるねと言うと【ゆっくり行っておいで】と言うので何時も逃げるように帰ってました。
後は私が来ていた事も忘れるので楽勝でした。
主人の病院は遠いので交通機関は足が痛く無理なのでタクシーを利用していましたが馬鹿になりません往復8千円弱、孫はアルバイト、嫁は働いて居ているし頼めません、今日は午後から孫が車出してくれると言うので助かりました退院の時に空手で帰りたいので荷物をできるだけ持って帰ります。
自分が車運転している時はあまり感じなかったけれど,孫には冬道は危険なのであまり頼みたくないのです。やっぱり孫にも気兼ねします。
孫は時間を気にしている様なので私が行って居るホームの昼食の支度に行かなければ良いのですが、
手が足りなくて大変なので行こうと思って居るのです先週も1度休んでいるんです、たっつたⅠ週間に1度の手伝いなので休みたくない気持ちもあります、まあ今日は退院の日ではないので孫に少し我慢をしてもらいます,
25日の退院の日は介護タクシーにお願いしました。贅沢は言えないけれど、孫に行ってもらうと時間に追われる?ので遠慮しながら何もできずに帰らなければならないので、本当は介護タクシーの方が金銭以外はすごく楽なの。
おかしなもので何も二階の家族に頼まないのも考えもの…変な所で気を使ってしまいます。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事